海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 夜中までも盛り上がる、ジャズウィークエンドと旧市街...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月22日

夜中までも盛り上がる、ジャズウィークエンドと旧市街の夜景


夜中までも盛り上がる、ジャズウィークエンドと旧市街の夜景

今年38回目を迎える、バイエルン州最大のジャズフェスティバル。
いくつかのステージを見てきましたので、ご報告します。


金曜日の夕方17:30頃からあちこちのステージで素敵な音楽が聞こえ始めます。

IMG_9328_toy.jpg

私は、その中でも、まず最初にトロンボーンがメロディーを奏でるグループの演奏に的を絞りました。
金曜日の夕方、コーレンマークトでのステージです。
IMG_9323_toy.jpg

曲の感じもなかなか心地よく、いつまででも聴いていたいと思わせるバンドです。トロンボーンは、普段は目立たないですが、本当かっこいい楽器ですよね。私も中学時代の3年間吹いていましたが、やっぱり好きです。


土曜日のお昼は、ビルマルク広場でのDr. Jazzというバンドの演奏を聴きました。トランペッターは、うちの近所の吹奏楽やギムナジウムでトランペットの先生をしているアンディ・メデアル氏です。
IMG_9343.jpg

やっぱり、プロですよね。彼が練習している隣の部屋で私もトランペットを練習したことが何度もありますが、やはり、プロの音は、どんな単純な音階やスケールにしても全く違います。ステージ上では、ミュートの使い方も最適で、曲の表現がすごい。いや、この人に限ったことではないのですが、やはりトランペットの良さを表せるのは、そんじょそこらのトランペッターでは無理です。奥が深い楽器ですよね。彼は、昨年は、ラテン系のノリのバンドの仲間としての出場でしたが、今回のグループの方が、私は好きでした。


そして土曜日の夜は、ハイド広場を通りかかりました。私が街に出た時間が遅かったので、音楽のスタイルがモダンすぎて、私には合わなかったのですが、街の賑わいは最高です。

IMG_9356.jpg

街中には、若い人が多いので、そういうモダンなジャズが多いのだと思います。


街中のあちこちにステージがあるのですが、それだけでなく、街全体が賑やかです。

IMG_9366.jpg

IMG_9367.jpg


街中を歩いていて、こんな素敵な看板も見つけました。
IMG_9371.jpg

「アルコールは、問題を解決してくれない。しかし、それはミルクも同じ事だ。」


日曜日のお昼は、街に出そびれましたが、夜お目当ての演奏を聴きに出かけました。
予告編の最後で紹介した20時スタートのビッグバンドの演奏は、私の好みのスタイルでなかったので2曲しか聴きませんでしたが、私が所属するビッグバンドの指揮者も演奏する関係で、知っている人がたくさん観衆の中にいました。

IMG_9397.jpg

曲が私の好みでなかったので、38回のジャズウィークエンド全出席のバンド、Landschuter Dixieland-Stammtischの演奏を聴きに行くことにしました。
IMG_9429_toy.jpg

どうせ、知っている曲もいくつもあるのはわかっていますが、それでもいいんです。
いつも混んでいますが、奥まで割り込むと、立ち見席ですが、どこかしらに小さな空きを見つけることが出来ます。だから、どんどん入って行きましょう。(座ってしまうよりは、よく見えるのでは、と思います。)
観客の年齢層は少し高いようですが、ノリが良く、曲に合わせて踊るペアーもたくさん。常連の観衆も多そうです。


お決まりの、ルイ・アームストロング、What a wonderful Worldも、聴くことが出来ました。あのトランペッター、本当に声が素敵なんです。これを聴かずにジャズウィークエンドは終わりません。


旧市街内は、22時以降は大きな音を出したらいけないようで、このジャズの祭典でも、時間厳守。あと5分くらいで22時というときに、一旦楽器をしまい始めてしまい、流石にもうダメだろうな、と思っていたら、観衆の大きなアンコールに応えて、もう一曲演奏してくれました。
熱烈なファンが多いこのバンド、来年も絶対聴きに来ようと、改めて思いました。


今回のジャズウィークエンド、私は3日に渡って、4回街中に居ましたが、雰囲気を味わうには、土曜日の夜が絶対おすすめ。どのバンドがオススメかは、好きな音楽のジャンルによるのですが、私がやはり好きなのは、今回も最後のご紹介しました、Landschuter Dixieland-Stammtisch。
毎年、必ず、日曜日の19時半から22時まで、Hinter der Griebという通りにある、AMORE, VINO & AMICI(このお店の入っている建物については、重要文化財の視点からこちら ですでにご紹介しています)というお店の中庭で行われます。


レーゲンスブルクにお住いの皆さん、来年のジャズウィークエンド、是非是非お出かけください。そして、日本にお住いの皆さん、よかったら、是非この時期早めにレーゲンスブルク訪問をご計画ください。そして、ゆっくりレーゲンスブルクを楽しんでください。ジャズ好きでしたら、これだけたくさんのステージが無料で、素敵な街の雰囲気も楽しめるので、絶対にオススメです。(雨だと嫌ですけどね。今年は、気温もちょうど良く、最高の天気でした。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年7月22日
« 前の記事「ドイツ最古の音楽学校、卒業演奏会のお知らせ【予告】」へ
»次の記事「プルーフニング城」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ドイツ人と誕生日
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクに二件ある、カフェ・ショリー(Jolie)
第37回 バイエルン・ジャズ・ウィークエンド
レーゲンスブルクのカフェ、ゴールデネス・クロイツ
高速道路が週末通行止になりました
レーゲンスブルクでのビジネスチャンス!
庭にお客さん

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集