海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 大晦日から年末年始へ

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月 1日

大晦日から年末年始へ


メール プリント もっと見る

大晦日から年末年始へ

ドイツの年越しは、花火。


IMG_3652.jpg


近所のスーパーなどで、大晦日前の数日は、打ち上げ花火などが売り出されます。
ドイツでは、大晦日だけが、個人で花火を楽しめる時期で、どんなに安く仕上げようとしても、簡単に、2000円から3000円くらいは花火の購入費に消えていきます。自分たちが打ち上げる花火も良いものですが、近所の人の打ち上げる花火も我が物のように美しい。あちらからもこちらからも、パンパンと打ち上げ花火で賑わうのです。

IMG_3644.jpg


普通は、0時丁度からあちこちで打ち上げ花火が始まるのですが、小さな子供がいる家庭などは、夕方暗くなれば、いつでもあり、という感じ。我が家の猫も、早くからそれを察知して、地下に潜り込んで避難していました。


0時になると、あちこちから、夜空が真っ白くなるくらいの打ち上げ花火。それは、うるさいと言えばうるさいのですが、すごく素敵な光景なのです。


一般家庭が購入して打ち上げる花火、というよりも、もっと豪華なイメージ。連発で打ち上げられるものなどは、本当に見事です。高く打ち上がるもの、派手に広がるものもあれば、遠慮がちに一瞬で散り落ちる儚い花火もあります。色も鮮やか、思わず、たまや〜っと叫んでしまいそう。
最初の30分くらいはひっきりなしにあちこちで打ち上がります。今回の年越しは、気温が9度近くあったので、いつもよりは気軽な感じもしましたが、近所の花火が落ち着いても、例えば三階の窓から外を見ると、遠くに上がる花火も楽しめます。赤ちゃんや小さい子供のいる家庭には、少し迷惑な話ではありますが、年に一度の大騒ぎ。おおらかな気持ちで皆さん受け入れていることと思います。


我が家は昨年までは、友達一家と一緒に持ち寄りで夕食を食べ、花火を楽しんでいましたが、今回は家族で楽しむことにしました。久しぶりにそれも悪くなく、当たり前な年末年始を満喫。花火の後は、シャンパンを飲みながら、自家製ポテトチップス。


IMG_3660.jpg


ポテトチップスは在庫が山ほど地下にあると思っていたらなかった、というのが、自家製チップスとなった理由ではあるのですが、それも良し。美味しくいただきました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2018年1月 1日
« 前の記事「大晦日の典型的な夕食」へ
»次の記事「オストドイチェ・ギャラリー(美術館)とその周辺」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    帝国議会博物館へ行ってみよう
    女性のための素敵なお店、台所関連 等
    ローマの壁に鳥の巣が
    ビールを飲みたい人のために
    レーゲンスブルクの小さなカフェ、カフェ・バー
    温暖な冬
    レーゲンスブルクの気になるカフェ・バルバロッサ
    アルトエグロフスハイム城

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集