海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > プルーフニング城

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月22日

プルーフニング城


プルーフニング城

名前は聞いていましたが、6年もの改築のため、ずっと閉鎖されていたお城。
先日内部を見学してきましたので、ご報告します。


レーゲンスブルクの外れ、すぐ西にある地区、プルーフニング。
そこは、新石器時代も、青銅器時代後期も、ケルト人の時代も、ローマ時代も、ずっと人が居住していた、そんな歴史的な地区なのです。


12世紀の頭に建設が始まった、修道院プルーフニング。この辺り一帯で、最も古いロマネスク様式の教会です。
ベネディクト会の修道会ですが、ベネディクトは、ドイツでは最も古い修道会なのだそうですね。レーゲンスブルクにあるお城、トゥルン・ウント・タクシスのところにある聖エメラム教会と共に、天文学や自然科学の中心となっていたようです。


レーゲンスブルクには昔8個の水源があったようです。ところが、細菌が繁殖し、病気が流行したことがあったのですが、その時、プルーフニングの水だけは無事だったそうです。配管が他の水源とは異なるもので、深いところに張られていたために、菌が入ることがなかったからなのですって。


神聖ローマ帝国の時代には、皇帝代理として議会に立っていたトゥルン・ウント・タクシスがこの建物を買い取り、帝国議会出席者のための宿泊の場としました。


当時のフレスコ画の一部は、18世紀、19世紀に色が塗り直されていますが、その他は、保存加工がなされただけで、オリジナルが残っているというから、すごいですね。

IMG_9249.jpg

IMG_9261.jpg

例えば、上の写真も、そんなオリジナルな絵の一つです。補足したり、色を追加せず、保存加工のみ、というものです。


修復はされていますが、素晴らしいロマネスク様式のフレスコ画もたくさんあります。

IMG_9262.jpg

IMG_9291.jpg


この彫刻は、初期ゴシックの当時の作品の中でも、最も有名なものの一つだそうです。

IMG_9250.jpg

IMG_9251.jpg

作った人は、レーゲンスブルクの大聖堂の彫刻にも携わっていると言います。


祭壇は、1610年のルネッサンス様式。当時、プルーフニングは、芸術と一般教養の中心であった、そんな時代なのだそうです。


椅子は、バロック。
IMG_9284.jpg

IMG_9286.jpg


パイプオルガンもなかなか立派なものです。レーゲンスブルクにあるオルガンの中でも最も古いものの一つ。

IMG_9293.jpg


今回6年間に及ぶ大掛かりな修復作業を行う際、いくつかの大きな問題にぶち当たったようです。例えば、屋根の修復などのために必要な外側の足場の設置そのもの。なんせ土地が、トゥルン・ウント・タクシス公爵一家に所属しているということ、修復作業そのものより、足場を組むこと自体が、より高額だったとか。


2018年5月に900周年を迎えたこの教会、皆さんももし機会に恵まれたら、是非是非見学してください。(普段は一般公開をしていませんが、もしかしたらお友達の結婚式などで内部に入るチャンスがあるかもしれません。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2019年7月22日
« 前の記事「夜中までも盛り上がる、ジャズウィークエンドと旧市街の夜景」へ
»次の記事「小さな醸造所、そしてそこで行なわれる醸造コース」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
バイエルン料理のレストラン、アウアーブロイに行きました。
ドイツ人と誕生日
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクに二件ある、カフェ・ショリー(Jolie)
第37回 バイエルン・ジャズ・ウィークエンド
レーゲンスブルクのカフェ、ゴールデネス・クロイツ
高速道路が週末通行止になりました
レーゲンスブルクでのビジネスチャンス!
庭にお客さん

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集