海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲ...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月13日

ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?


ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?

今日は、ベートーヴェン・シリーズ第二弾。


私も音楽が好きで、ピアノでここ2、3年程度、ベートーヴェンのソナタを頻繁に弾いていました。


先日2020年1月10日に、記念切手の記事を公開した後、ちょっと気になることがありました。
ベートーヴェンは、レーゲンスブルクに来たことがあるのかしら?
モーツアルトとハイドンはレーゲンスブルクに来ているし、ブルグミュラーにはレーゲンスブルク生まれ。ベートーヴェンは、ウィーンにも住んでいたから、きっとレーゲンスブルクにだって来てたに違いない!


改めてとことん調べ直してみると、ベートーヴェンは16歳であった1787年1月と4月にレーゲンスブルクに来ているという記載をネット上で見つけました。オルガニストとして数日間来たのだそうですが、それ以上の情報には残念ながらたどり着きませんでした。
ウィキペディア(ドイツ語版)によると、「1786年12月からモーツアルトのもとで作曲の勉強をするためにウィーンへ行き、そこで3ヵ月間暮らしたが(実際は、モーツアルトに作曲を教わっていなさそうです)、その後帰路につく際に、レーゲンスブルクやミュンヘン、アウグスブルクにも立ち寄り、1787年5月にボンへ戻った」とあります。

IMG_3026.jpg

でも、ベートーヴェンはどこに宿泊したのでしょうか。
お金持ちの人をターゲットにしていた旅館「白羊亭」がありました。そこには、文豪ゲーテのほか、作曲家ではモーツアルトやハイドンも宿泊している記録があります。でも、ベートーヴェンについては読んだことがありません。
モーツアルトが来たのが1790年、そしてハイドンが1794年ですから、1786年にレーゲンスブルクを訪ねたベートーヴェンがここに宿泊したとしてもなんら不思議はないのですが(白羊亭には、同1786年、文豪ゲーテも滞在しています)。


最愛の母が1787年7月に亡くなっています。レーゲンスブルクに来た頃は、まだ大きな失望を受ける前の若きベートーヴェン! という感じだったのでしょうね(母親の死の後、父親は酒に溺れるようになる。ベートーヴェン自身も、1798年ごろから聴覚の問題が発覚)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2020年1月13日
« 前の記事「ドイツ、ベートーヴェンのモチーフの記念切手」へ
»次の記事「ベートーヴェンの名曲「エリーゼのために」は、レーゲンスブルク生まれの13歳の女性のために作られた!?」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
レーゲンスブルクで見逃せない店、ダンプフヌーデルのウリ
遠隔貿易で栄えたレーゲンスブルクと塩、「塩の貯蔵庫」について
ベートーヴェンの名曲「エリーゼのために」は、レーゲンスブルク生まれの13歳の女性のために作られた!?
ベートーヴェン生誕250年、ベートーヴェンはレーゲンスブルクに来たことがあるのか?
ドイツ、ベートーヴェンのモチーフの記念切手
ドイツの晴れた冬の日
クリスマスと、その後(我が家の場合)
【ドイツのニュース】フランクフルト空港を目指す日本人夫婦、車で泥沼にはまる!
1年前の同じ月に投稿された記事
福寿草(フクジュソウ)が顔を出しました
ドイツでの大人の誕生会
いよいよ、川でアイススケート!?
歯に関するケア用品専門店
日本にも進出しているちょっと贅沢な量り売りワインのお店
レーゲンスブルク、嗅ぎタバコ情報
民族衣装のお店を覗いてみました

ドイツ ツアー最安値


2020/1/24更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集