海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 旅行記〜シュパイアー①〜

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月 6日

旅行記〜シュパイアー①〜


旅行記〜シュパイアー①〜

まずは写真からどうぞ。


DSC06671.jpg

DSC06642 2.jpg


これが、シュパイアーにある、ロマネスク様式の大聖堂です。


詳細は後に回して、今回の旅の経緯です。その後、みなさんも一緒に旅行したように、順に綴っていきますね。


バイエルン州は、3月24日から4月8日までの二週間ちょっとがイースター休暇。
ここ暫くまともな家族旅行が出来なかった私達は、今回5泊6日でベルギーに住む友達(仏日家族)を訪ねる旅に行って来ました。目的地は決まったものの、遠いので、せっかくだから道中にたくさん見たい、ということで、あれもこれも見たい中、絞りに絞って、観光する場所を5箇所に絞りました。


レーゲンスブルク→シュパイヤー→メッス(フランス)→ブリュッセルの南の小さな町→アントワープ(ベルギー)→コブレンツの近くの小さな村→レーゲンスブルク という旅になるのですが、高速道路は、フランスからベルギーに行く途中に、少しルクセンブルクを通り抜けるし、アントワープからドイツに向かう途中には、なんとオランダも通り抜けるのです。

シュパイアーがどこにあるか、から始めましょう。
ドイツ西南部ラインラント・プファルツ州(州都マインツ)にあります。バイエルン州のレーゲンスブルクから、高速道路を使って西に西にと進むと、およそ3時間で到着します。
近くには、ライン川が南北に流れています。


大聖堂ですが、ロマネスクを代表するものとして知られている、ユネスコの世界遺産です。
私はロマネスクの大聖堂を、今まで一度も見たことがなかったので、とっても楽しみ。


DSC06659.jpg


このアーチ、はいこのアーチがロマネスクの特徴。ロマネスク様式は、大凡1200年頃までのものです。
そのアーチの下にある立派な扉をご覧ください。

DSC06662.jpg

そして、天井を見上げると、この立派な模様。

DSC06664.jpg

ロマネスク様式の建物は、ステンドグラスがなく、窓も小さいイメージでしたが、内部は結構明るく、曇りがちな天気の日でしたが、写真を撮るのも平気。

DSC06644.jpg

DSC06645.jpg

昔の人が手作業で働いた跡が、このようにしっかり石に刻まれています。

DSC06657.jpg

そして、この大聖堂の前には、一本の大きな道マキシミリアン通りが貫いているのです。

DSC06681.jpg

さて、ここは、人口5万人ほどの小さな町です。
大聖堂は1030年から当時の神聖ローマ帝国の皇帝コンラート2世によって建設が始められました。
1061年完成と、完成までにかかったのがたったの31年間。
完成後およそ20年で、より大きな大聖堂を造るためにハインリッヒ4世が半分を解体した。
より大きくなった大聖堂は、1106年(ハインリッヒ4世紀が亡くなったその年)に完成。
しかも驚くことに、当時のシュパイアーには、なんと500人ほどしか人が居なかったという。神聖ローマ帝国の皇帝であるハインリッヒ4世が、いかに強大な力を持っていたかの現れですね。


1450年の5月5日から6日にかけての夜、実はこの大聖堂は完全に燃えてしまったのだそうです。その後財政を工面し、また造り直された大聖堂も、またもや、1689年の大火事で大半が焼けてしまうのです。


度重なる修復は否めないものの、本来の様式であるロマネスク様式保っているこのシュパイアーの大聖堂は、1981年にユネスコの世界遺産となりました。


私の場合、レーゲンスブルクにあるゴシックの大聖堂を見慣れているので、ロマネスク様式の大聖堂ということで、とっても新鮮に感じました。これは、是非おすすめです。


今日の締めくくりにもう一つ。大聖堂からまっすぐ伸びるマキシミリアン通りを700メートルほど歩くと、塔にぶつかります。

DSC06686.jpg


13世紀の前半に造られた城壁の塔で、高さが55mある、アルトピュアテル(Altpoetel)です。この塔には時計の文字盤が二つあり、上の文字盤が時を刻み、下の文字盤が15分単位で刻むのだそうです。


はい、これで今回はおしまい。次回は、「旅行記〜シュパイアー②〜」をお届けします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2018年4月 6日
« 前の記事「イースターエッグ」へ
»次の記事「旅行記〜シュパイアー②〜」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    ちょっと地元のビールを飲みたいお父さんのために
    さりげなく素敵な鞄屋さん「レィディー(Lady)」
    レーゲンスブルク4つのクリスマス市の一つ、ルクレツィア・マルクト
    ノイプファー広場のクリスマスマーケットへ行ってきました
    コンベンションセンター、マリーナフォーラム
    クリスマス市速報「カタリーナ・シュピタール」
    クリスマス市速報「ノイプファー広場」
    神聖ローマ帝国の帝国議会会場は今も使われているの?

    ドイツ ツアー最安値


    2018/12/17更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集