海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > レーゲンスブルク観光の目玉の大聖堂の一部が、数年間...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月27日

レーゲンスブルク観光の目玉の大聖堂の一部が、数年間に渡って覆われる!


レーゲンスブルク観光の目玉の大聖堂の一部が、数年間に渡って覆われる!

2019年7月1日に受けた強い風(風力9、つまり秒速で言うと、20,8 - 24,4 m/s)の影響で、双子の塔のうちの南の塔80mの高さから、装飾物が落下しています。幸いにして、すでに設置されていた足場の上に落ちたので、通行人へなどの被害はありませんでした。


すでに2012年に認知されていた危険箇所の落下ではなく、新たな危険箇所が昨今の調査で分かり、本日2020年1月27日より、新たな足場を設置するとのことです。


今回危険と判断されたのは、高さ55mのところにある八角形の部分の一部で、1907年、及び1910年代、1950年代に取り付けられた部分。


知らなければ良かった、大聖堂の秘密 」で既に塔についてはご紹介済みです。塔についてご関心あれば、そちらの記事を是非ご覧ください。

IMG_9058_toy.jpg


そして、今回、更に大掛かりな足場を設置し、更に細かい調査、及び修復に当たるとのこと。つまり、今後何年もに渡って、足場ですっぽり南西側が覆われるようです。


観光客や住人にとっては、悲しいお知らせですが、これを修復する人達の目から見ると、また別の事実も見えてきます。


考えてみたら、この作業は非常に気が遠くなるようなものだと思います。まずは、調査をするための足場の設置です。一体どれだけの材料を用いて足場を組み立てるのでしょうか。


答えは、3000平米、重さが200トンにもなる材料が必要とのこと。それは、つまり、トラック40台分もになるのだそうです。
大聖堂前広場にそれを山積みすることができないので、一旦近くまで運び込み、そこから大聖堂に逐次運び込まれる、というから、それだけでも大変なこと。


この足場そのものの重さを支えるのは、現在既に設置されている(2015年に設置された)足場だそうです。
今回設置される足場だけでも、4〜6週間の作業期間が必要だと計画されています。


考えてみると、作業される方には、たくさんの苦労があるのだな、と改めて思います。
ですから、観光客、住人の私たちがブツブツ文句は言えないですよね。それにしても、早く修復が終わることを祈るのみです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年1月27日
« 前の記事「レーゲンスブルクのご自宅でお刺身を食べたい方のための情報」へ
»次の記事「普段は非公開!---12世紀の家を見学」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
1年前の同じ月に投稿された記事
福寿草(フクジュソウ)が顔を出しました
ドイツでの大人の誕生会
いよいよ、川でアイススケート!?
歯に関するケア用品専門店
日本にも進出しているちょっと贅沢な量り売りワインのお店
レーゲンスブルク、嗅ぎタバコ情報
民族衣装のお店を覗いてみました

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集