海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > これもバイエルンのデザートの定番!日本の肉じゃがの...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月14日

これもバイエルンのデザートの定番!日本の肉じゃがのように多種多様なレシピがあるリンゴのシュトルーデル


これもバイエルンのデザートの定番!日本の肉じゃがのように多種多様なレシピがあるリンゴのシュトルーデル

はい、また料理ネタです。
昨夜、地下に古くなりつつあるリンゴを見つけ、今日の昼食のレシピが決定しました。
タイトルにあるように、このデザートにはいろいろなパターンがあり、生地だけを見ても、パスタ生地、パイ生地、クワルクと油の生地などがありますし、中の具もシナモンが入ったもの、アーモンドが入ったものなどがあります。
私にとってはどれもおいしいのですが、義母から教わったレシピをもとに作ります。

IMG_4446.JPG


なんて実は失敗作です。でも今日作ってみてわかりました。何がまずかったか、どうすべきだったのか。
ということで、そんな素人の料理失敗談を交えて、ご紹介します。


まずは、パスタ生地を作るんです。材料は薄力粉400gと卵4個、オリーブ油大さじ1、塩と様子を見ながらお水。

IMG_4430.jpg

結局私は500gの小麦粉を使いました。お水は私は30ml必要でしたが、かなりしっかりした生地でした。もっと柔らかい方が仕上がったときの味はおいしかったのですが、扱いやすい生地でした。
これを一旦丸くまとめてラップをかけ、放置しておきます。

IMG_4432.JPG


その間にリンゴを用意します。細めの短冊切りがいいと思います。

IMG_4435.jpg

生地を5等分にしました。ひとつ170gの生地を順番に成型していきます。
できれば四角く。私は生地の扱いが上手でないので、まあ、こんなところでしょう。

IMG_4436.JPG


下の写真では分かりにくいですが、中央に細長くサワークリームを敷き、リンゴを並べ、レーズンを散らしました。
考えてみたら、ここで、義母はサワークリームに卵黄を混ぜたものを入れていました。
あとで聞いてみると、サワークリームや生クリーム、ヨーグルトなどを適当に混ぜ、卵黄とお砂糖も入れているそうです。
ただ、この乳製品の量が多くなると水分が増えて、そのあと扱いにくくなることは確実です。
そして、扱いやすい大きさにとどめます。なるべく小さめの方が扱いやすいと思います。
または、清潔な食器拭きなどの布の上に伸ばした生地を置いてから、具を詰めていきます(一般的に素人にすすめられている方法です)。

IMG_4437.jpg

下の写真のように並べて、卵白か牛乳を塗り、オーブンで焼きます。

IMG_4440.JPG

IMG_4441.JPG

私はレシピを持っていないので適当に焼きましたが、パリパリに仕上がりました。それはそれでおいしいのですが、本来はもっと白く焼き上がり、しっとりしていてしなっとなった感じです。表面はさっくり感があっていいのですが、内部はジューシーであるべきです。
正直私はこれを数年に一回しか作らないので、前回なんで失敗したかをいつも忘れて適当に作ってがっかりしています。
ここに覚書として書くことにより、今度作るときは、上手に作れるかな。


焼きあがったら、バターを少し垂らし、食べるときに冒頭の写真のように粉砂糖をかけてサービスします。色がないので、冷凍していたスグリの実をのせてみました。
ほかにはバニラアイスクリームやホイップクリームと一緒に、などなどいろいろな盛りつけパターンがあります。


実はこれも日本で入手できる材料で作れますよね。リンゴや生クリーム類は日本では高価ですが、少量作るならオッケーですね。もし手作りパスタを作る機会があれば、そのときに一部リンゴのシュトルーデル用に生地を残しておいて作るといいかもしれません。
新型コロナウイルスで自宅にいる時間が長い今だからこそ、こんな料理もおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年4月14日
« 前の記事「バイエルン州のデザートの定番、カイザーシュマーレンは、実は日本で買える材料で作れる!」へ
»次の記事「【新型コロナウイルス情報】少し緩む規制」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
ドイツ在住の記念切手ファンの皆様へ
【コロナウイルス情報】コロナ感染対策、ドイツの学校はどうなる?
決定版 ソーセージ百科事典!【雑学】
11月中旬の風景、これ何だと思う?
コロナウイルスの影響で閉店セール中、創業199年ヴィーダマン
【コロナウイルス情報】今後の学校の対応はどうなるか。
【コロナウイルス情報】バイエルン州でのコロナの状況、第二波で春を大きく上回る
【コロナウイルス情報】秋休み明けのバイエルン州。日本と比較してもその数字はびっくりするもの。
1年前の同じ月に投稿された記事
南仏キャンプ旅行記〜雑記・キャンプ場や食事について
南仏キャンプ旅行記〜アルデッシュでのカヌー体験
南仏キャンプ旅行記〜ベリア・エ・カステルジョー
南仏キャンプ旅行記〜アルビ②
南仏キャンプ旅行記〜アルビ①
南仏キャンプ旅行記〜カルカッソンヌ②
南仏キャンプ旅行記〜カルカッソンヌ①
南仏キャンプ旅行記〜セインでロッククライミング
南仏キャンプ旅行記〜ユゼス②
南仏キャンプ旅行記〜ユゼス①
南仏キャンプ旅行記〜ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)
イースター休暇中です。
ヴァルハラ神殿への行き方
「オルフェウスの窓」のファンの方必見‼︎ 抑えておくべき最重要スポット3箇所

ドイツ ツアー最安値


2020/12/4更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集