海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > トゥルン・ウント・タクシス城

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 7日

トゥルン・ウント・タクシス城


トゥルン・ウント・タクシス城

レーゲンスブルクは、まだまだ観光地としては日本人に知られていませんが、たくさん見所があります。
その中の一つがトゥルン・ウント・タクシス城。
パッケージツアーではまず行くことがないお城です。

IMG_1195.JPG

もし、あなたが、個人旅行でレーゲンスブルクに行かれるのであれば、要チェックです。


まず、このお城を所有する、トゥルン・ウント・タクシス家が、一体誰であるかのお話から始めましょう。


昔、手紙を運んだのは、郵便屋さんではありませんでした。肉屋や薬屋が、商品を運ぶついでに運んでいたのです。そうすると、当然、郵便物が届くのには時間がかかります。
現在、世界中で使われている郵便制度の元を作り上げたのが、この一家なのです。


馬車の替え馬を用意し、40kmごとに駅を設けては、疲れた馬と元気な馬を交換して行く、というのがそれです。
それにより、郵便配達に要する時間は、今までの5分の1くらいになったようです。
これを独占事業としたので、この一家はどんどんお金を蓄えていき、神聖ローマ帝国の皇帝代理を務めるまでに経済力をつけてきたのです。
そのうち、儲かる郵便事業を国が買い取ることになり、その代償として、現在のお城の建物をもらったのだそうです。


さて、このお城ですが、部屋数は、一般に500以上と言われています。正確には、事務的な部屋を含めると、609部屋だとか。ちなみに、ロンドンのバッキンガム宮殿は、部屋数数775だそうです。(私は、ガイドになるための講義の中で、バッキンガム宮殿より部屋数が多いと教わって、鵜呑みにしていたのですが、間違いでした。)


お城の内部の撮影は不可です。なぜなら、ここは、現在でも第12代公爵一家が住んでいるためだとか。人の家の内部を勝手に撮影するな、というところでしょうか。


このお城の中庭は、夏にはコンサートが、冬にはクリスマス・マーケットが開かれます。ヨーロッパでも10本の指に入ると言われるくらい素敵なクリスマス・マーケットです。


IMG_3206.jpg
(写真は、昨年の11月末撮影)


この写真は、これから暗くなっていく時間帯に撮影したもの。この後もっと暗くなってくると、人出も増えて雰囲気もよく、所々に暖をとるための場所もあり、温かみが増してきます。そのタイミングが出かけるタイミングです。写真では、それは伝わりませんが、皆さん、ご自分の目でご覧になってください。


IMG_3209.jpg
(こちらも昨年11月末のもの)


クリスマス・マーケットについては、また改めてご紹介するつもりです。


話は代わって、池田理代子さんの漫画で、オルフェウスの窓、というのがあります。そのファンの方には、知られているかと思いますが、このレーゲンスブルクが第一場面の舞台となっており、その中心が、このお城なのです。設定は、音楽学校としてですが、。


IMG_3042.jpg


このお城は、旧市街の南西の端にあります。通常、90分と60分のガイドツアーがあり、前者は、毎日10:30, 12:30, 14:30, 16:30、後者は、11:30, 13:30, 15:30とあります。90分のものは、13,50ユーロ、60分のものは10ユーロです。但し、11月16日からは、土日祝日のみ、しかも90分のものが、10:30, 13:30, 15:30、60分のものが、11:30, 14:30です。そして、11月29日からは毎日あるものの、60分のツアーのみ。時間帯は、13時から19時まで。


宝物展や馬車博物館も素晴らしい。こちらは、個人のペースで見ることができます。お城見学の家族チケットを購入すれば、こちらの入場も可能となります。(但し、11月4日以降は、土日祝日のみ、10時から17時まで。)


https://tokuhain-admin.arukikata.co.jp/mt/ynn4tekthspigiuefiw9mxcc5ep8z3k7?__mode=view&id=186660&_type=entry&blog_id=557&saved_changes=1


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年11月 7日
« 前の記事「レーゲンスブルクでバスに乗ろう!」へ
»次の記事「レーゲンスブルク大学」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    歴史博物館での特別展示
    スポーツの秋、サイクリングにもロッククライミングにもオススメ
    秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!
    レーゲンスブルク、フラフラ散歩(中央東) 〜秋〜
    秋晴れの10月、オススメは、やっぱりビール
    ヒストリッシェ・アルメン・シュピタール(レストラン)
    クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進
    ドナウ川にかかる石橋、その仮設の橋が外されます

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集