海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > レーゲンスブルク産のワイン

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年2月25日

レーゲンスブルク産のワイン


レーゲンスブルク産のワイン

「家飲み」でレーゲンスブルク産のワインを楽しみましたので、皆さんに紹介します。

IMG_0611.JPG


ミュラートゥルガウ(Müller Thrugau)という品種のブドウで作った白ワイン。ワインの出来がよかったと言われる2018年ものの「レーゲンスブルク産」ワイン。


バイエルン州で一番小さなワインの産地。
総面積およそ5ヘクタール、その中でも6000平米にしか満たないヴィンツァーという地区で採れたブドウから作ったワインです。


小さな地区ということで、ワインの生産量も自ずと少なく、普段は一般に販売されていません(ツーリストインフォメーションで運がよければ扱っていますが)。
特別なときに公の場で飲むことができる、または90歳以上のお祝いなどでレーゲンスブルク市民が市長名義でプレゼントされる、そんなワインなのです。


が、2020年はコロナの影響で、市が企画するイベントがことごとく中止になり、そのワインを振る舞うチャンスがほとんどありませんでした。その結果、ボトルの収納場所不足が問題となり、2020年12月の4日間限定で一般人に販売されることになったのです。


1991年以降サルタリスという銘柄で作られているワインで、ラベルは、地元の人のデザインで毎年変わります。
写真をご覧いただくと、なんだかラベルの糊づけが上手にできていないというか、ふにゃふにゃですね。
ちょっと安っぽくて悲しいですが、多分普段飲まないカテゴリーのワインだと思います。
ねじ回し式の蓋ですが、ここにはレーゲンスブルクの市の紋章である鍵が2本交差したマークがついています。


値段は高いのに、普段飲んでいる安くておいしいワインと比較しても特別いいと思えるものでもなく......
決して悪いワインではないのですが、さらっと水っぽい感じがしなくもない、辛口ワインです。
いや、本当に、悪いワインではありません。単に、たくさん飲んでしまいやすいタイプのワインなだけです。


地元レーゲンスブルクを愛する市民としては、それでも、この地元産のワインは欠かせないですよね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2021年2月25日
« 前の記事「日本で飲むドイツビール。輸入販売業者、Ein Bier, Bitte.さんご紹介」へ
»次の記事「自宅にいながらドイツ気分。今日はピザ!」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
1年前の同じ月に投稿された記事
閉店セール、台所用品が半額!【レーゲンスブルク】
レーゲンスブルク近郊で、とっても新鮮な卵が買える場所
ドイツ人はいったいどこでビールを買うの?
実はすごい!名店「ダンプフヌーデルのウリ」の秘密に迫る!

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集