海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 【期間限定】9月28日まで無料解放、大聖堂すぐ南東...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月20日

【期間限定】9月28日まで無料解放、大聖堂すぐ南東の聖ウルリヒ教会を見逃すな!


【期間限定】9月28日まで無料解放、大聖堂すぐ南東の聖ウルリヒ教会を見逃すな!

レーゲンスブルクに住む人、この町を、この期間に訪れる人、是非是非行っておきたい珍しいスポットをご紹介します。
それは、大聖堂のすぐ南東にある、聖ウルリヒ教会です。


この教会は、大聖堂よりも歴史が古く、初期ゴシック様式のもので、教会としてでなく、長い間博物館として使われておりながらも、ここしばらくは改築を理由に内部に入ることが出来ませんでした。それが、なんと、期間限定で、一旦内部が公開されているのです。
展示物としては、今年、大聖堂の双子の尖塔完成150年を記念したものになります。


IMG_0885.jpg

聖ウルリヒ教会そのものも、なかなか素敵な教会です。これ↓は内部から西にある正面入り口の上の部分を撮影したものです。
IMG_0890.jpg


これ↓は、博物館として、今回の展示物の一つ、大聖堂の石工さん作業場から大聖堂を見た状態が背景に、つまり、東から大聖堂をみた状態、そして、石工さんの道具などの展示です。現代でも、中世と同じように手作りの道具での作業になります。
IMG_0891.jpg


そして、大聖堂の尖塔が造られた1859年から1869年の様子。この頃、写真撮影が可能となり、その工事の様子を逐次写真に収めていたのだそうです。
IMG_0893.jpg


聖ウルリヒの今回の展示は、
月曜日から土曜日まで、11.00-17.00(木曜日は 19.00まで)公開されています。
日曜日と祝日は、12.00-17.00 。入場無料です。


そして、何回か企画されていたガイド付きツアーですが、あと1回開催される予定です。9月28日(土)の14時半。こちらは6ユーロかかります。
前回19日(木)に私は参加してきましたが、ガイドさんが化学反応についてや地質、中世のガラスの製作についても詳しく、一体何を専門としている人だろう?と思いました。大学の先生みたいです。兼大聖堂専属ガイドさん。知識の丸暗記でガイドをするのではなく、ご本人の興味と専門を元に勉強されたのであろうその豊富な知識は、非常に興味深く、いい勉強となりました。私もいつも疑問に思っていたことのいくつかの回答を提示してもらうことができました。大聖堂について何も知らない人が参加すると、理解しにくいこともたくさんあるかもしれません。レーゲンスブルク市民の一般常識として、こんなに求められるの?と思うくらいの情報を、ツアー参加者が知っていることを前提に話されていたのが少し気になりますが、私が参加したツアーは、観光局公認ガイドの同僚がたくさんいて、そんな意味では、私たちにとって、レベルの高い良い学習の場となりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2019年9月20日
« 前の記事「【予告編】大聖堂の尖塔完成150周年を記念してのライトアップ」へ
»次の記事「ジャズコンサートのお知らせ。(11月23日マリーナフォーラムにて)」 へ
おすすめ記事
レーゲンスブルク特派員 新着記事
夜ちょっとお洒落に一杯飲もう!Mea Café Bar
硬水と生活するために、カビ知らずで生活するために(駐在員さん達でお困りじゃあないですか?)
キノコ狩りの季節です
秋晴れの週末! オススメのお散歩コース、昼食〜ヴァルハラ神殿〜ワインの産地
閉店のお知らせ(歯に関するケア用品専門店)と後継者不足の話
3日間蚤の市 3-Tage Dultplatz Flohmarkt
秋晴れを利用して、そろそろクリスマスプレゼントを用意しましょう
本当に美味しいりんごジュースを飲むには? (Nargler)
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクからすぐ東にある、ノイトラウブリングで音楽イベントが行われました。

ドイツ ツアー最安値


2019/10/23更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集