海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 岩に彫られた地下壕、シュヴァンドルフにあるのものは...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月22日

岩に彫られた地下壕、シュヴァンドルフにあるのものはバイエルン州最大規模


岩に彫られた地下壕、シュヴァンドルフにあるのものはバイエルン州最大規模

レーゲンスブルクから北へ車を飛ばして30分ほど行くと、シュヴァンドルフという町があります。
この町は、バイエルン州でも戦争の被害を最も受けた4つの町のうちの一つなのだそうです。


水曜日、金曜日、日曜日にガイド付きツアーで行くのですが、こちらはドイツ語がわからないと少し難しいと思います。
が、しかし、結構これがすごいツアーなのです。
地下内の気温は6〜8度と低いので、しっかり着込んで行ってください。(ダウンジャケットでも寒かったです。)


DSC06265.jpg


人口28,000人と小さな町ですが、1945年には第二次世界大戦の被害を受け、70%以上(75%とも言われている)が破損したのだそうです。
このフェルゼン(岩の)・ラビリン(迷路)と呼ばれる複数の地下室が一つに繋がったこの構造は、ここだけで40から50もの地下室があるのだそうですが、町全体ではなんと130もあるのだそうです。


DSC06269 2.jpg


1500年頃から造られ始めたこの地下壕。手彫りの跡が今でも見えます。昔は、ここでビールの醸造の後半の過程が行われていたり、ジャガイモやリンゴなどの農作物の保管に使われていたりしていました。
戦時中は、女性と子供を中心に、4000人もの人がここを防空壕として使っていたそうです。


DSC06287.jpg


上にある小さな明かり取りのようなものは、実は地上まで伸びていて、この場合は15m。もう一つ25mのものがあり、この二つの空気穴で、当時4000人もの人が十分な酸素を得ることが出来たのだそうです。


明かり取り用のタイマツがあった場所は、今でもススで真っ黒。


DSC06283.jpg


昔はトロッコ用の線路も一部あったようです。


DSC06277.jpg


DSC06292.jpg


私達は、出口を出てすぐそばにあったギリシア料理のお店で、夕食を食べてから帰宅することにしました。値段も両親的で美味しく頂きました。ビールも、レーゲンスブルクと比べると、随分お得なお値段です。ここシュヴァんドルフにも昔はいくつもの醸造所があったようです。レーゲンスブルクを含めた近郊の街にたくさん売っており、鉄道が通った1850年頃は、ビールの醸造が追いつかないくらいだったとか。
でも、ここのレストランでは、ニュルンベルクの醸造所のビールが売られていました。ちょっと残念。


DSC06294.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年2月22日
« 前の記事「帝国議会博物館へ行ってみよう」へ
»次の記事「レーゲンスブルクの可愛いお店、ビリーズ・クラムラードル」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集