海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 聖エメラム教会

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月11日

聖エメラム教会


聖エメラム教会

レーゲンスブルクの旧市街、南の方にまで行く時間があれば、聖エメラム教会はお勧めです。
また、バイエルン州で活躍した、アザム兄弟のファンの方は、必見の教会です。


アザム兄弟とは、ドイツのバロック建築を代表する建築家、彫刻家の兄弟。
レーゲンスブルクにも、ここ聖エメラム教会と、アルテ・カペレの改築に携わっています。
近郊では、ヴェルテンブルク修道院の教会や、アルトエグロフスハイム (←1月にご紹介した記事に飛びます)にもアザム兄弟の作品はあります。


DSC06442.jpg

この教会の大切なポイントを4つ、挙げておきます。


    1)バイエルン州で最も古い(739年、カロリング朝の時代)、ベネディクト会の修道院教会である。

    2)南ドイツにある、ロマネスク様式以前の教会の中で最も大きい

    3)ドイツ国内で、祀られた聖人の数が最も多い教会(聖エメラム、聖ヴォルフガングなど)

    4)皇帝、国王、公爵のお墓、墓標が450もある


    ウンチクはこれくらいでおしまいにして、内部をもう少しご覧ください。
    まずは、パイプオルガン。

    DSC06445.jpg


    側廊に目を向けると・・・

    DSC06446.jpg


    こんなにすごい天井もあるんです。

    DSC06444.jpg


    建物の美しさを見るだけでも十分です。


    普段は公開されていないようですが、本当は、ヴォルフガング地下聖堂も見所です。ここは、世界中の巡礼者の目指す場所であり、ヴォルフガングは、10世紀のレーゲンスブルクの司教でした。西側にある翼廊の地下にあるのですが、5廊式で3つの祭壇を持つ、立派な地下聖堂です。これは、1050年頃に地下納骨堂としてつくられました。


    聖エメラム教会は、エメラム修道院の教会として立てられましたが、1731年に公爵のための教会となり、1964年以降は、バジリカ・ミノール、つまりローマ・カトリック教会の建物に与えられる、名誉ある称号を持つ教会となりました。ちょうどその頃1731〜1733年に、バロックの代表的なマイスターとされるアザム兄弟により、豪華に仕上げられました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年3月11日
« 前の記事「レーゲンスブルク、観光便利情報」へ
»次の記事「こんなドアを探してみよう」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    レーゲンスブルクからすぐ東にある、ノイトラウブリングで音楽イベントが行われました。
    シュトラウビングの市民祭、ゴイボーデンフェスト
    レーゲンスブルクで泳ぐ
    ネパール・ヒマラヤ・パーク
    ドナウ川の水量が下がっています
    夜のレーゲンスブルク
    レーゲンスブルクに二件ある、カフェ・ショリー(Jolie)
    第37回 バイエルン・ジャズ・ウィークエンド

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集