海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ヴァルハラ神殿へ行こう!

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月10日

ヴァルハラ神殿へ行こう!


メール プリント もっと見る

ヴァルハラ神殿へ行こう!

ルートヴィッヒ1世が造らせた建物の中でも一番高価なものと言われるのが、ドナウシュタウフという街にあるヴァルハラ神殿です。建てられたのは19世紀前半(1830-1847年)で、アテネにあるパルテノン神殿を模倣した(8%小さい)ものだとされています。

ドナウ川を見下ろす高台にあります。

IMG_3217.JPG

真冬を除いて、船がヴァルハラまで出ていますが、趣がある一方で、船着き場からはたくさんの階段があります。大雑把にいうと、500段弱を登らないといけないという感じです。


船から見ると、遠くにある神殿が少しずつ近づいてくる。

IMG_3485.JPG

そして、船着き場に到着する頃には、こんな感じで、堂々と丘の上に建つヴァルハラ神殿が見られるのです。

IMG_3483.jpg

レンタカーおよぼタクシーで行くと、ドナウと反対側にある林の方から回って駐車場に行く形になります。
(バイエルン州のお城や庭、湖などを管理する州の機関の管轄となってからなのか、駐車料金がかかるようになりました。)


船で行くのと比較すると風情に欠ける、という気もしなくもないですが、階段が不安な方には絶対おすすめ。
駐車場からの道はこんな感じです。(ヴァルハラ神殿側を背にして写したものです)

IMG_3220.JPG


無料の公衆トイレもあります。ドナウと反対側にあります。(駐車場から歩いて来たら目に留まります。)

IMG_3219.JPG

肝心のヴァルハラ神殿の内部はというと、こんな感じです。内部に入るためには、4ユーロかかりますが、外観だけなら無料です。でも、せっかくここまで来たら、中にも入りたいですね。

IMG_3484.JPG

ドイツ語を母国語とする人たちの中で、賞賛に値する人たちを祭っています。哲学者、政治家、作曲家、作家など、色々な分野の人が並びますが、日本でも知られている人の名前もたくさん見受けられます。


年間13万人もの人が訪れると言われるヴァルハラ神殿は、先月末に175周年を祝う行事が行われました。
入場料を無料として開放し、夜は花火が30分に渡って打ち上げられたようです。


ちょっとゆったりした時間を過ごしたいなら、オススメのお出かけスポットです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年11月10日
« 前の記事「少し、ガソリン代が落ち着きました」へ
»次の記事「お安く泊まるには」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    中華料理はお昼のバイキングがオススメ
    初雪です
    サイクリング好きな人のために、自転車屋さん情報
    お安く泊まるには
    ヴァルハラ神殿へ行こう!
    少し、ガソリン代が落ち着きました
    クリスマス前にドイツに来たら、買うべきもの
    11月の気候と服装

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/24更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集