海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月15日

バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!


バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!

バイエルン州歴史博物館 (リンク先は、ドイツ語の公式ホームページ)が、2019年6月5日にオープンします。
これは、1800年以降のバイエルンの歴史を紹介するための博物館です。


2011年に、バイエルン州の25都市の中からレーゲンスブルクが選ばれたのですが、その理由は二つあります。


    (1)重要文化財保護の観点と、エネルギー効率についてのレーゲンスブルクのコンセプトが認められた

    (2)バイエルン州の最初の首都に相当する町であった


もともと、ここは、ローマ人が軍事拠点を築いた頃、北東の端に位置していました。
1900年頃は、フンネン広場を中心に、建物が密集した場所でした。
1890年から第二次大戦が終わるまでは、穀物の倉庫があり、その後ドナウ市場が毎週開かれる他は、駐車場として使われていた場所。


2012年の9月に考古学的な調査がスタートし、18世紀の木製の建物の跡が見つかったり、焼け焦げたパンが見つかったりしています。
下の写真は、2013年9月の時点のものです。


IMG_1208.jpg

2017年の7月に、原因不明の火災が発生し、1000万ユーロもの損害を出しました。
当初、開館予定日は2018年の11月、自由国バイエルン州(Freistaat Bayern)設立100周年記念に設定されていました(1806-1918年は、バイエルン王国Königreich Bayern)が、2019年の今年、6月になりました。


入場料は、大人料金が5ユーロですが、6月一杯は無料だそうです。
(子供(18歳未満)は常時無料)
月曜日は閉館日です。


DSC08962.jpg

(写真は、2018年6月9-10日に開かれた、博物館祭の時のものです。)


2018年9月中旬に、展示品が搬入され始めましたが、第1品目は、5トンの重さのおよそ100年前に製造された蒸気機械でした。


その他の展示品としては、オクトーバーフェストでミュンヘンの醸造所Löwenbräuが、ビア・テントの上に1950年から40年間乗せていた高さ4mのライオンの装飾もあるそうです。


もう少し細かい情報は、オープンが近づいた時、またお知らせできると思います。お楽しみに。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2019年2月15日
« 前の記事「レーゲンスブルク大学構内にあるイタリアン、Das Unikat」へ
»次の記事「ドイツの高速道路A3 レーゲンスブルク〜ニュルンベルク」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
雑貨屋さん・プレゼント専門店「良いものと素敵なもの」
今日はちょっと贅沢に、室内楽のコンサート
気になっていたお店に入って見ました。ドナウシュテアン
レーゲンスブルクの可愛いお店、ビリーズ・クラムラードル
岩に彫られた地下壕、シュヴァンドルフにあるのものはバイエルン州最大規模
帝国議会博物館へ行ってみよう
女性のための素敵なお店、台所関連 等
ローマの壁に鳥の巣が
ビールを飲みたい人のために
レーゲンスブルクの小さなカフェ、カフェ・バー

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集