海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ヨーロッパ最大の陶器市に行って来ました。

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月13日

ヨーロッパ最大の陶器市に行って来ました。


ヨーロッパ最大の陶器市に行って来ました。

ここレーゲンスブルクから一時間半程北に行くと、チェコとの国境の近くの町、セルブに到着します。
毎年8月の最初の週末に、ヨーロッパ最大の陶器市があるのです。


セルブはとっても小さな町。人口が15000人ほどです。
1850年代から陶器産業が少しずつ発達していった、そんな町。
土曜日には400もの、そして日曜日には100の出店者があり、しかも、陶器の有名メーカーのアウトレットも、この週末ばかりはオープンしている、というから、行って見る価値は高いと思います。


私は、2年前(2017年)の土曜日に続き、今年(2019年)の日曜日に行って来ました。(ちょっとご報告が遅れましたが、1週間前の週末のことです)
IMG_2235_toy.jpg

土曜日と日曜日は、少し違うと思います。
土曜日だと、ものすごい人混み。トイレも長蛇の列。出店者が多く、町中所狭しとお店が並んでおり、ライブミュージックも派手。日曜日は、少し隙間があり、陶器以外のお店も隅にはいくつか並んでいます。出店数が少ないことは決してデメリットではありません。混みすぎず、でも、十分楽しめる、そんな適度な状態です。
アウトレットは、町の外れですが、目的のものがあれば、最高の環境です。

IMG_9552_toy.jpg


ドイツではThomas というメーカーも非常によく知られています。ローゼンタールのグループ企業です。我が家で使っているのは、Arzberg(アーツベルク)というメーカーで、こちらも同じグループ企業。いくつもあるシリーズもののうち、我が家で使っているのは曲線の美しい、そしてシンプルでホテルなどでもよく使われるシリーズ。今回も足りない分の補充をしました。アウトレットに限らず、昔ながらの有名なメーカー、有名なシリーズ、欲しいものがあれば、普通に出店者から買うことができます。


アーツベルクのコーナーでは、こんなに美しいカラフルな売り場もありました。(我が家はシンプルな白いお皿を利用していますが、こんな元気なお皿もいいですよね。)

IMG_9563.jpg

IMG_9562.jpg


そんなお買い物中に、アスパラガス用のお皿もありました。初めて見たのですが、これってアスパラガス用のお皿?それともステーキをのせるお皿?とおもいましたが、やはりアスパラガス用です。

IMG_9564.jpg


今年はそのほかで気になっていたのは、ティーポットです。
コーヒー大好きな我が家にも、コーヒーを飲まない(飲めない)お客様が来ることもあるのですが、素敵なティーポットが数年前に壊れて以来、お客様に出せる美しい物が無かったからです。
そんな欲しかった部分を満たした他、腹ごしらえもしっかりしましたよ。


IMG_9553.jpg

長い長い焼きソーセージの入ったパンです。レーゲンスブルクの焼きソーセージに慣れていると、この長さにはビックリさせられます。一方で、ここまで長い必要がないのにな、とも思いました。つけているのは、レーゲンスブルクでは甘いマスタードであるのに対し、こちらでは、辛子マスタード。同じ焼きソーセージでも、色々なのですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年8月13日
« 前の記事「月曜日も開いている、シュタットアムホーフのピザ屋さん、マリーナ」へ
»次の記事「ホームパーティーに持ち寄る料理」 へ
おすすめ記事
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ホームパーティーに持ち寄る料理
ヨーロッパ最大の陶器市に行って来ました。
月曜日も開いている、シュタットアムホーフのピザ屋さん、マリーナ
レーゲンスブルクの醸造所、シュピタールについて
某芸能人もお買い物をしたお店、ブティックKult
またまたシュタットアムホーフの職人さんのお店を紹介します!Kussというお店です!
シュタットアムホーフの帽子屋さん、lilo(リロ)
どこで泳ごうかと悩んだら。天気が良ければ、そうでなくてもオススメ、エアティーバート
1年前の同じ月に投稿された記事
シュトラウビングの市民祭、ゴイボーデンフェスト
レーゲンスブルクで泳ぐ
ネパール・ヒマラヤ・パーク
ドナウ川の水量が下がっています
夜のレーゲンスブルク

[an error occurred while processing this directive]

ドイツ ツアー最安値


2019/8/20更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集