海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ヒストリッシェス・アルメン・シュピタール(レストラ...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 5日

ヒストリッシェス・アルメン・シュピタール(レストラン)


ヒストリッシェス・アルメン・シュピタール(レストラン)

レーゲンスブルクから東へ10キロほど離れた、ドナウシュタウフ。ここ、オススメのレストラン、ヒストリッシェス・アルメン・シュピタール (公式ホームページ〈独語〉にリンク)をご紹介します。


ドナウシュタウフはルートヴィヒ1世が造らせたヴァルハラ神殿のある町。
ヴァルハラ神殿の行き帰りや、ちょっとした秋散策のついでにオススメのレストラン。
9月中旬から10月中旬の今、オススメしたい、そんなお店です。


なぜ、オススメかというと・・・

IMG_3026.jpg

レストランのビアガーデンから眺める風景も良いんです。
レーゲンスブルクから東に10キロほど離れたドナウシュタウフという町にあるのですが、手頃な晴天の日の家族でのお出掛け場所としてオススメ。


そして、ここは聖サルヴァドール教会が太陽に照らされているのを背景に、食事が出来るんです(上の写真)。
聖サルヴァドール教会は、1430年にゴシック様式で建てられたものですが、19世紀にルートヴィヒ1世の命を受け、オーストリアの宮廷建築家レオ・フォン・クレンツェがロマネスク・リヴァイヴァルとして手を加えたものであり、重要文化財でもあります。


また、このレストランの建物そのものは、18世紀の建物を、2012年以降大改築して造ったもの。ビアガーデンの一番大きい机は、厚みが7センチくらいある立派な天然木の机。レストラン内のトイレもびっくり。使い捨てのペーパータオルで手を拭くのではなく、木綿のタオルがたくさん。一人1度使ったら、洗濯用の籠へ入れる仕組み。


料理は、町の中心でないこの立地の割には少しお値段は高めですが、こちらもこだわりがありそうです。もともと、レーゲンスブルクの公爵トゥルン・ウント・タクシス一家の夏のお城や、狩猟のための森があったこの地にあるだけあってか、鹿肉や猪の肉などを使った料理も提供しています。付け合わせのシュペッツレも勿論自家製。

IMG_2072.jpg


でも、ベジタリアンのためにも素敵な一品がありました。
山羊のチーズの上に、アーモンドスライスとハチミツがかかり、ミックス野菜の上にもられているこれ、これも絶品!

IMG_3022.jpg

ハチミツの甘さがしつこくならないように、苦味の効いたルッコラを混ぜたサラダ。絶妙な組み合わせなんです。チーズのお陰で、お腹にしっかり溜まる料理であるにもかかわらず、3つ並んだチーズ、まだなくならない、というのとは正反対に、まだ二つある!まだ一つある!とポジティブに食べているうちにお腹一杯になる。これを食べた私は、自宅で真似して作ってみたくなる一品でした。


ここのレストランで飲めるビールは、ヤコブ醸造所のものです。ヤコブのビールは、レーゲンスブルクにある、世界最古のソーセージ屋さんでも飲めます。この醸造所の白ビールは後味に少し癖があり、私は好みませんので、今回は黒ビールにしてみました。こちらは美味しかった。大正解です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2018年10月 5日
« 前の記事「クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進」へ
»次の記事「秋晴れの10月、オススメは、やっぱりビール」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
バイエルン料理のレストラン、アウアーブロイに行きました。
ドイツ人と誕生日
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
1年前の同じ月に投稿された記事
宗教改革の日、ハロウィーン、諸聖人の日
冬時間になります
三位一体教会
シュタットアムホーフのバスターミナル
秋晴れ続き
大聖堂が見えるレストラン
シュタットアムホーフのケーキ屋さん

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集