海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 知らなければ良かった、大聖堂の秘密

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月23日

知らなければ良かった、大聖堂の秘密


知らなければ良かった、大聖堂の秘密

私は、レーゲンスブルク観光局の公認ガイド、という仕事をしています。
ですから、その辺のレーゲンスブルク人より知っていることだってたくさんあります。
例えば、大聖堂の双子の塔が財政難から完成されることなく、何百年もの歳月が経っていたものの、1859年から1869年の10年間で、当初の設計図通りに完成させられたことも。


ネットでニュースを読んでいて、その大聖堂の塔が完成して150年という記事に出会いました。
そう、確かに今年は、150年目の年です。


そして、さらに読み進めると、とんでもない事実を見つけてしまったのです。
大聖堂の上の方は、コンクリートで出来ている、と聞いたことがあったことを思い出しました。
まさか、そんなことはないと信じていたのに。(あら、いきなり結論です。知らなければ、いいのに、知ってしまった。コンクリートがふんだんに使ってある事実!)

IMG_1509.jpg

大聖堂は、石灰岩と、緑色砂岩で作られています。
そして、この塔は、財政難のために完成させられることなく、長い年月が経っていたのですが、ルートヴィヒ1世が、19世紀に完成させたのです。
それはいいのですが、残念ながら、素材が緑色砂岩であったため、かけらが落ちてくることもあり、歩行者に怪我を追わせる可能性が、という心配に達したのだそうです。世界大戦の頃には、この塔を壊すことも検討されていたようです。その解決法として、少しずつにコンクリートを吹きかけて固めた、という訳です。なんとこの塔の部分の80%はもうオリジナルではないと。(また、駄目押しのように、知りたくない事実が出てきてしまいました。)


実際、この塔を間近で見るチャンスは普通はありません。
私の場合、ガイド仲間が、石工さんの友達がいるとのことで、仲間内で、案内をしてもらったことがあります。2013年の10月のことでした。
その時の写真をいくつか、紹介したいと思います。

IMG_1475.jpg

赤い服の人が歩いていますが、とっても狭い通路です。ほぼこの位置から下を見下ろすと、(大聖堂の北側)ホテルビショッフホーフのルネッサンス様式の窓が見えたりしています(下の写真、右上の白い壁にピンクのアーチがある窓です)。

IMG_1476.jpg


現大聖堂は、3代目です。2代目のロマネスク様式の塔をクレーンの代わりに使って石材を持ち上げた、という話を、私はガイドする際になるべくお話をしようとしています。
IMG_1480.jpg

その時、この塔の最上部に木造の滑車を用意して、そこにロープをつなげ・・・と説明するのですが、その滑車がこれ、これです。(写真↓)

IMG_1467.jpg

IMG_1466.jpg

この滑車はどこにあるかというと、大聖堂の屋根裏みたいな場所です。
ちょどそこから、下を覗くことができます。すると、大聖堂の西側の入り口のすぐ上に位置することがわかります。

IMG_1461.jpg

ちなみに、ここにたどり着くためには、ロバの塔と呼ばれる、ロマネスク様式の塔の内部(螺旋状になっています、写真↓参照)を上に上がり、

IMG_1439.jpg

2枚目の写真で赤い服の人が歩いている、あそこを歩いて行くのです。途中に、外から中に入るための扉があり、そこを入ると、屋根裏になっています。

IMG_1451.jpg

大聖堂の石の中には、石工さんが何かしら刻み込んだ石もあったりするのです。ここは、1972〜1979年の改築についてが刻まれています。


螺旋階段を登って

IMG_1494.jpg

登って

IMG_1502.jpg

途中、大聖堂の端々にある彫刻を見ながら、こんな高いところにあっても、誰も見ないのに、と思いながら


IMG_1505.jpg

IMG_1507.jpg

IMG_1521.jpg

とうとう、上から、眺める。

IMG_1508.jpg

IMG_1510.jpg

IMG_1512_2.jpg

IMG_1473.jpg

これが、大半をコンクリートで吹き付けてしまった部分なのね、と改めて写真を見てみる私。

IMG_1516.jpg

IMG_1515.jpg


でも、この大聖堂は奥が深い。ここしばらくで、何気にいくつもの大聖堂を見てきましたが、やはりレーゲンスブルクの大聖堂は素晴らしい。
今日は、古い写真を引っ張り出し、普段公開されていない大聖堂の詳細をご覧いただきました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2019年5月23日
« 前の記事「やっと五月の陽気」へ
»次の記事「レーゲンスブルク初心者へお勧めのカフェ、ゴールデネス・クロイツ」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
遅くまで太陽を楽しめる絶好の場所
良い季節です。ロッククライミングも大盛況。そして美味しい食事も忘れずに。

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集