海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 4日

クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進


クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進

今日は、毎年10月の最初の木曜日に行われるイベントの紹介です。
もし、この日にレーゲンスブルクに居るのであれば、是非見ていただきたいイベント。


まず、ボック・ビールについてからのお話から始めましょう。


ボック・ビールというのは、アルコール度の高いビールで、普通はアルコールが6.5%以上です。
元々は、四旬節、つまり復活祭前の40日間、断食(一日一度だけ十分な食事を取ることができた)の期間中に、カロリーが高いボック・ビールが飲まれていました。中世は、濾過されていなかったために、今よりも更に満腹感をもたらしていたようです。バイエルン州では、16世紀から製造されていました。

レーゲンスブルクに3つの醸造所がありますが、そのうちの一つ、クナイティンガー醸造所は、毎年10月の最初の木曜日に、秋に出回るボック・ビールの最初を祝うイベントを行います。


クナイティンガーは、1530年に醸造を開始したとされており、一番力を入れている、または一番知られているのが、実は、クナイティンガー・ボックです。アルコール度数は6.8%。醸造所そのものにご関心のある方、春先から秋にかけては、人さえ集まれば、土曜日に工場見学をしてくれます。(こちらは、改めて、レポートします。)


さて、イベントの話に戻りましょう。
行進は、音楽隊と民族衣装を着た人達、そして、ヤギが馬車を引き、昔ビールのたるを運ぶために使われていたがっちりした馬が馬車を引いていきます。


まず、9時に醸造所の前を出発し、アーノルフス広場からノイプファー広場、大聖堂の前を通り、旧市庁舎の方まで回ります。


下の写真は、醸造所前で出番を待つ馬たちです。


IMG_3122.jpg

行進の先頭は、音楽隊です。おなじみのバイエルンのマーチの演奏です。

IMG_3128.jpg

その後ろを人々が歩きます。醸造所の関係の人でしょうか。(御免なさい、調べ切れていません)

IMG_3137.jpg

それに続いて、馬車です。

IMG_3142.jpg

馬車の後ろは、ドイツ語表現で、「馬の林檎」と言われる、落し物があります。はい、馬が歩くとよく落ちているもので、誰も踏みたくない、あの茶色な物体です。


観光客は、この行進を喜びますが、実はゆっくり歩くために、バスや、搬送車、一般の車など、その後をダラダラついていく形で、かなりの混雑となります。

IMG_3149.jpg

IMG_3152.jpg

IMG_3156.jpg

そして、旧市庁舎前で一旦脚を止め、少し挨拶のようなものがあったようです。(残念ながら、私は見逃してしまいました。)夕方、醸造所であるイベントで、多分17時から、市長がボック・ビールの樽を開ける式典があるので、そんな話だったりするのでは、と思うのですが。

IMG_3161.jpg

さて、先に進みましょう、と、また体制を取り直して更新がスタート。

IMG_3171.jpg

IMG_3188.jpg

ということで、実は今回のレポート、ご紹介は、ちょっと断片的で、大切な部分も抜けていたりするのですが、出来るだけ来年、補う形でご報告させて頂きたいと思います。それまで、お楽しみに!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り
2018年10月 4日
« 前の記事「ドナウ川にかかる石橋、その仮設の橋が外されます」へ
»次の記事「ヒストリッシェス・アルメン・シュピタール(レストラン)」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
宗教改革の日、ハロウィーン、諸聖人の日
冬時間になります
三位一体教会
シュタットアムホーフのバスターミナル
秋晴れ続き
大聖堂が見えるレストラン
シュタットアムホーフのケーキ屋さん

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集