海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 第23回 レーゲンスブルク市民祭

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月 3日

第23回 レーゲンスブルク市民祭


第23回 レーゲンスブルク市民祭

隔年で行なわれるイベントですが、かなりの大規模。
交通規制も激しく、旧市街内の車の通行制限がある一方、公共の交通機関、つまりバスの一部路線変更と増便が徹底しています。
6月28日の金曜日の17時半にスタート、土曜日も朝はまだまだ落ち着いていますが、12時ごろから徐々に盛り上がり始め、街全体がお祭りモードです。なんせ、26箇所ものステージが、広場だろうが、道路の端だろうが、ドナウの中洲にも、可能な場所を埋め尽くすように設置されています。そこで繰り広げられる380ものプログラム。

IMG_8892.jpg


事前にプログラムをチェックした私は、二人の若い男の子のジャズを聴きに、土曜日の夕方出掛けました。間に2回ほど休憩を挟み、1時間50分くらいのステージ。到着して舞台はどこかな、と探すと、なんと、数個のダンボール箱(椅子として)が置いてあるだけ。演奏中も、人々は大きな舞台へ向けて通り過ぎて行くのですが、通りがかりの人が全て振り返り、Wow!!という表情をしたあと、幸せそうに微笑んで行くのです。アットホームというか、とっても小さな演奏会でしたが、その演奏そのものは、本物のジャズでした。


プログラムに記載されていたのは、ギター二本で、20歳と15歳の男の子たち、ということでしたが、なんと、15歳のギターの子の相棒として登場したのは、2年前あたりからステージに立ち始めた、13歳の男の子。そして、彼が演奏するのは、クラリネットとアルトサックスです。


幼さが残る年齢の子供がクラリネットにサックスを、あどけない顔で淡々と吹くんです。もうたまりません。無表情なのに、一曲が終わると、ニコッとするその表情、もう私はメロメロになりそうです。
プログラムもちゃんとあるわけではなく行き当たりばったりで、次は何を演奏しよう、と二人でいちいち相談しながらでした。

IMG_8991_toy.jpg

楽器ケースが広げておいてあるわけでもないのに、途中で硬貨を足元に置く人がちらほら現れます。それが一通り溜まった頃、お金をもらった嬉しさと照れ臭さが表情に出ちゃったりして、ああなんだ、まだまだ子供なんだな、と思わせる場面。そのままにしておけばいいのに、時々全部ポケットにしまっちゃって。
でも、心配しなくても、また誰かが小銭を置いてくれる。

二人の男の子たちのすぐそばには、カントリーミュージックやロックを演奏するグループのステージ。ものすごい観客数。踊ったり、一緒に歌ったりとすごい盛り上がり。雰囲気全く異なります。

IMG_8944.jpg


やはりほど近い場所に、望遠鏡を覗ける場所もありました。天文学者のヨハネス・ケプラーゆかりの地であるレーゲンスブルク、プラネタリウムも目立たないですが、あります。望遠鏡が何台か設置されていましたが、一体何が見えたのでしょう?

IMG_8940.jpg

大きなクレーンがあり、ゴンドラに乗って、上からレーゲンスブルクの旧市街を眺める、というコーナーもありました。大人5ユーロ、子供3ユーロだったと思いますが、料金を支払い、体験するコーナーです。結構上空でゆっくり眺める時間があったように思います。

IMG_8936.jpg


面白いのは、ドイツ最古の帽子屋さんとしても有名なフーット・キューニッヒ(Hut König)です。
お店の外に、ものすごく派手にデコレーションされた帽子があり、たくさんの人が寄ってたかっては喜んで被って、そして購入して行きます。そういえば、確かに街中ではこんな帽子をかぶった人にたくさん出会います。
どうやら、これは、慈善事業として利益の一部が寄付されるような形のようです。


IMG_8889_toy.jpg


せっかくだから、ついでに店内にも入ってみました。仕事で私もここにはよく来るのですが、商売繁盛!という感じ。たくさんのお客さんで賑わっていました。その雰囲気から、私まで思わず帽子を購入しちゃいました。


それにしても、店員さんの帽子も、なんとも派手で素敵です。綺麗なお姉さんだから、余計素敵に見えるのでしょうか。

IMG_8891_toy.jpg

三日間を通じて、晴天に恵まれました、というか、気温が30度を日中は楽に超えているので、大変。夕方涼しくなった頃の賑わい、石橋をわたるのも、ゆっくり前の人を押さずに順番にね、という感じ。旧市街内は、車も一切通らないし、堂々と歩ける一方で、自転車が旧市街の外に所狭しと並んでいます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年7月 3日
« 前の記事「フォルクスワーゲン・ビートル(カブトムシ)の集い」へ
»次の記事「レーゲンスブルク東部地区、レン広場周辺」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
バイエルン料理のレストラン、アウアーブロイに行きました。
ドイツ人と誕生日
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクに二件ある、カフェ・ショリー(Jolie)
第37回 バイエルン・ジャズ・ウィークエンド
レーゲンスブルクのカフェ、ゴールデネス・クロイツ
高速道路が週末通行止になりました
レーゲンスブルクでのビジネスチャンス!
庭にお客さん

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集