海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > バイエルンの森で1日を過ごしました

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月30日

バイエルンの森で1日を過ごしました


バイエルンの森で1日を過ごしました

バイエルンの森までは、レーゲンスブルクからは車で1時間ほど。
今日はお客さんがいたので、ちょっとした遠足を兼ねて、楽しんで参りました。
行き先はスキーリゾートとして有名なエンゲルマーの近く、ワールドキプフェルベーグ です。


IMG_3314.jpg


こちらが、入り口。野外にあるテーマパークのようなものを想像していましたが、ドイツ語で、色々なクイズが掲げられています。私は誰でしょう?形式で、いくつかヒントが掲げられており、どんな野生動物がそこに隠れているのか、または、一つの動物について、物知り博士となりそうな三択の問題があったり、野生動物や森に投げ捨てられるゴミが何年かかって自然に解け込むかなどのクイズ形式で色々学習できるような環境になっていて、家族でゆっくりと勉強するには最高の場所のようです。野鳥の鳴き声やどんな姿かを見ることもでき、または錯覚に関する色々な体験が出来る面白い場所でした。


ここは、車椅子でも訪れることのできる、バリアフリーの観光地。80代の義母も一緒に、ゆったりと楽しむことが出来ました。
自然に生える針葉樹を見たり、野鳥の声を聞いてみたりする、自然体験コース。地上30mまでの散策コースがあり、季節を問わず楽しめる場所のようです。出かけるまでは、正直あまり期待していませんでしたが、これがかなり面白い。

大人7.50ユーロ。家族だと20ユーロの料金を払って、テーマパークのような所に入ります。そこには、クリスマス前の時期にはクリスマスマーケットが、それが終わっても、12月30日までは、冬のマーケットがあり、クリスマス時期を逃した観光客でも、クリスマスマーケットの体験が出来る、ということなのです。


雰囲気は、地方のクリスマスマーケット。でも、十分楽しめる、または、それ以上に楽しめるお勧めスポット。

IMG_3363.jpg


ここは雪深いリゾート地。スキー場やそりすべりの場所がたくさんある中、
体験学習の場所として公開された場所。焼きソーセージを挟んだパンや、美味しいワッフルなどのデザート。フリューワインを始めとした温かい飲み物。それだけではなく、視覚的に面白い体験がたくさん出来るのです。


IMG_3342.jpg


あちこちに設けられたボードには、一つ一つじっくりみていくと実に面白い体験が隠されています。
例えば、こちらの写真の中央の絵では、頭蓋骨のように見えるものの、女性が鏡を覗いた図が隠されているのです。


右側の絵は、鹿が二匹隠れています。手前の小さな鹿と、奥の枝のように見えるながらも鹿のモチーフとなったもの。目をこらすと面白いものが現れてくるのです。


ドイツ語が出来ないと分からない内容が多いのですが、行く前にバカにしていた私は、すっかり虜になってしまいました。

IMG_3343.jpg

衝撃的なこの絵をご覧ください。約20年前にスイス人が描いたものだそうですが、これは、イルカの集団の絵なのです。よく見て見ると、本当にイルカだらけ。とっても良く出来ていますよね。とにかく、色々な目の錯覚を楽しむものがこうやってあちらこちらに掲示されているのです。

IMG_3349.jpg


締めくくり、一通り周った後のクライマックスは、逆立ちした家です。
これこそ、くだらないと、正直思っておりました。外から見るのはそのままでオッケーですが、内部を見学するには、2ユーロコインを投函して入るシステム。そこまですることもないな、と思いつつ、仕方なしに入って見ると、これが、最高の体験となりました。
床も水平ではなく、家の造りも、目の錯覚を楽しませる構造。


IMG_3372.jpg


この部屋は、床の模様がひし形で、歪んでおり、遠近法がさりげなく使われています。だから、部屋の右側に立つのと左側に立つのでは大違い。おもしろい写真が撮影できるのです。写真で見るだけでも面白いのですが、実際その部屋に足を踏み入れて見るだけでも面白い。床はもちろん水平ではないので、この家に入った瞬間に、四次元の世界に来たような面白い感覚に見舞われるのです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2017年12月30日
« 前の記事「私達は靴下です。」へ
»次の記事「ホフブロイハウス」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    歴史博物館での特別展示
    スポーツの秋、サイクリングにもロッククライミングにもオススメ
    秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!
    レーゲンスブルク、フラフラ散歩(中央東) 〜秋〜
    秋晴れの10月、オススメは、やっぱりビール
    ヒストリッシェ・アルメン・シュピタール(レストラン)
    クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進
    ドナウ川にかかる石橋、その仮設の橋が外されます

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集