海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ドイツ料理に欠かせないサウワークラウトに関心がある...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月20日

ドイツ料理に欠かせないサウワークラウトに関心がある方のために


ドイツ料理に欠かせないサウワークラウトに関心がある方のために

ドイツの食生活。思いつくものを並べれば、ビール、ソーセージ、ジャガイモ、というところでしょうか。もう一歩頑張って、サウワークラウト。
そう、今日は、サウワークラウトのお話です。


サウワークラウトは、発酵によって生じた乳酸菌の恵みを受けた食べ物です。各種お肉料理やソーセージの付け合わせに食べられますが、漬け込んだサウワークラウトと蜂蜜を混ぜたものを、生で食すのも、とっても美味しいです。


普通、ドイツ人が家庭でサウワークラウトを食べる時は、出来合いのサウワークラウトをスーパーの冷蔵部門で購入して、煮込んで食べます。
が、我が家では、自分達で新鮮なキャベツを千切りにして、陶器の入れ物で発行させて1年間分を蓄え、食します。


ドイツに関心を持っている方の中には、実際食文化にも関心のある方も多かれ少なかれいらっしゃることでしょう。
今回は、そんな方のために、サウワークラウトがどのように作られるかをご紹介するとともに、よろしければ、次回のドイツ旅行の計画の一つに入れていただければと思い、記事にまとめることにしました。

時期は11月下旬から12月上旬。毎年、我が家では、15〜20kgのキャベツを買い込み、サウワークラウトを仕込みます。

IMG_4408.jpg

大きな大根おろしならぬ、キャベツおろしで、キャベツを千切りにします。
我が家は親しくしている農家さんが居るので、キャベツを購入し、作業します。


上の写真を撮影した時点で、まだまだ、こんなにキャベツが順番待ち。今年は、シュピッツクラウトという、とんがった形のキャベツを使いました。このキャベツは、葉っぱが他のものと比べると薄いので、千切りに適していると思います。(一般的には、サウワークラウトには、平たいキャベツを使います。)

IMG_4407.jpg


漬物樽ならぬ、サウワークラウトを発酵させる容器に、キャベツと塩、ローリエ、ジュニパーベリー(Wacholderbeeren)を入れて仕込みます。

IMG_4410.jpg


一般のドイツ人家庭では、もう味わうこともなくなった、サウワークラウト作り。
我が家では、キャベツを千切りにする際、年代物の木製の道具を借りてきます。ですから、千切りは結構あっという間に出来ます。一般には、発行済のものを買って調理するか、そうでない場合、農家がサウワークラウト用に千切りにし、塩に浸した状態のものを買って、自分で発酵させるか(後者は少数派)をします。


ご関心がある方、11月下旬から12月上旬を目安にレーゲンスブルクへいらっしゃれる方、そして、ぜひ体験してみたい方、私のメールアドレス にご連絡ください。試食を含めた「サウワークラウト作り体験」で、個性的なドイツ旅行を楽しみませんか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2018年12月20日
« 前の記事「ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店」へ
»次の記事「アーベンスベルクのクリスマスマーケット」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
バイエルン料理のレストラン、アウアーブロイに行きました。
ドイツ人と誕生日
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
1年前の同じ月に投稿された記事
大晦日の典型的な夕食
ホフブロイハウス
バイエルンの森で1日を過ごしました
私達は靴下です。
見つけた!ちょっと気になるお店
ドイツ人のクリスマスの過ごし方
バイエルンの森まで、雪を求めて!
レーゲンスブルクのクリスマスマーケット その3
ビストロ・ロザリウムとその周辺
雪が降り積もりました
アドベンツ
レーゲンスブルクのレストラン、ホテル・ビショッフホーフ
レーゲンスブルクのクリスマスマーケット その2
聖ニコラウスの日
私の好きな雑貨屋さんは、観光名所の近く

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集