海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 大聖堂の側にあるカフェの一つ、La Chapell...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月 8日

大聖堂の側にあるカフェの一つ、La Chapelle


大聖堂の側にあるカフェの一つ、La Chapelle

カフェやレストランの多いレーゲンスブルクの中でも、歴史があるカフェの一つ。
アルター・コーンマルクトにあるカフェ、La Chapelleをご紹介します。


IMG_5369.jpg

この地区は、バイエルン州で一番最初の貴族、アギロールフィンガーが8世紀から住んでいたとされている地区です。その後このアルター・コーンマルクトは、穀物市場(〜1830年)が開かれていた場所で、ここ数年前から毎週土曜日はレーゲンスブルクで最大の食料品の市場が開かれる場所です。広場の向うには、アルテカペレ(直訳すると「古い礼拝堂」)があり、バイエルンを代表するアザム兄弟が仕上げた内装ですので、こちらも観光スポットとしては、オススメの場所です。


そして、このカフェそのものは、1541年、カール五世がレーゲンスブルクに神聖ローマ帝国の議会のために来た際、足を踏み入れている場所だそうです。
ここ1階には、ハウスチャペルがありました。(レーゲンスブルクの旧市街には、ハウスチャペルが、確認されるだけでも22個あったそうです。)


建物の内部はゴシックの天井。レーゲンスブルクならではの贅沢です。

IMG_5372.jpg

さて、今日はグループで予約して出掛けました。
まず、カプチーノを注文。

IMG_5373.jpg

正直、これが出された時は、ガッカリしました。
キメの荒いミルク。
慌てて、カウンターを見て見たら、機械は立派なものがあります。???と思っていましたが、あとでその理由が分かりました。


普通に会話を楽しんでいると、急にミルクを泡立てる音が聞こえてきたのですが、異様に高い音なのです。これでは、無理。そう、今日は若い女性が、カプチーノを入れる練習をしていたのです。バリスタの資格を持った人がコーヒーを入れるのと、その辺の一般人が入れるのでは、訳が違います。
私の方が、ずっと上手。
美味しいカプチーノにこだわる私には、正直これは許せるものではありませんでした。


でも、それだけです。残念だったのは。
お値段は、カプチーノ1杯2.60ユーロ。


メニューで欲しいものがあっても、時間制限があったりするお店もよくあるのですが、ここは、メニューに書かれているものは、なんでも注文できるとのこと。


まず、他の人が注文したもので、美味しそうだったのは、これ。
6種類もあるサラダのうちの一つですが、すごいツナの量でした。お皿の中央はくぼんでいて、そこにぎっしりツナ。こちらも食べ応えありそう。日本人的にはもう少し玉ねぎが薄切りだと食べやすそうですが。ドレッシング、美味しかったそうですよ。


IMG_5374.jpg


私が注文したのは、こちら。
クレープも、デザート系とお食事系があったので、二つあるお食事系のうち、ハム、チーズ、マッシュルームというのを選択。7.20ユーロです。安い!という印象はありませんが、まあ、朝食としてはこんなものでしょう。(もう一つは、鶏肉、ほうれん草、マッシュルームで、本当はこれでも良かったのですが。)

IMG_5377.jpg

半分に折りたたまれているクレープをちょっと開いてみました。

IMG_5379.jpg


とっても美味しかったです。家で朝食を食べずに出掛けたので、分量的にはいい感じ。もう少し分量が少なくてもいいくらいですが、サラダもソースは美味しいし、ハムがこれでもか、とたくさん入っているし(写真ではそうは見えませんが、ナイフで切ったときの切り口がハムだらけ)、マッシュルームが厚めに切ってあって、私は大満足でした。★★★★★


一人でポツンと入るには勇気が入ります。が、店員さんは親切な感じです。実際一人でいらっしゃっているお客さんもいました。年齢層も色々。小さな店内ですが、金曜日の午前中、ほどほど賑わっていました。

IMG_5371.jpg

La Chapelle
Alter Kornmarkt 1
93047 Regensburg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年2月 8日
« 前の記事「道路が凍結しています」へ
»次の記事「もし、土曜日の午前中、レーゲンスブルクの旧市街にいるなら、是非ドナウ市場に行こう!」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
雑貨屋さん・プレゼント専門店「良いものと素敵なもの」
今日はちょっと贅沢に、室内楽のコンサート
気になっていたお店に入って見ました。ドナウシュテアン
レーゲンスブルクの可愛いお店、ビリーズ・クラムラードル
岩に彫られた地下壕、シュヴァンドルフにあるのものはバイエルン州最大規模
帝国議会博物館へ行ってみよう
女性のための素敵なお店、台所関連 等
ローマの壁に鳥の巣が
ビールを飲みたい人のために
レーゲンスブルクの小さなカフェ、カフェ・バー

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集