海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 民族衣装のお店を覗いてみました

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月 1日

民族衣装のお店を覗いてみました


民族衣装のお店を覗いてみました

特派員ブログを書かせていただくようになって、既に1年半が立ちました。
2019年、今年もどうぞよろしくお願い致します。
今年は、もっと読者の立場に、旅行者の立場にたったブログを!と思っています。


その第一弾は、民族衣装のお店!


レーゲンスブルクの旧市街内には、3つの民族衣装のお店があります。大聖堂の近くと旧市庁舎の向かいにもあるのですが、今回は、ドナウにかかる石橋から一番近いお店に行って見ました。


IMG_4726.jpg

ここは、多分3軒のうちで一番小さなお店で、正直ちょっと入りにくい感じもあるのですが、いいものがあれば買いたいな、という気持ちがあったので、堂々とお店に入りました。


店員さんは、すごく親切でした。
欲しいものは何かな、必要なものは何かな、という程度であった私は、とりあえず「ヤンカー」と呼ばれるバイエルンのジャケットかな、それともディアンドルと言われる女性が着る民族衣装に合う靴かな、他にも何かいいものがあるかな、くらいの気持ちで店内に足を運びました。


「いらっしゃい。適当にご覧になりますか?」
と店員さんが声をかけてくれたので、


「ヤンカーに興味があるのですが、私のサイズはどこをみればいいでしょうか。」
と聞くと、なんと、店内のあっちにもこっちにも分散しているんです。
これなら一人で勝手に見るのには効率が悪いな、と思ったのですが、私の希望、どんな状況でそれを着たいかを説明すると、色々なものを見せてくれました。


ディアンドルの上に羽織るには短いヤンカーを着るのだそうです(私は、今回それを初めて知りました)が、中ぐらいの長さと、長めのものを中心に見せてもらいました。ちょっとしたお出かけにも着たいし、ディアンドルに羽織るためのかぎ針編みのカーディガンを持っているので。


ご参考までに、バイエルン州の民族衣装をご存知のない方、こちらをご覧ください。

IMG_2684_toy.jpg


さて、私が欲しいヤンカーは、色としては黒に近いグレーが第一希望。
着る状況は、ガイドの仕事か教会音楽でトランペットを吹く時、というものなので、あまり高価なものでなく、せいぜい300ユーロちょっとと希望を言うと、あれもこれもと出してきてくれました。


下にジーンズか、黒いお出かけ用のズボンを履く想定で、白いブラウスを着るなら、スカーフをしたらいいのかしら?と話しかけると、素敵なバイエルン風のシルクのスカーフをいくつか見せてくれました。


IMG_4728.jpg


結局私が買ったのは、ヤンカーではなく、ゲーロックと呼ばれる(日本語ではフロックコート)もので、立襟のシンプルで細身のシルエット。ハプスブルクというメーカーの高級品であれば、8万円くらい平気でするものですが、私は他のメーカーで、しかも、多分売れ残りの一品(小柄な日本人だから良かったのですが)であったため、お買い得で3万円程度の品に出会えました。ずっと憧れていたので良かった。それに合わせてスカーフ(4千円程度)も買いました。


私の場合、バイエルン風の洋服を着るチャンスもほどほどあり、しかも普段から興味を持っているので、こんなものが欲しい、と言うイメージがあるから買い物がしやすかったと思います。もし、興味があるけど不安だわ、という方がいらっしゃったら、是非私にメールをください。時間さえ合えば、お買い物のお手伝いさせていただきますよ。(私にお店から仲介料が入るわけではありません。勿論他のお店にも喜んで同行させていただきます。)


お勘定の後、日本の旅行者のためにこのお店を紹介したいのですが、と店員さんに話しかけてみました。
ネクタイでもバイエルンっぽい柄のものがあり、これなら旅行者にも買いやすいかな、と思いました。もちろん、女性ならスカーフや靴も素敵です。ネクタイなら5000円から1万円くらいの予算で大丈夫そうです。スカーフなら、3〜4千円。普段使いでもさりげないので、オススメ。


私の前には、英語を話すお客さんが何か買い求めていたようです。
店員さんは、特別おしゃれな感じではなかったけれど、気さくで、安心してお話ができる感じでした。


ホームページは、まだ工事中のようですので、PDFの名刺のようなものをこちら にご紹介させていただきます。


日本でも各地でオクトーバーフェストがあるので、日本に住む方でもディアンドルにご関心ある方もいらっしゃると思います。オクトーバーフェストを始め、市民祭の時期は、あちこちのショッピングセンターや普通の洋服を扱うお店も、ディアンドルを一次的に売っています。または、市民祭そのものに、民族衣装を扱うお店が登場します。安く購入したい方はそれらのお店の方が良いでしょうが、良いものを買いたい方は、絶対に専門店がオススメです。高級なものと安価なものは、布やボタンの素材が全く違い、すぐに分かります。

IMG_4892.jpg

IMG_4894.jpg

ご参考までに、市民祭についてはこちらをどうぞ。
シュトラウビングのゴイボーデンフェスト(ミュンヘンのオクトーバーフェストに次ぐ、バイエルン州で二番目に大きい市民祭)2017年8月の記事 / 2018年8月の記事

レーゲンスブルクの市民祭、秋のドゥルト 2017年8月の記事


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2019年1月 1日
« 前の記事「旧市街内、三角形の広場「ハイド広場」にあるピザ屋さん「ダ・ティノ」」へ
»次の記事「レーゲンスブルク、嗅ぎタバコ情報」 へ
おすすめ記事
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ドイツでの大人の誕生会
いよいよ、川でアイススケート!?
歯に関するケア用品専門店
日本にも進出しているちょっと贅沢な量り売りワインのお店
レーゲンスブルク、嗅ぎタバコ情報
民族衣装のお店を覗いてみました
旧市街内、三角形の広場「ハイド広場」にあるピザ屋さん「ダ・ティノ」
これってあり? かわいいクッキー専門店
1年前の同じ月に投稿された記事
温暖な冬
レーゲンスブルクの気になるカフェ・バルバロッサ
アルトエグロフスハイム城
クッヘルバウアーの塔と芸術の家
レーゲンスブルクのカバン屋さん その1
ドナウ川増水
大型二輪車専門店
イタリア食材店
オストドイチェ・ギャラリー(美術館)とその周辺
大晦日から年末年始へ

ドイツ ツアー最安値


2019/1/23更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集