海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ホフブロイハウスの木曜日

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月 8日

ホフブロイハウスの木曜日


ホフブロイハウスの木曜日

ホフブロイハウスに木曜日夜8時過ぎに行って来ました。

事前予約の人数が増え、12名で予約したところ、さらに3・4名が割り込む形になりましたが、嫌な顔もされず、丁寧なサービスを受けました。


仲間の話では、木曜日は固定客が多く集まる日だそうです。私は9時半ごろまで居ましたが、確かに満員御礼。値段安くないお店なのに、ここまで賑わうってすごいですよね。


固定客が多いので、お客様同士が知り合いだったり、客がウエイトレスを名前で呼んだり。そういう私たちのグループの中にも、顔が広い人が何名かいましたが。

私は、黒ビールを頼みました。モルトの甘みが薄く、ラガービール慣れした日本人の口には合うものかもしれませんが、私にとっては黒ビールの味を裏切られたようで、いまいち。
料理は、2017年12月に紹介したときと同じように、シュヴァイネブラーテンの小さいもの。

IMG_1809.jpg

ビール1杯を合わせて14.50ユーロでした。チップを入れると16ユーロという感じでしょうね。2年近く前には、チップを入れて15ユーロと紹介していますから、値段が上がったのでしょうか。
でも、お腹いっぱいで満足。

バイエルン料理初心者には、なかなか良いメニューです。ちゃんとカリカリの皮もついていたし、サラダもバイエルンの典型的なもの。人参やセロリ、千切りキャベツにクミンが入ったもの、ポテトサラダ、キュウリ、ルッコラ、レタスと7種類ほど入っています。小さくて、写真では大したようには見えませんが、バイエルンの小皿で付け合わされたサラダをバカにしてはいけません。私は、大好きです。


この店の記事を書くのは、今回で3回目になりますが、テーブルクロスが毎回違っていますね。(ちなみに前回2回は、クリスマス前を意識してか赤と緑でした。)細かくみると、テーブルクロスは裏側。あれ? と思ったら、どこの机もそう。裏だと白が基調となりますが、正しい向きにすると青くなります。だから、わざとそうしているのだな、と。


Hofbräuhaus Regensburg (公式ホームページ)


住所 Waaggässchen 1(旧市庁舎のすぐ前です)


営業時間 日〜水曜日9時〜24時、木〜土曜日9時〜翌0時半、ただし、祝日の前日に当たる日は、翌0時半まで

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年11月 8日
« 前の記事「サウワークラウト今年も作ります!」へ
»次の記事「歴史的ソーセージ店「Historische Wurstkuchl 」でのよい体験、おすそわけ」 へ
おすすめ記事
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ハイド広場にあるカフェ・リラで、カプチーノ飲んで来ました。
期間限定!カーメリッテン教会の地下聖堂が期間限定で公開
レーゲンスブルク大聖堂のパイプオルガン・ガイドツアーがあったなんて!
Hotel Kaiserhof am Dom 、個人でレーゲンスブルクへいらっしゃる方必見のすてきなホテル
アルテカペレ、バイエルン州最初の貴族アギロールフィンガーの洗礼の教会
11月11日11時は、5番目の季節の始まりです。
歴史的ソーセージ店「Historische Wurstkuchl 」でのよい体験、おすそわけ
ホフブロイハウスの木曜日
1年前の同じ月に投稿された記事
クリスマス市速報「カタリーナ・シュピタール」
クリスマス市速報「ノイプファー広場」
神聖ローマ帝国の帝国議会会場は今も使われているの?
レーゲンスブルクの夜の風景
今年のクリスマス市
クリスマス・プレゼントに一押しのお店「リチュアルス」
バー・クラブ「ティキ・ビート(Tiki Beat)」
ベジタリアンが行くべきピザ屋
雪が積もっています
レーゲンスブルク人気カフェ、TOP 10 の一つ「カフェ・フェリックス」
図解・恥をかかない、白ソーセージの食べ方
クリスマスおよび年末年始の営業時間と、2019年バイエルン州の祝日
人気のケーキ屋さんは、土曜日のお昼も一杯
11月になったというのに、素晴らしい天気に恵まれました
電車に乗って、レーゲンスブルクからミュンヘンまでの日帰り

ドイツ ツアー最安値


2019/11/14更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集