海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月20日

ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店


ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店

クリスマス前のこの時期、ビッグバンドの仲間と行くのが恒例になった、ホフブロイハウス。
昨年に続き、また紹介します。(昨年の記事はこちら からどうぞ)


さて、有名なミュンヘンの醸造所、ホフブロイハウス。
日本語に直訳すると、「宮廷の醸造所」ということですが16世紀後半、バイエルン州の貴族ヴィッテルスバッハ家のために作られた醸造所です。ミュンヘンでは観光名所として、有名な場所。う〜ん、それではなぜ、レーゲンスブルク??


レーゲンスブルクのホフブロイハウスは、1930年からの歴史を持っています。現在のオーナーは、1988年からこのお店を所有しており、彼自身も料理人であることもあり、新鮮な地元の食材を使用することにこだわっています。地元のバイエルン料理はもちろんのこと、ベジタリアンメニューも、日替わりで用意されます。


ドイツの一般的な夕食は、カルテス・エッセン、直訳して「冷たい食事」が一般的。
黒いパンにチーズやハムなどを食べるのですが、そういう類の料理が、ここホフブロイハウスで夕方4時以降に楽しめます。ですからドイツ流の夕食を、と思われる方、ここでは色々な種類のカルテス・エッセンが楽しめます。


温かい料理は、本日のメニュー、というページを見ましょう。限られたメニューに限定するというのは、それだけ美味しいものを提供してもらえる、ということに繋がります。
今回、私は、ベジタリアンメニューの中から、パスタ料理を頼みました。が、やはり、バイエルンの料理を提供するレストランでは、やはり、お肉の料理を注文すべきだったかな、とちょっと反省。パスタが柔らかめである以外は、美味しかったのですが、サラダがついているとはいえ、ちょっとお値段的に、12.50ユーロは少しお高いかな。このサラダ、写真ではいかにもレタスたくさんという感じに見れますが、実際、いろいろな種類のバイエルン風の各種サラダが隠れています。キャベツの千切りにクミン(香辛料)が混ぜられたものや、人参、ポテトサラダなどなど。多くの料理の付け合わせとして出てきますので、こちらもお楽しみに。


IMG_4422.jpg


正直言って、一般にお財布を気にしていたら、ここホフブロイハウスでは食事は出来ません。
なんとシュヴァイネ・ブラーテンでも、12.50ユーロもするのですから、仕方がない。
ただ、日本でいうトンカツ、つまり、シュニッツェルを注文した女性は、食べきれなかったので、アルミホイルをお願いしてもらい、お持ち帰りをしました。嫌な顔一つなく、対応してくれたので、ポイントアップです。


今回、シュナップスを頼みました。ベアーブルツェル(Bärwurzel, 熊の根っこ)という種類ですが、美味しかったです。これは、ドイツ人に言わせれば、いかにもバイエルン的なものらしいです。シュナップスの類がお好きな方、是非お試しを!


月曜日だというのに、大賑わい。結構ぎっしりで、私達の予約したテーブルの空きに、別のお客さんも相席となったくらいです。10時くらいには、そろそろ人が減り始めましたが、私達は、満席に近かった7時から11時過ぎまで居座ったので、空いた空間の写真の撮影にも成功しました。

IMG_4427.jpg


そして、気になるこの椅子もぜひチェックです。

IMG_4425.jpg


ちなみに、この支店が入る建物には、伝説があります。
それは、神聖ローマ帝国の議会があった頃のことです。皇帝が狩りに出かけ、鹿を射止めようとしていた時のこと。逃げようと森をあっちへこっちへ飛び回っていた鹿が、旧市街の旧市庁舎前広場に逃げ込んで行きました。そして、扉の開いていた家の中庭へ入ったきり、行方をくらませました。
皇帝がその家へやってきて、ドアをノックした所、若い女性が出てきました。皇帝の前に膝をまずき、鹿を助けてあげるようにお願いしました。皇帝は、鹿を助けることを約束し、この家に、鹿をモチーフとした家紋をプレゼントし、正面入り口の上に掲げられました。後にこの家に住んだ人が、更に鹿の像を飾り、今現在も同じ場所にあります。この鹿から、この家は、Zum Goldenes Hirsch「黄金の鹿へ」と呼ばれていました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年12月20日
« 前の記事「ちょっと地元のビールを飲みたいお父さんのために」へ
»次の記事「ドイツ料理に欠かせないサウワークラウトに関心がある方のために」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
大晦日の典型的な夕食
ホフブロイハウス
バイエルンの森で1日を過ごしました
私達は靴下です。
見つけた!ちょっと気になるお店
ドイツ人のクリスマスの過ごし方
バイエルンの森まで、雪を求めて!
レーゲンスブルクのクリスマスマーケット その3
ビストロ・ロザリウムとその周辺
雪が降り積もりました
アドベンツ
レーゲンスブルクのレストラン、ホテル・ビショッフホーフ
レーゲンスブルクのクリスマスマーケット その2
聖ニコラウスの日
私の好きな雑貨屋さんは、観光名所の近く

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集