海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 秋のヴァルハラ神殿。自転車で出かけるのもなかなかオ...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月24日

秋のヴァルハラ神殿。自転車で出かけるのもなかなかオツなものです。


秋のヴァルハラ神殿。自転車で出かけるのもなかなかオツなものです。

レーゲンスブルクの旧市街から12km。車で約25分。今ドイツではたくさん売れている電気自転車ですと約40分。


自転車がお好きな方は、ドナウ川沿いの自転車道を通ると、なかなか素敵な気分を味わえます。
秋色を眺めながら、自転車に乗ってみませんか。


ちょうど秋色の木々。緑の芝生の上にパラパラと黄色の模様がついているものの、まだまだ木にも葉っぱがたくさん。
IMG_1467.jpg

ドナウ川の北岸を走る自転車道を川の流れに沿って(川上から川下へ、西から東へ)行くと、こんなのどかな風景。でも、よく増水して問題を起こすドナウ、ドナウ川が見えないほど土がこんもりと盛ってあります。仕方ないですよね(盛られた上を通ることもできますが。)。


時々かぼちゃ畑があります。ハロウィーンももうすぐですものね。

IMG_1470.jpg


IMG_1466.jpg

そのうち、前方にこんな高架が見えて来たら、左側の自転車道に逸れてください。
すると、自動車道のすぐ隣を並行する形で更に少し進みます。すると、ヴァルハラに行くには左!という道路標識が見えてきます。


IMG_1465.jpg


上の写真の黄色い標識で、白抜きになっているところに、


Walhalla
Krankenhaus


と書かれているので、ヴァルハラの病院行き? と思いますが、車の方は、この標識通りに左折してください。左の方に入り込んだ後、すぐ右に入る道が二本あります。手前を右折して、細い坂道を登って行くと駐車場です(一般車は2.50ユーロ駐車料金がかかります。)。
(自転車の場合は、ここで道路を超えて行く方法もありますが、そのまま自転車道を船着き場まで行き、船着き場近くで一旦自転車を停車して歩くという方法もあります。)


今日(2019年10月24日木曜日)の午後14時半頃の様子です。
IMG_1462.jpg

私たち以外は、数人が来たくらいです。でも、遠慮なく会話をしながら胸像を見ることができて良かったです。色々な分野の知っている名前を見つけては、お互い「見つけたよ情報」を交換すると楽しさ倍増です。


外にはちらほら人が居ますが、内部はほぼ貸切状態。昼過ぎまで霧がかかっており、午後3時頃からやっと太陽が顔を出してきました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2019年10月24日
« 前の記事「夜ちょっとおしゃれに一杯飲もう! Mea Café Bar」へ
»次の記事「町中で食べる昼食。でもやっぱりバイエルンを味わいたい貴方に。」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ドイツ在住の記念切手ファンの皆様へ
【コロナウイルス情報】コロナ感染対策、ドイツの学校はどうなる?
決定版 ソーセージ百科事典!【雑学】
11月中旬の風景、これ何だと思う?
コロナウイルスの影響で閉店セール中、創業199年ヴィーダマン
【コロナウイルス情報】今後の学校の対応はどうなるか。
【コロナウイルス情報】バイエルン州でのコロナの状況、第二波で春を大きく上回る
【コロナウイルス情報】秋休み明けのバイエルン州。日本と比較してもその数字はびっくりするもの。
1年前の同じ月に投稿された記事
ミュンヘンまでの日帰り旅行
歴史博物館での特別展示
スポーツの秋、サイクリングにもロッククライミングにもオススメ
秋の散歩、謎の彫刻群に迫る!
レーゲンスブルク、フラフラ散歩(中央東) 〜秋〜
秋晴れの10月、オススメは、やっぱりビール
ヒストリッシェス・アルメン・シュピタール(レストラン)
クナイティンガー醸造所のボック・ビールを祝う行進
ドナウ川にかかる石橋、その仮設の橋が外されます
主要駅からまっすぐ伸びる、マクシミリン通り
蚤の市

ドイツ ツアー最安値


2020/12/4更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集