海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > バイエルン州歴史博物館と旧市街内の雑貨屋さんなど(...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月25日

バイエルン州歴史博物館と旧市街内の雑貨屋さんなど(10歳男子と旧市街を歩くなら①)


バイエルン州歴史博物館と旧市街内の雑貨屋さんなど(10歳男子と旧市街を歩くなら①)

三人兄弟の末っ子と母親である私が、久しぶりに2人っきりになりました。
天気もいいし、暑すぎず、プールに行きたいけれど、病み上がりの私には無理。
そんなところで、今日は自転車でレーゲンスブルク旧市街を満喫する事にしました。


お子様連れで旧市街にお出掛けになる方の参加になるかもと思い、いくつかのお店を紹介します。
(私達は、他にも数件回っていますが、子供につまらないお店はブログ上での紹介は省きます!)


夏休みなので、旧市街は結構混み入っていました。気温は天気予報によると、最高気温25度。
(500mlの水を持参しましたが途中で追加購入!旧市街内で過ごした時間は、およそ11時半から16時です。)


自転車は、シュタットアムホーフに留めました。そして、手を繋いでデートの始まり、始まり!


ドナウの川にかかる石橋を渡りきり、まず目指すは、バイエルン州歴史博物館 (リンク先は、2019年7月の記事です)。
子供達は、一般的に博物館は嫌がるのですが、ここは子供は無料。6月にオープンしたばかりだから、ちょっと行ってみようよ、と出掛けました。
どうせ学校のクラスでいつかは行く事になるから、つまらなかったら、すぐに出ればいいから、と言うと、それなら、と行く事になりました。親の私としては、しめしめ、です。


子供も楽しいものがほどほどあるので、そこだけをかいつまんで見ます。つまり、それは、最新テクノロジーのなせる技を使った部分が中心ですが、少しは勉強になる部分もあります。それでも、1時間は簡単に過ぎ去りました。


まずは、360度パノラマの映像を半分ちょっと見てから、展示会場へ。王様(ルートヴィヒ1世や2世などの話)には興味がないものの、一応通りかかる時に、私に気になるものがありました。前回、前々回と見逃していた、ルートヴィヒ2世が、湖に沈んだその日に持っていた傘。

IMG_9947.jpg

パノラマが楽しめる、と言うドイツの中でも最も大きいガラスの一つと言われる(80平米、6.6トン)部分を外から撮影してみました。
IMG_9953.jpg

さあ、1時間も博物館を回るとお昼ご飯は13時となりました。朝食が遅かったとはいえ、お腹が減ります。本人の希望も聞きましたが、結局食べたい!というのは、ケバブです。レーゲンスブルクで何軒かあるお店のうち、我が家が行きつけなのは、ハイド広場にあるお店、ロカンティーナ です。
です。4ユーロでお腹いっぱいになります。スタンプカードがあって、10個のケバブを食べると11個目は1つプレゼントしてもらえる、そんな制度です。ここでテイクアウトをし、ハイド広場のど真ん中で食べました。ちなみに、ベジタリアン用は3ユーロ。バンズというと、あの、パンですが、お店で手作りですよ。11時開店したてのお店の奥では、まだたくさんそんなパンを作っています。
なんと、深夜2時まで毎日営業しています。私も知りませんでした。いつも、お世話になっているのに。

お店の基本情報です!


住所 : Haidpl. 6 (旧市庁舎から少し西に行ったところにある二等辺三角形のハイド広場の隅っこです。)
営業時間 : 毎日11-26時まで

さあ、お腹が一杯になった所で、次はいくつかおきまりの雑貨屋さんをチェックです。我が子はあまり旧市街に出掛けるチャンスがないので、久しぶりですから、いつも大体似たところに出かけます。

IMG_9966.jpg

IMG_9958.jpg

入って直ぐに、カバンがあります。結構素敵なものが多いです。これは、109ユーロ。12歳の息子が、学校へ行くカバンとしてどうかな、と思いました。
皮製のカバンは、奥の方にあります。皮の鞄で安価かつ良質の!と言うのであれば、鞄専門店がオススメですが、素敵なカバンはこのお店にもたくさん。


IMG_9959.jpg

正直、ビール瓶の栓を引っ付けるためのマグネットがついたこんな商品、22ユーロは高すぎですが、素敵ですね。(はい、ビール好きにはいいアイディアだと思います。)

IMG_9963.jpg

これは、息子が気になった一品。中央の消化器、「火」ではなく、「汚れ(Dreck)」を消すためのものだそうです。その右側の金たわしを乗せるものも、なかなか良いですよね。


IMG_9960.jpg

要らないですが、爪楊枝のスペンダー。左がペリカン、中央がクジラ、右はミスター・ヘルプ。


IMG_9961.jpg

卵を卵黄と卵白に分けるためのものです。本当にうまく行くのかしら。何年も前からずっと店頭にあります。気になりますが、使ったことはありません。


IMG_9962.jpg

ハリネズミ型のおろし金(プラスチック製)。可愛いですね。こう言うタイプの台所グッズも充実しています。いろいろなアイディア商品がありますが、正直どれもこれも少し高いです。(欲しくなるけれど、値段を見て、手が引っ込みます。)


IMG_9964.jpg

ティーンエイジャーが喜びそうな商品。類似品が日本の百金であるでしょうね。多分。素敵、でもお値段が大概ちょっと高すぎ。


IMG_9965.jpg

そう、このお店は、私も大好き。団体旅行客の皆さんにも、よくご紹介しています。くだらないけれど、素敵なものがたくさん。カラフルでちょっと楽しいお店。買うよりは、見るだけで十分かもしれませんが、旅の思い出に、意外といいお店だと思います。しかも、旧市庁舎の直ぐそばで、団体旅行客の自由行動の短い時間でも行きやすいお店です。

お店の基本情報です!


店名 : UMPRECHT
住所 : Neue-Waag-Gasse 1(旧市庁舎のすぐそば!)
営業時間 : 月〜土曜日 10-19時


次はおもちゃ屋さん、セルマイヤーです。団体旅行のお客様には、川下通りっていう通りですよ、とご案内する通りです。ドイツ語では、この通り、Untere Bachgasse となります。

IMG_9975.jpg

可愛い人形も、ぬいぐるみもあるし、
IMG_9971.jpg

IMG_9970.jpg


幼稚園児向けのカバンも素敵。
IMG_9973.jpg


4歳から10歳までの子供を対象とした要塞が店内にあり、そこに登ることもできるのですが、これも子供には魅力的。我が息子10歳は、特別体が大きいわけではないのですが、ハシゴが狭くて苦労したみたいです(苦笑い)。


ガイドの私にとって興味深かったのが、商品の陰にこんなものが。

IMG_9972.jpg

そう、ゴシックの曲面天井、リブ・ボールトの一部です。さりげなく、ゴシック。さりげなく、重要文化財!という感じですね。


お店の基本情報です!


店名 : Selmaier
住所 : Untere Bachgasse 2(旧市庁舎から近くです!)
営業時間 : 月〜土曜日 9時半-18時半(土曜日は18時まで、日曜日は定休日

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2019年8月25日
« 前の記事「ホームパーティーに持ち寄る料理」へ
»次の記事「食器や雑貨を扱う素敵なお店BUTLERSと大聖堂前のアイスクリーム屋さん他(10歳男子と旧市街を歩くなら...」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
シュトラウビングの市民祭、ゴイボーデンフェスト
レーゲンスブルクで泳ぐ
ネパール・ヒマラヤ・パーク
ドナウ川の水量が下がっています
夜のレーゲンスブルク

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集