海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 5日

秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!


秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!

今日も秋の青空、気温も朝は3度しかなかったのに、日中は20度近くまで上昇。
そんな日は、散歩しないわけにはいきません。


今日は、郷土文化保存会が主催するツアーに参加して、勉強してきました。


a_IMG_3212.jpg

ここは、レーゲンスブルクの北。ドナウに並行して北に流れている運河のすぐ隣。


ここは、マックス・ブーフハウザー・彫刻公園、と呼ばれる、ヨーロッパ運河に並行するフランケン通り沿いの

マックス・ブーフハウザーは、生まれも育ちも、レーゲンスブルク。
1924年に園芸家の息子として生まれ、趣味の彫刻家でもあります。土地持ちの一家ですが、1970年代初期にその大部分をレーゲンスブルクに売り渡すことになりました。その後、ヨーロッパ運河が1990年代に作られた

唯一残ったのが、このサッカー場ほどの土地。そして、後となって沢山の彫刻が飾られることになりました。


そう、この彫刻群は、新しいものなのです。そして、一個人の意思で作られたものであり、レーゲンスブルクの公の財産ではなく、2015年にマックス・ブーフハウザーが亡くなって以来、孫にあたる現在23歳の男性の所有物なのだそうです。


これらの彫刻群は、紀元前6000年くらい前のものから現代のものまで、様々なものがモチーフとなり、また、エジプトやイタリア、アフリカなど世界のものが入り混じっています。それは、マックス・ブーフハウザーがあちこちに旅行をしていた影響のようです。


例えば、この下の写真では、エジプトのものをたくさん見つける事ができます。

IMG_3198.jpg


少しクローズアップしてみると、

IMG_3199.jpg

実はこれは、ツタンカーメン王と、クレオパトラがモチーフなのだそうです。


こちらは、宗教的なものがモチーフです。一番上は、キリスト。左側の下寄りには、最後の晩餐の様子。

IMG_3202.jpg

裏面にももちろん彫刻が施されていますが、統一性のないものがミックスしているのです。


次の写真は、約20個ある彫刻物の中で、一番新しいものだそうです。運河側の一番西の作品です。運河側のものは、東から順番に造られたのだそうです。

IMG_3215.jpg

一番上に、レーゲンスブルクがモチーフとなり、中世の奇跡、と刻まれています。自分の故郷、レーゲンスブルクを愛したことの現れのようです。


次は、運河側の彫刻群を写した写真です。背景には、紅葉し始めた丘があり、美しいですね。青空も最高。

IMG_3229.jpg


ヨーロッパ運河にかかる橋は、この彫刻群のすぐ東にあるのですが、そこに登って、上から撮影して見ました。

IMG_3232.jpg

運河沿いの自転車道も見えますね。


同じ橋から、南側を見ると、大聖堂が背景に。

IMG_3233.jpg


実は、私、ゆっくりこの彫刻を見た事がなかったのですが、新しいもの、適当に混ぜて造られたもの、という悪いイメージを持ち、正直興味がありませんでした。でも、今回ゆっくり彫刻に目を向け、背景の事情の説明を受けることによって、好感を持つ事ができました。
マックス・ブーフハウザーが60歳ごろから造り始めた作品達で、彫刻が完成したのは、2000年頃でだったのだそうです。現在、石の状態がよくない部分もあり、冬前にある程度修復したり、生い茂った緑を取り除く作業が必要となるようです。造られてから30年くらい経ったものもあるのですが、実は、違法な構造物なのです。大きいものでは2.5メートルや3メートルもの高さがあります。今では、ウィキペディアにも掲載される小さな観光名所です。雑誌シュピーゲルにも登場したというから、なかなか大した物ですね。


ただ、これを所有するのが23歳の個人。今後、一体どんな対応が取られていくのか、気になるところです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2018年10月 5日
« 前の記事「レーゲンスブルク、フラフラ散歩(中央東) 〜秋〜」へ
»次の記事「スポーツの秋、サイクリングにもロッククライミングにもオススメ」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    スポーツの秋、サイクリングにもロッククライミングにもオススメ
    秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!
    レーゲンスブルク、フラフラ散歩(中央東) 〜秋〜
    秋晴れの10月、オススメは、やっぱりビール
    ヒストリッシェ・アルメン・シュピタール(レストラン)
    クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進
    ドナウ川にかかる石橋、その仮設の橋が外されます
    主要駅からまっすぐ伸びる、マクシミリン通り
    1年前の同じ月に投稿された記事
    宗教改革の日、ハロウィーン、諸聖人の日
    冬時間になります
    三位一体教会
    シュタットアムホーフのバスターミナル
    秋晴れ続き
    大聖堂が見えるレストラン
    シュタットアムホーフのケーキ屋さん

    ドイツ ツアー最安値


    2018/10/15更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集