海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ビールを飲みたい人のために

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月11日

ビールを飲みたい人のために


メール プリント もっと見る

ビールを飲みたい人のために

さて、ドイツと言えば、ビール。
沢山飲めないけれども、せっかくのドイツ。出来るだけ沢山の種類のビールに出会いたい。
そう思う人もいることでしょう。
今日は、これをテーマに、街へ出て見ました。


最初に向かったのは、私がレーゲンスブルクで一番お勧めするシュピタールの醸造所。
ドイツ最古の石橋を渡りきった反対側にあります。
メニューにはないのですが、なんと、小さいビールも飲めることが分かりました。


ヘレスと黒ビールは0.25l、白ビールは0.3lです。これならちょうど良い分量です。

IMG_3903.jpg


比較対象がないので、どれくらいの大きさのビールか分からなくて、ごめんなさい。
普通は0.5lで、ピルスと呼ばれる種類のビールは、バイエルンでは0.33lです。


私は、さすがに白ビールだけ頂きましたが、背景にあるビールは、左からヘレス、白ビール、黒ビールです。もし、あなたがこの三種類を合わせて注文したとしたら、お勧めの飲む順番は、この左から右への順番の通りです。理由は、ヘレスの方がホップの癖が少なく、白ビールの味を邪魔しないこと、そして、黒ビールは下に独特の味が残るので、何のビールに対しても一番最後に飲むのがお勧めだそうです。これは親切なウエイトレスさんが、聞きもしないのに、アドバイスをくれました。


合わせて頂いたのは、シュヴァイネブラーテン。最近、私の調査中の料理です。
これは典型的なバイエルン料理。
この良いところは、ドイツのレストランでの分量は、日本人の胃腸には少し多すぎなのですが、
小さめでお願いします、と注文することが出来るのです。大概のレストランでは、正規の値段の2ユーロ引きで食べられます。私は大食いな人ですが、小さめ分量で十分。それで足りないと思ったことはまずありません。男性でも、多分特に分量的には問題ないと思います。


IMG_3905.jpg

はい、もう少しここの料理についてコメントです。
付け合わせはクラウト・サラダ。クラウトとは、キャベツのことです。太めに切られていますが、味がしっかり染み込んでいて、抵抗ありません。美味しいです。合格。


ジャガイモのクヌーデルが豚肉に添えてありますが、こちらも、センメル・ブルーゼル、つまり、細かいパン粉状のものをバターで煎ったものがかけてあり、食感が良く、二重丸。
ソースは甘めの仕上がりです。豚肉の皮に切り込みがなく、ナイフで切りにくいですが、味は丸。お肉そのものは、少し脂肪分が少なく、乾燥ぎみで、私の好みからいくと、「もう一歩で賞」。でも、こちらは好みの問題だと思います。分量は合格です。


さて、次のお店へ行って見ましょう。


大聖堂の近くのビショッフホーフでは、民族衣装を着たウエイトレスさんがもてなしてくれます。

IMG_0109.jpg

2017年の12月にも、ここについては紹介しています。黒ビールは、有名なヴェルテンブルク修道院のものが飲めます。過去記事は、こちら からどうぞ。


まだまだ飲み足らなければ、どうぞこちらへ。
ヴァイスブラウ・ハウスというお店です。旧市街の中央にあるノイプファー広場からほど近い場所にあります。


IMG_3907.jpg


繁盛しているお店ではありますが、さすがはお昼2時を過ぎてからの入店だったので、お客さんはまばらでした。茶色っぽい薄暗い感じの店内ですが、それが良い味を醸し出しています。店内にあるビールの釜が、美味しいビールを予感させるお店です。実際に、ここでビールが醸造されているのです。
ここのビールは、一般に流通しているものではなく、「レーゲンスブルクの醸造所」を語る上ではカウントされません。


ここでは、0.1lのビールが1.20ユーロで飲むことができます。
白ビール、濃い白ビール、ヘレス、黒ビールと4種類のセットで、この小さいビールを飲み比べることもできますが、この場合、残念ながら全ての種類のビールが白ビールグラスで提供されます。

IMG_0128.jpg

ピントが合っていないので、小さな写真で失礼します。


今日は3軒でおしまい。それでは、また別の機会に、他のビールもご紹介したいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年2月11日
« 前の記事「レーゲンスブルクの小さなカフェ、カフェ・バー」へ
»次の記事「ローマの壁に鳥の巣が」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    良い季節です。ロッククライミングも大盛況。そして美味しい食事も忘れずに。
    レーゲンスブルクの玄関、ドイツ最古の石橋 最新ニュース
    旅行記番外編〜高速道路〜
    旅行記〜終わりに〜
    旅行記〜エルツ城(ドイツ)〜
    旅行記〜アントワープ(ベルギー)②〜
    旅行記〜アントワープ(ベルギー)①〜
    旅行記〜メッス(フランス )②〜

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集