海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 日本で飲むドイツビール。輸入販売業者、Ein Bi...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年2月23日

日本で飲むドイツビール。輸入販売業者、Ein Bier, Bitte.さんご紹介


日本で飲むドイツビール。輸入販売業者、Ein Bier, Bitte.さんご紹介

ドイツに旅行に行きたくても、コロナで旅行はできないし、日本の主要な都市で行われるオクトーバーフェストも大半が中止。
ドイツビール・ファンにとっては、辛い時期ですね。


そこで、インターネットでもドイツビールを販売されている、Ein Bier, Bitte.(アインビアビッテ、ビール一杯ください!) を本日はご紹介!
コロナの影響を受けて、営業日も限定されていますが、ネット販売もあるし、いち押しのお店です。


バリバリ関西人の若い渡邉さんが、ドイツを中心としたビールの輸入をされ、ご自身でも販売されています。
新婚旅行でドイツにいらっしゃったときにバイエルンのおいしいビールに出合ったのがきっかけだそうで、まったく別の部門での仕事から一大決心で転職。もちろんその間にビールの勉強をされ、酒類の輸入の資格を取ったあと、ビアソムリエの資格をも取得。
一見その辺の真面目な若いお兄さんですが、ビールに対する情熱は半端ではありません。
その情熱から起業にいたるまでのストーリーは、脱帽。
ビールの品質にとことんこだわり、冷蔵コンテナでビールの輸入をされています。


渡邉さんの「人生を変えた」ビールは、カーメリテン醸造所のビールなのですが、それはここレーゲンスブルクから40分ほどのシュトラウビングにある醸造所。なんとその醸造所のトップ、ケンプさんは、ドイツのビールソムリエ協会の会長さんであり、とても人情味のあふれた紳士です。


私自身、渡邉さんの通訳として、このシュトラウビングのカーメリテン醸造所に何度か出かけることになり、ビールについていろいろ勉強させていただきました。このカーメリテン醸造所は地球環境を意識した、品質にこだわる醸造所、としてとてもいいイメージがあります。歴史がある醸造所ですが、太陽エネルギーなどを利用した現代的な施設で自然に優しい醸造をされ、なんとその結果、醸造所で蜂蜜も(少量ですが、醸造所で採取されたものです)販売、と言うからびっくりです。

DSC_0603.JPG

↑写真は、2019年12月に渡邉さんご夫婦が来独された際、カーメリテン醸造所のケンプさんとその秘書の方と一緒に撮影してもらったものです。1番左がカーメリテンの秘書、左から2番目、3番目が渡邉さんご夫妻、そして私、1番右がケンプさんです(それにしてもケンプさん、背が高いなぁ)。


カーメリテンのビールは私もひと通り飲みましたが、一応一番の主力商品といえば、日本人にも飲みやすいタイプの「クロスター・ゴールド」でしょうか。


バイエルンと言えば、白ビール。白ビールは、上面発酵という、つまり酵母が上にあがっていくタイプのビール(バイエルン州で普通に飲まれるビールは、その他すべてが下面発酵)です。発酵の工程の仕上げ部分は、カーメリテンの場合ビール瓶に詰められてからですが、白ビールの製法はいろいろあり、醸造所によって多少異なります。その辺奥の深いビールかな、と。


■Ein Bier, Bitte.
・住所: 〒565-0851 大阪府吹田市千里山西2-5-9 ビラ千里104号室
・Tel: 06-4798-5500
・URL: https://einbierbitte.net/about/

それで、一体どこでビールが買えるの?飲めるの?


それでは、いったいどうやれば、このカーメリテン醸造所のビールが飲めるのでしょうか?
① 大阪府吹田市にあるお店で購入される場合

DSC_0423.JPG

©️Ein Bier, Bitte.


■Ein Bier, Bitte.(アインビアビッテ)
・住所: 〒565-0851 大阪府吹田市千里山西2-5-9 ビラ千里104号室
(※コロナのため、営業時間が現在限られていますので、事前にこちら から確認してください)


② インターネット販売を利用される場合
こちら からネットショップへどうぞ

ebb002.jpg

©️Ein Bier, Bitte.


2021年3月7日まで、家飲み応援キャンペーン実施中です。


③ ビストロなどの飲食店を利用される場合
2021年2月現在、東京都、大阪府、福島県、高知県で取扱店があります。それぞれのお店情報は、Ein Bier, Bitte.のウェブサイト にリンクがあります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2021年2月23日
« 前の記事「コロナに関するいろいろな雑談です」へ
»次の記事「レーゲンスブルク産のワイン」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
自宅にいながらドイツ気分。今日はピザ!
レーゲンスブルク産のワイン
日本で飲むドイツビール。輸入販売業者、Ein Bier, Bitte.さんご紹介
コロナに関するいろいろな雑談です
太陽を求めて!(霧がかかっていない場所を求めて)出かけたのは......
ドイツの食洗機
スリル満点のアイススケート
気温マイナス14度の朝
1年前の同じ月に投稿された記事
閉店セール、台所用品が半額!【レーゲンスブルク】
レーゲンスブルク近郊で、とっても新鮮な卵が買える場所
ドイツ人はいったいどこでビールを買うの?
実はすごい!名店「ダンプフヌーデルのウリ」の秘密に迫る!

ドイツ ツアー最安値


2021/3/1更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集