海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 猟師のためのカメラを使ってみた

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月20日

猟師のためのカメラを使ってみた


猟師のためのカメラを使ってみた

趣味を兼ねて狩猟をする人が、私の身近にもいるのですが、私たちが一般に食料品などを買うディスカウンターに、そんな猟師のためのカメラが売られていたときに、すかさず購入しました。週替わりのお買い得品として売り出されたものです。金額は日本円にして5000円くらいだったと思います。
カメラを購入した理由は、義母の家が森の隣ということもあり、たびたび野生の鹿の被害を受けている可能性があるということで、その正体を暴こう、ということだったのですが、年老いた義母が住むそこの家でカメラの管理をしっかりできるはずもなく、そのあと鹿を何度か見たことはあるものの、写真に収めることは簡単ではありません。


一方、わが家には、ハリネズミが夜な夜な遊びに来ていることはわかっていました。
飼い猫の食べ残しのキャットフードなどを庭に置いておくと、百発百中、きれいになくなっています。


少なくとも2匹のハリネズミの存在はわかっていました。そして、1ヵ月ほど前には、交尾中のハリネズミを見つけたり。8月末には、赤ちゃんハリネズミがうようよしているかも、という期待をしていたのですが、実は、最近隣の庭で大きなハリネズミの死体が発見されました。そんなこんなで、いったいまだ本当にハリネズミは存在するのか、このカメラを仕掛けてみたわけです。


PTDC0009.jpeg

画像がよくないのですが、左下にハリネズミがやって来て食べている最中です。頭は右側。猫のエサ入れに入った餌を食べているところです。


わが家のパソコンはマイクロソフトなのですが、どうやら撮影時の日時の調整はウィンドウズでないとできないようです。残念。写真は、動く物体が現れたときに、撮影される仕組み。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2020年7月20日
« 前の記事「自宅で過ごす時間が多い今、作り置き料理もいいですね。トマトソースのおすすめ」へ
»次の記事「ドイツではよく見かけるハリネズミ。ちょっと調べてみました。」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクのカフェ人気店上位常連、リナルディ
小さな醸造所、そしてそこで行なわれる醸造コース
プルーフニング城
夜中までも盛り上がる、ジャズウィークエンドと旧市街の夜景
ドイツ最古の音楽学校、卒業演奏会のお知らせ【予告】
バイエルン州で最大級のジャズフェスティバル、ジャズ・ウィークエンド【予告】
美味しいイタリアのサラミが食べたい人が行くべきお店、メルカート
歴史的ソーセージ屋さんで見つけた!暑い夏の日に手軽に飲める飲み物
ビッグバンド・コンサート、日曜日の夜、無料です!【予告】
バイエルン州歴史博物館の展示をしっかり見てきました
レーゲンスブルク東部地区、レン広場周辺
第23回 レーゲンスブルク市民祭

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集