海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > レーゲンスブルクの玄関、ドイツ最古の石橋 最新ニュ...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月19日

レーゲンスブルクの玄関、ドイツ最古の石橋 最新ニュース


レーゲンスブルクの玄関、ドイツ最古の石橋 最新ニュース

ドナウの川に架かる、12世紀に造られた石橋は、レーゲンスブルクの玄関です。
8世紀ごろからほぼ同じ場所に木造の橋があったのが、厳しい自然条件の元、度々壊れていて、立派な橋の必要性を感じていた人々が、タイミングを見計らってやっと1135年から建設にこぎ着けたこの橋は、実は2010年からずっと工事中でした。


IMG_2055.jpg


皆が待ちわびていた工事完成が、今年2018年6月9日と発表されました(2018年4月18日現在)。

石橋の工事について、少し振り返って見ておきましょう。


下の二枚の写真は、2015年の4月の時点での石橋の様子です。

IMG_5032.jpg

IMG_5029.jpg


IMG_2057.jpg


1903年以降は、この石橋を路面電車が通っていたのだそうですが、中欧から来た労働者が、奴隷にように石を敷き詰めたと聞いています。そういった人々は、それが、かの有名な石橋だとも聞かされず、何も分からない状態で働かされたのだとか。


現代でも、このような石は、人力で、一つ一つ丁寧に敷かれています。

IMG_5021toy.jpg


私がこの街に来た2002年は、まだ一般のバスもこの石橋を通っていました。自家用車がまだまだそんなに多くなかった時代は、普通乗用車も通行ができたそうです。


ただ、多くのバスが通過することや、冬の凍結防止のためにまく塩によって、石橋はどんどんダメージを受け、かなり状態が悪くなっていたようです。


1135年から1146年までの11年間かけて造られたこの石橋は、2006年にレーゲンスブルクが世界遺産都市となった後、ユネスコの資金協力を受けることになり、2009年から詳細に渡る調査がスタートしました。
2010年から2014年にかけて、4つの段階に分けて工事が進められる予定でしたが、建築技術的な問題、および重要文化財保護の観点からぶつかる問題から当初の予定とは大幅に狂い、やっと今年2018年6月9日に、工事完成を祝うイベントが開催される運びとなりました。


その間、石橋を挟んでレーゲンスブルク旧市街の対岸にある、シュタットアムホーフ(こちらも世界遺産の一部)という地区は、経済的にも大きなダメージを受けつつ、それでもなんとか忍んできた感じが見受けられました。


もちろん、この街を訪れる観光客にとっては、三代観光名所の一つである石橋が工事中であるだけではなく、レーゲンスブルクの絵葉書のような写真を撮るスポットとしては、工事の足場や機材、素材などなど景観を大幅に邪魔し、非常に残念な状態でした。


それにしても、900年も前に11年間で造ったこの石橋を工事するのに8年もかかるとは、ちょっとお恥ずかしい話のような気もしないでもないですが。


やっとやっと、この工事が完成するかと思うと、私達市民もとっても嬉しいです。


IMG_1987.jpg

尚、この石橋には、ブリュックマンデルという小僧の像がありました。2012年の12月27日から28日の夜にかけて、目の上にかざした右腕がなくなって大騒ぎになったことがあります。ダイバーが川に潜って探しても見つからず、結局新しく作り直すことになりました。
腕の修理を終え、2016年9月には完成している様ですが、石橋が工事中のため工事完了と共に元にあった場所に戻されることになっています。

IMG_2060.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2018年4月19日
« 前の記事「旅行記番外編〜高速道路〜」へ
»次の記事「良い季節です。ロッククライミングも大盛況。そして美味しい食事も忘れずに。」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    歴史博物館での特別展示
    スポーツの秋、サイクリングにもロッククライミングにもオススメ
    秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!
    レーゲンスブルク、フラフラ散歩(中央東) 〜秋〜
    秋晴れの10月、オススメは、やっぱりビール
    ヒストリッシェ・アルメン・シュピタール(レストラン)
    クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進
    ドナウ川にかかる石橋、その仮設の橋が外されます

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集