海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > おすすめ食材のご紹介!(わが家の晩ご飯、ラムソンの...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月14日

おすすめ食材のご紹介!(わが家の晩ご飯、ラムソンのペストなど)


おすすめ食材のご紹介!(わが家の晩ご飯、ラムソンのペストなど)

この時期、市場でラムソンが売られています。
ラムソンとは、ドイツ語で Bärlauch、つまり直訳すると"熊ネギ"になるわけですが、とんがった葉っぱでニンニクそっくりな強い匂いがする植物です。普通はバジルでペーストを作るのですが、このラムソンを使ったものがけっこうおいしいんですよ。

IMG_4408.jpg

これがそのラムソンです。土曜日にドナウの市場で買ったものを今夜やっと料理したので、ちょっとしなっとなっていますが。

IMG_4410.JPG

↑普通、ネットでレシピを探すと、電動のカッターで刻むようになっていますが、手作りならせっかくですから包丁で切ったほうが潰れた感じがなくておいしいと思います。

IMG_4413.jpg

↑松の実をフライパンで乾煎りします。


IMG_4418.jpg

↑乾煎りしたものを木の棒でつぶします。

IMG_4416.JPG

↑ チーズを削ります。わが家が愛用しているのは、ドナウの市場で買うモンテ27と呼ばれるパルメザンチーズの類似品です。


チーズのお店は数店舗ありますが、アルテカペレの近くにある赤と白のストライプのテントのお店ソーマン(Somann)でこのモンテ27は取り扱われています。ソーマンは私も今初めて知りましたが、なんとパッサウ近郊から毎週レーゲンスブルクまで来ているようです(ソーマンの公式ウェブサイトはこちら からどうぞ)。


わが家の愛用のオリーブオイルも、ドナウの市場のものです。

IMG_4422.JPG

ギリシアのお惣菜屋さんについては何度かこのブログでもご紹介しています(2019年2月19日の記事2019年5月2日の記事 )が、ここのオリーブオイルは、イタリア産よりはるかにお値段は安いですが、とってもおいしいです。ちなみに、新鮮なオリーブオイルはちょっと辛味が舌に残るようなので、1年弱地下で寝かしておいて、マイルドになったところで使用しています。実は今日新しい瓶を空けたのですが、先日買ったものと味比べをしてみました。寝かせると、全然味がおいしくなるのを、家族で試してみてあらためて実感したところです。


さて、上でご紹介した材料を混ぜ、お塩をふって味を整えるだけ。

IMG_4423.jpg

IMG_4427.jpg


パスタを普通に茹でます。パスタは、普段はこだわりのない安物を使用しています。
スーパーで500gが40セント弱で買えるんですよ。日本円ですと、50円ほどです。

IMG_4428.JPG

↑なんか、しょぼいパスタの写真になりましたね(汗)。これをかき混ぜて食べる感じになりますが、おいしいんですよ。写真では、混ぜたところの方がおいしそうに見えたでしょうね。もうお腹の中に入ってしまいました。


日本ではラムソンは入手しにくいと思います。売り出されるのも春先の短い期間だけですので、普段はバジルの葉を使って同様に作りますが、その際はたくさんのニンニクを刻んで混ぜます。大量に作って小分けにして冷凍しておくと、便利ですよ。


ちなみに、海外在住の日本人の間では、どうやらこのラムソンはニラの代用品として使われているようです。
ということをネットで検索して、私もこの春知りました。それなら、と思って、いつもニラがあれば作りたい!と思っていた手抜き料理も前回は作りました。

IMG_54251.jpg

ラムソンを炒めて、ツナ缶のような「まぐろフレーク」をマヨネーズと一緒に混ぜた一品です。このときはベジタリアンの娘用には、まぐろフレークの代わりにいり卵を使いました。
また別の日にはラムソンと玉ねぎ、人参、キャベツ、豆腐、ゴボウを入れてお好み焼きもどきを作ったのですが、味がしっかりしてラムソンのニラっぽさが効き、とってもおいしかったです(残念ながら写真を撮っていませんでした)。


ラムソンは、駐在で海外生活されている方などにも、積極的に挑戦していただきたい食材ですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2020年4月14日
« 前の記事「イースターの日曜日は、家族でブランチ」へ
»次の記事「バイエルン州のデザートの定番、カイザーシュマーレンは、実は日本で買える材料で作れる!」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ドイツ在住の記念切手ファンの皆様へ
【コロナウイルス情報】コロナ感染対策、ドイツの学校はどうなる?
決定版 ソーセージ百科事典!【雑学】
11月中旬の風景、これ何だと思う?
コロナウイルスの影響で閉店セール中、創業199年ヴィーダマン
【コロナウイルス情報】今後の学校の対応はどうなるか。
【コロナウイルス情報】バイエルン州でのコロナの状況、第二波で春を大きく上回る
【コロナウイルス情報】秋休み明けのバイエルン州。日本と比較してもその数字はびっくりするもの。
1年前の同じ月に投稿された記事
南仏キャンプ旅行記〜雑記・キャンプ場や食事について
南仏キャンプ旅行記〜アルデッシュでのカヌー体験
南仏キャンプ旅行記〜ベリア・エ・カステルジョー
南仏キャンプ旅行記〜アルビ②
南仏キャンプ旅行記〜アルビ①
南仏キャンプ旅行記〜カルカッソンヌ②
南仏キャンプ旅行記〜カルカッソンヌ①
南仏キャンプ旅行記〜セインでロッククライミング
南仏キャンプ旅行記〜ユゼス②
南仏キャンプ旅行記〜ユゼス①
南仏キャンプ旅行記〜ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)
イースター休暇中です。
ヴァルハラ神殿への行き方
「オルフェウスの窓」のファンの方必見‼︎ 抑えておくべき最重要スポット3箇所

ドイツ ツアー最安値


2020/12/4更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集