海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 太陽が出たその時に行こう! レーゲンスブルク大聖堂...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年12月 7日

太陽が出たその時に行こう! レーゲンスブルク大聖堂へ!


太陽が出たその時に行こう! レーゲンスブルク大聖堂へ!

太陽が出ると、ステンドグラスが一段と輝く。今回は、とっても素敵なステンドグラスを見てきました。
南の窓に、ちりばめたルビーのように見える赤いステンドグラスを発見! ただ、写真に撮ると、その輝きはなくなってしまいます。だから肉眼でしっかり見ておきましょうね。

ちなみに、そのルビーのようなステンドグラスをみなさんもこの下の写真で探してみてください。
上の方にお花の形をしたステンドグラスが3つあります。それぞれの花びらの間に赤い小さな丸いステンドグラスがちらばめてあるのですが、それなんです。

IMG_2254 2.jpg


IMG_2254 3.jpg


ステンドグラスついでに、ここには1240年製造のものをはじめ非常に古いステンドグラスと、19世紀につけられたステンドグラスがあります。
これが、新しいもののひとつです。雰囲気が全く異なります。(正面入り口(西))

IMG_2262.jpg


この日は太陽も良かったのですが、このクリスマス前の時期、大聖堂内の照明が灯されていることが多いです。今まで暗い印象だった大聖堂が今回はとってもとっても明るくて、詳細をしっかり見ることができました。在住18年目にそろそろ突入する私でさえ、こんなに明るい大聖堂は初めてと思ったくらいです。

IMG_2255.jpg

↑こんな風に、ステンドグラスに、大聖堂の突起部分の影があったりして、わあ、こんなの初めて見た! ってちょっと感動しました。はい、私って単純ですね。

IMG_2257.jpg

↑これは、受胎告知を受けたマリア様の像です。祭壇左手前の柱に掲げてあります。ゴシックの時代に、こんな微笑みを、つまり表情を持った像は珍しいのだそうです。そして、昔つけられていた色がうっすらと残っているのも特色の一つです。


その、受胎告知を行なった天使ガブリエルの像は、その向かい合わせの柱、つまり祭壇右手前にあります。これも同様に表情を持っています。

IMG_2256.jpg


大聖堂内部で時々色が残っているものがありますが、この像もしっかり色が見とれますね。
IMG_2266.jpg

正面入り口の内部は、普段暗くてよく見えないのですが、たくさんの彫刻があります。
まずは、聖マーティン。寒くて困っている貧しい人に自分のマントを半分に割いてあげたということで有名(幼稚園では11月11日の聖マーティンの日にランタン行列をしたりします)な聖人です。

IMG_2268.jpg


他にも有名な彫刻がいくつかあります。これらは、悪が神聖な場である大聖堂に入り込まないように私たちを守ってくれるのだそうです。

IMG_2270.jpg

IMG_2269.jpg

正面入り口のすぐ内側、全体的にはこんな雰囲気です。iPhone SEで普通にここまで撮影出来ました。ピントはアマイですけど。
IMG_2272.jpg


また、北西の入り口を入ったすぐの床にも是非注目してください。

IMG_2263.jpg

IMG_2264.jpg

いやあ、とにかくここまで明るい大聖堂は初めて。ということで、今回は、ここに長く住む私の感動を、写真に収めて見ました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年12月 7日
« 前の記事「【クリスマス市情報④】トゥルン・ウント・タクシスのロマンチック・クリスマスマーケット」へ
»次の記事「シュトラウビングでゴージャスな民族衣装店「マルクグラフ」」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
レーゲンスブルクで見逃せない店、ダンプフヌーデルのウリ
遠隔貿易で栄えたレーゲンスブルクと塩、「塩の貯蔵庫」について
ベートーヴェンの名曲「エリーゼのために」は、レーゲンスブルク生まれの13歳の女性のために作られた!?
ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?
ドイツ、ベートーヴェンのモチーフの記念切手
ドイツの晴れた冬の日
クリスマスと、その後(我が家の場合)
【ドイツのニュース】フランクフルト空港を目指す日本人夫婦、車で泥沼にはまる!
1年前の同じ月に投稿された記事
旧市街内、三角形の広場「ハイド広場」にあるピザ屋さん「ダ・ティノ」
これってあり? かわいいクッキー専門店
ドイツで過ごすクリスマスイブ
アーベンスベルクのクリスマスマーケット
ドイツ料理に欠かせないサウワークラウトに関心がある方のために
ホフブロイハウス・レーゲンスブルク支店
ちょっと地元のビールを飲みたいお父さんのために
さりげなく素敵な鞄屋さん「レィディー(Lady)」
レーゲンスブルク4つのクリスマス市の一つ、ルクレツィア・マルクト
ノイプファー広場のクリスマスマーケットへ行ってきました
コンベンションセンター、マリーナフォーラム

ドイツ ツアー最安値


2020/1/24更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集