海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 【新型コロナウイルス関連】バイエルン州での観光に関...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月20日

【新型コロナウイルス関連】バイエルン州での観光に関する情報


【新型コロナウイルス関連】バイエルン州での観光に関する情報

ここバイエルン州は、2020年5月30日から「また」休暇です。
ドイツは、本当に休暇が多い国。新型コロナウイルスが流行る直前に冬休み、合間にイースター休暇があり、今度はフィングステン休暇です。


さて、それに合わせるかのように、ホテルなどの宿泊施設やお城、そして、レーゲンスブルクなどの町の観光も解禁となります。
旅行しようとうずうずされていた方には、一応の朗報ですよね(とはいえ、私はできるだけ自宅で過ごす方が安心だと思いますが)。
レーゲンスブルク観光局、公認ガイドである私にも、5月30日以降の業務開始についての連絡が届きました。
とはいえ、私の場合は、日本語による観光に限定しているので、まだまだお客さんがいらっしゃるまでには時間がかかることと思います。


ちなみに、日本からドイツへの往復の飛行機の料金を調べてみましたが、普段のおよそ2倍のお値段となっているようです(例年の同じ時期の料金を複数チェックしたわけではないのですが、さらっと見た私の印象ですので、詳しい情報が必要な方は、どうぞご自身でご確認ください)。


本題に入ります。
まず、宿泊施設についてです。
すべてが今までどおりに解禁!というわけではありません。友達同士、グループなどの宿泊は不可で、家族、またはパートナーなど、世帯を共にする人が同一の部屋に宿泊ができる、という条件付きです。そして、階段などの共有スーペースではマスク着用が義務化されています。サウナやプールなどの施設の運用は禁止、また備品の扱いについても宿泊施設運営側としてはたくさんの条件をクリアさせねばなりません。


観光についてです。
お城の類は5月30日から再開となりますが、バイエルン州で観光の目玉となる、ノイシュバンシュタイン城(Schlösser Neuschwanstein)やリンダーホーフ城(Linderhof)、ミュンヘンやヴュルツブルクのレジデンツは、6月2日以降ですのでご注意ください。

船やテーマパークでは、宿泊施設と同様に、マスク着用や衛生管理の規則があるほか、利用者数の制限、そして、仮にウイルス感染者が出たときのために、追跡調査ができるように、連絡先などの情報が必要となります。


また、新たな観光に関する情報が発表になりましたら、できるだけ速やかに、こちらのブログで報告できるようにさせていただきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年5月20日
« 前の記事「氷の聖人(Eisheiligen)が来た!」へ
»次の記事「バイエルン州で一番怖い虫、"ツェッケ"について」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
ヴァルハラ神殿に新しい胸像が
聖母マリア、春の祈り
本物のイタリアン「ダ・カルミネ」
白アスパラガスについて
第16回レーゲンスブルク・クラッシックカーラリー【予告編】
「カプチーノ」について
洪水情報 2019年5月23日正午頃
レーゲンスブルク初心者へお勧めのカフェ、ゴールデネス・クロイツ
知らなければ良かった、大聖堂の秘密
やっと五月の陽気
民族衣装の人が沢山・女性編
レーゲンスブルクのシナゴーグ
意外や意外!でも素敵なカフェは、歴史博物館内にある!
夜のマイドゥルト
レーゲンスブルクの市民祭、Maidult(マイドゥルト)開催中です。
レーゲンスブルクから電車で約1時間の町、インゴルシュタット
ブラシ専門店
水曜日の午前中、小規模だけど魅力的な市場

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集