海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 意外や意外!でも素敵なカフェは、歴史博物館内にある...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月16日

意外や意外!でも素敵なカフェは、歴史博物館内にある!


意外や意外!でも素敵なカフェは、歴史博物館内にある!

レーゲンスブルクには、幾つもの博物館があります。
そんな中でも、古くからある、平凡で代わり映えのしない、どちらかというと退屈な(失礼!本当は私はこの博物館、個人的には嫌いじゃないのですが)博物館のなかに、カフェがあります。
そして、そのカフェは、素敵なんです。

IMG_7964.JPG


14時頃入ったカフェは、半分くらいうまっていたでしょうか。客層は、今日は少し年齢の上の女性が中心でした。細長い作りの淡いピンクのイメージのお店は、上品な感じで、確かにそういう人に好まれるものだと思います。決して、古めかしいという訳でなく、若い人でも十分楽しめます。

IMG_7959.JPG

ちょうど、従業員のお兄さんが、食事をするために座っていた席をわざわざ私たちのために空けてくれました。
本当は、奥にも席があったのですが、すぐ上の写真のように、少し暗い席でした。
窓側の良い席だから、ということで、結局私たちに場所を譲ってくれたのです。
好感度アップですね。(ついでに言うと、このお兄さんは甘い顔のいい男でした、はい。)


ネットの評価を事前に見ていたのですが、従業員は親切、という評価とは別に、少し値段が高いなどの声もありました。(私は良い評価はしっかり読み、悪い評価は読み流すようにしていますが。)


いつもの通り、私はカプチーノを注文。お値段は、2.90ユーロと普通。
本当は、ケーキを食べたいとは思っていたのですが、ショーケースをのぞいてみると、4種類ほどあったケーキの中で私に訴えかけるものがなかったので、やめました。

IMG_7957.JPG

カプチーノ、ミルクがこんなにこんもりとなっているのは珍しいタイプですね。
私的には、全体的に温度が低すぎて、味を楽しむ、と言う感じではなかったですが、一方で、このきめ細やかな泡(確かにキメは細かかったです)は、温度が上がりすぎると作れません。
でも、これってありなのかな、とも思いました。私はちゃんとコーヒーの勉強をした訳ではないので、少し???ですが。ちなみに、このコーヒーを入れてくれたバリスタは、イタリア人っぽい人でした。次に来た時に、一体どんなカプチーノがサービスされるのだろう???
今回、三人でお邪魔して、三人ともカプチーノ。三つのカプチーノが全く同じ状態だったので、失敗した訳ではなく、これが目指す姿のカプチーノだったはずです。このお店のカプチーノがいいか悪いかは、もう一度勉強してから、またチェックする価値がありそうです。


【追記】バリスタの資格を持つ義兄に聞いてみました。10年前のイタリアのカプチーノはそうだったというのです。歴史博物館が古いのと同じで、カプチーノのスタイルも古いのだと。が、彼は冗談混じりで答えていた(そういうタイプの人です)ので、どこまでが本当か分かりません。
そこで、彼の表現した"Bauschaum(←泡の形状についての表現)"という言葉を含めてドイツ語でネット検索をしてみたところ、あるドイツ人バリスタのコメントを見つけました。曰く、「良いミルクはクリーミーである」ということで、硬い泡立ちだとエスプレッソに絡まない、とのこと。きっとこれです。
多分、ここのカプチーノは、ミルクの泡がしっかりしすぎて、コーヒーに馴染まず、だから美味しくなかったのだと。(2019年5月17日 追記終わり)


今日のケーキは、私にとっては引き込まれるものがなかったのですが、ウエイターのお兄さんが食べていたサラダはとっても美味しそうでした。
帰宅後ネットでメニューを見てみました。
11.80〜12.80ユーロでサラダが3種類あり、それぞれ自家製のパンが添えられているようです。
値段的には、お買い得感はありませんが、食べ甲斐のありそうな素敵なサラダです。次回、食べるものに困ったら、私はサラダを注文しようかな、と思います。


5月も半ばだというのに、今日もまだ寒く(明日から気温は上がりますが)、残念ながら、中庭への扉は鍵が閉められていました。これからの季節、ゆったりとした中庭に出ることができると、このカフェの良さは一段と上がります。

IMG_7962.JPG


さて、このカフェに行かれる方、入口は、歴史博物館内ですので、ご確認ください。
正面玄関を入り、チケット売り場を右手に見ながらまっすぐ進むと、カフェのマークが入った案内板があります。

IMG_7966.JPG

この写真の部分を通り抜けてすぐ左です。


博物館そのものは、冷やかし程度に一度のぞいて見たいな、と思われましたら、毎月第一日曜日が無料です。
そして、気に入られたら、人が少な目の「その他」の日にじっくりご覧ください。尚、ローマ時代のものを見たい方は、平日午前中には、この部門は閉館です。ご注意ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年5月16日
« 前の記事「夜のマイドゥルト」へ
»次の記事「レーゲンスブルクのシナゴーグ」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
遅くまで太陽を楽しめる絶好の場所
良い季節です。ロッククライミングも大盛況。そして美味しい食事も忘れずに。

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集