海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 歴史あるミュンヘンの動物園「ヘラブルン」は、実は結...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月10日

歴史あるミュンヘンの動物園「ヘラブルン」は、実は結構イケる!


歴史あるミュンヘンの動物園「ヘラブルン」は、実は結構イケる!

1911年開園という歴史あるミュンヘンの動物園。
レーゲンスブルクから日帰りで行ける3つの動物園のうちの一つです。


ここは、ゲオ動物園、つまり、地理的に動物を配置し、つまり一種類の動物が一箇所に固まっているのではなく、元来同じ地区に住む複数の動物が一箇所に、というコンセプトの動物園の先駆者なのだそうです。


そんなお堅いいことは良しとして、肝心な本題に入ります。

DSC02600.jpg

正直言って、日本の一般的な動物園と比較してどうのこうのは言えませんが、どうやら、動物との距離が近い!
もちろん動物次第ですし、天候次第で、動物が近くまで出て来ているか、または活動的か、寝たままか、など、色々あると思います。
でも、施設としてはうまく出来ているのだと思います。

DSC02687.jpg

DSC02582.jpg

IMG_0510.jpg

IMG_3462.jpg


水族館も素敵でした。
IMG_0447.jpg

IMG_0451.jpg


おにぎりや、林檎、ブドウなど、ちょっとしたおやつや食べ物を持参するべきだとは思いますが、現地でちょっと軽食を!というのももちろんありです。冬場はお店が限られますが、この季節でしたら、ちょっと歩けば何かしら食べ物に出会える感じです。例えば、フライドポテトは小さな袋に入って4ユーロです。

トイレもあちこちにあります。たくさん歩くので、子供連れの方は、ご褒美のおやつは必須です。飲み物もしっかり持参しましょう。途中で飲み水が汲める場所が一箇所ありました。ちょうど空いたペットボトルがあったので、早速補充しておきました。これで一安心。


入園料は、大人16ユーロ、4〜14歳の子供が6ユーロ。小さな家族、として大人一人、子供一人で19ユーロ、大きな家族として、大人二人と同世帯の子供達(4〜14歳)で33ユーロです。


子供が途中でたくさん体を動かして遊べるコーナーもあります。特に大きな滑り台は大人気。
IMG_0538.jpg

小さな滑り台を含むアスレチックも魅力的。


吊り橋も子供は大好き!
IMG_0546.jpg


ニュースとしては、象の赤ちゃんが2020年の秋に産まれる予定とのことです。象は22ヶ月もお母さんのお腹の中にいるんだそうですね。生まれてくるのは100kgの赤ちゃん象で、ミュンヘンの動物園では8年ぶりの赤ちゃんだそうです。


前回、と言っても数年前に行ってから、そのあとで象の施設が新しくなっているのですが、とっても素敵なモダンな造りです。象を上から眺めることも出来、食事をしている様子も近くでしっかりみることができ、なかなか良いです。
私が、外にいる象を見たときは、一体何が変わったのかな、なんて思っていましたが、建物の中に入ることができるようになっていて、象についてたくさん勉強出来るようになっています。(情報がたくさん!)

IMG_0579.jpg

IMG_0587.jpg

あとは、コウモリのスペースも特別ですね。内部での写真撮影は禁止ですが、外見はこんな感じ。
IMG_0559.jpg

中に入ると、たくさんのコウモリが飛んでいて、頭をかするくらいの勢いで飛んでいます。特殊なライトで、コウモリの様子ははっきりは見えませんが、雰囲気は最高で、興奮します。


私の大好きなライオンは、昔は一頭しかいなかったと思うのですが、二頭いました。ちょっと距離は遠かったですが。
IMG_0475.jpg

ドイツは、秋の過ごしやすい季節になりました。お時間があれば、動物園まで、お出かけになってはいかがですか?

Münchener Tierpark Hellabrunn AG Tierparkstr. 30 81543 München


Tel.: +49(0)89 62508-0
Fax: +49(0)89 62508-32
E-Mail: tierpark@hellabrunn.de
公式ホームページ https://www.hellabrunn.de
園内地図(PDF


最寄駅は、地下鉄ですと、U3 Thalkirchen (Tierpark)になります。
マリエン広場から、バス52番も便利です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年9月10日
« 前の記事「帽子専門店liloで雨の日用の帽子を買いました」へ
»次の記事「【予告編】大聖堂の尖塔完成150周年を記念してのライトアップ」 へ
おすすめ記事
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ジャズコンサートのお知らせ。(11月23日マリーナフォーラムにて)
【期間限定】9月28日まで無料解放、大聖堂すぐ南東の聖ウルリヒ教会を見逃すな!
【予告編】大聖堂の尖塔完成150周年を記念してのライトアップ
歴史あるミュンヘンの動物園「ヘラブルン」は、実は結構イケる!
帽子専門店liloで雨の日用の帽子を買いました
ルートヴィヒ1世が造らせた、ケルハイム解放記念堂
アトピーの子でも安心?ちょっと特徴的なプール、インゼル・バート、バード・アップバッハ
レーゲンスブルクからの日帰り旅行、ヴェルテンブルク修道院に行こう!
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクからすぐ東にある、ノイトラウブリングで音楽イベントが行われました。

ドイツ ツアー最安値


2019/9/21更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集