海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ホフブロイハウス

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月30日

ホフブロイハウス


ホフブロイハウス

ドイツで最も有名なビアホール、ホフブロイハウス(本店はミュンヘン)の支店がレーゲンスブルクにもあります。

IMG_3232-thumb-730xauto-317122[1].jpg

レーゲンスブルクにも、3つの現存する醸造所があり、それぞれがビアホールを持っています。他にも、細々と醸造しているレストランもあり、何もミュンヘンのビアホールに、とも正直思いますが、気にしない、気にしない。


理由の第一は、立地条件。旧市庁舎という、レーゲンスブルク三大観光スポットの一つの目の前にある、ということ。
それだけではありません。レーゲンスブルクの一般庶民もここは大好き。美味しいものがあるところには、人が集まってきます。

IMG_3231.jpg


食べるものに迷ったら、これ!というくらい定番の、シュヴァイネブラーテンを今回も注文して見ました。
大食いの私ですが、あえて小盛りを頼んでみました。それで正解。美味しいサラダもついて、十分お腹いっぱいです。
ビール一杯と一緒に頼み、チップを込みで15ユーロ也。


お食事は一般的に少しお値段高めというのが正直なところです。レーゲンスブルクで言えば、大聖堂のすぐ北にあるビショフホーフのものと張り合う感じです。
ドイツ人は、夕食にはパンとチーズやサラミ、ハムなどで済ませる家庭が多いこともあり、一部の温かいメニューは16時までとなっているので、要注意です。


調べて見ると、ミュンヘンのホフブロイハウスでは、ビールはマスクルークと言われる1リットルのもので出されますが、ここレーゲンスブルクでは500ml。よっぽどのお酒好きならいいでしょうが、1リットルを飲み干すまでにビールはぬるくなってしまうので、個人的には欲張らず500mlを好みます。お料理もビールも同じメニューでもどうやらレーゲンスブルクの方が少しお手頃のようです。


ちなみに、このホフブロイハウスは、食事をしていると、オーナーさんがお客の一人一人に必ず挨拶をして回ります。そんなお店は、ここだけ。お客さん第一の印象が良いですね。そうすると、お客さんとの小さな会話も成り立ち、良いこと悪いことのフィードバックがなされていることだと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年12月30日
« 前の記事「バイエルンの森で1日を過ごしました」へ
»次の記事「大晦日の典型的な夕食」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    シュトラウビングの市民祭、ゴイボーデンフェスト
    レーゲンスブルクで泳ぐ
    ネパール・ヒマラヤ・パーク
    ドナウ川の水量が下がっています
    夜のレーゲンスブルク
    レーゲンスブルクに二件ある、カフェ・ショリー(Jolie)
    第37回 バイエルン・ジャズ・ウィークエンド
    レーゲンスブルクのカフェ、ゴールデネス・クロイツ

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集