海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜数学物理学サロン...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年10月 1日

ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜数学物理学サロン〜


ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜数学物理学サロン〜

今回はいきなり写真からじゃじゃじゃーん!

IMG_7452.JPG

IMG_7447.JPG

IMG_7456.JPG

すてきな宮殿、ツヴィンガー(Zwinger)宮殿です。ドイツバロック建築の傑作と呼ばれているそうです。
ツヴィンガーというのは、もともと市の城壁を拡張した際に、以前の古い城壁と新しい城壁の間に生じた場所なのだそうですが、言われて見ると、ドレスデンの地図を見ると川の形状が面白いですね。
12世紀に形成されたドレスデンの城壁は、15世紀に拡張され、その際にこのツヴィンガーができたのだそうです。


そして、この宮殿の中にはなんといくつもの博物館が入っているんです。ですから、城に入るためには、博物館の入場料を払って入るわけです(庭は無料)。


二日間有効のドレスデン・博物館カード(Dresden Museums Card)を事前に購入しておくと、 16の博物館へ入館できます。€22とおトクです。


さて、タイトルにある、数学物理学サロンは、ドレスデン美術館(SKD)に属し、世界で最も重要で最古の博物館コンプレックスのひとつだそうです。
たくさんある美術館、博物館の中で、子供が興味を持ちそうなところ、退屈をしなそうなところ、という観点で私たちが選んだ博物館のふたつ目になり、それがこの城の中にあります。


結果から言うと、子供も楽しめました。
そして、博物館は好きだけど、博学でなく「薄」学の私でも楽しめるもの、そしてそんな私にもっとうれしいのが、博物館の建物も一緒に楽しめること。そう、とっても立派な造りなのです。それもそのはず、城ですからね。
展示の関係で、せっかくの太陽光線を遮るようになっていて、せっかくたくさんの窓があるのに庭も建物内部から見ることができないのが残念でしたが。


博物館に掲載許可を取ることができましたので、おすすめ博物館としてお知らせします。


IMG_7458.JPG

IMG_7462.JPG


下の写真左側中央にある、直径110センチもの大きな地球儀は、1872年のもの。

IMG_7475.JPG

天文学に関するいろいろなものが展示されている中、「地球儀」一つを見てもたくさんありました。


こちら↓は、アストロラーべ(独語 : Astrolabium))と呼ばれるアラビアやヨーロッパで中世に用いられた天文観測器械。円環上に刻まれた目盛りによって、二星間の角距離や星の高度などを測るものだそうです。

IMG_7464.JPG

1568年のものだそうです。
このように、知らない道具がたくさん。時間があれば説明を斜め読みでもして見てください。訳がわからない私のような凡人でも、あ!と思う発見があります。
例えば・・・

IMG_7481.JPG

これは、ブレーズ・パスカル 、そう、フランスの哲学者、物理学者、数学者、あのパスカルです。
パスカルの計算機、歯車式計算機です。(1650年)
写真撮影の角度が悪くてダメですね。ガラスのつなぎ目が邪魔していますが。
パスカルの名前のところにあるリンクは、日本語版ウィキペディアです。この記事内にも同じ歯車式計算機(1652年)の写真が掲載されています。


天文学的なものが多く展示されていましたが、堅苦しい難しいものばかりではなく、例えば天体の動きを自分で体験しながら学習することが出来るものもありました。コロナのこのご時世でも、それらを全て「体験」できるようになっており、すべての体験スポットの脇には、消毒液が完備されていましたので、非常にありがたいサービスです。博物館嫌いな息子達も一生懸命体験をしていました。そんな意味で、子供連れにもオススメです。



Mathematisch-Physikalischer Salon 数学物理学サロン


公式ホームページ(日本語) https://www.skd.museum/ja/visit/数学物理学サロン/


ツヴィンガー宮殿の公式ホームページ(英語)
https://www.der-dresdner-zwinger.de/en/home/


住所 Residenzschloss, Taschenberg 2, 01067 Dresden


開館時間 火〜日曜日、祝日 10-18時(最終入館時間17時半)


入館料 大人9€、16歳以下無料、家族チケット14€

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2020年10月 1日
« 前の記事「ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜ドイツ衛生博物館〜」へ
»次の記事「ドレスデン観光 旧市街を歩いた!〜君主の行列(マイセン磁器のタイル)など〜」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
ピザ屋さん、ダ・カルミネに行ってきました
陶器好きな人、是非行ってみてください。日本人好み。私も買いたい!
川下通りにある「カフェ・シャルロッテ」に行ってきました。
町中で食べる昼食。でもやっぱりバイエルンを味わいたい貴方に。
秋のヴァルハラ神殿。自転車で出かけるのもなかなかオツなものです。
夜ちょっとおしゃれに一杯飲もう! Mea Café Bar
硬水と生活するために、カビ知らずで生活するために(駐在員さん達でお困りじゃあないですか?)
キノコ狩りの季節です
秋晴れの週末! オススメのお散歩コース、昼食〜ヴァルハラ神殿〜ワインの産地
閉店のお知らせ(歯に関するケア用品専門店)と後継者不足の話
3日間蚤の市 3-Tage Dultplatz Flohmarkt
秋晴れを利用して、そろそろクリスマスプレゼントを用意しましょう
本当に美味しいりんごジュースを飲むには? (Nargler)
バイエルン州展覧会 (Bayerischen Landesausstellung)
ドイツ流!? 大人のお誕生日の祝い方(ご参考)
オープンして4ヶ月、バイエルン州歴史博物館のレストランに行って来ました。

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集