海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > カトリックの祝日、聖体の祝日(Fronleichn...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月 4日

カトリックの祝日、聖体の祝日(Fronleichnam)


カトリックの祝日、聖体の祝日(Fronleichnam)

今日6月3日は、カトリックの祝日です。
ドイツ全土でというわけではなく、州によってまたは都市によって、カトリックが大半であるところの祝日のようです。


今日は、カトリック信者ではない私の目に映る「カトリックに絡んだお話」を少し書いてみようと思います(情報には間違いも含まれるかもしれませんが、ご了承ください。またお気づきの点がありましたら、コメント欄にぜひご指摘ください)。


ドイツ語では、この日「フロンライヒナム」、日本語では聖体の祝日と言われるものですが、聖霊降臨(せいれいこうりん)、つまりプフィングステンのあとの木曜日。
2週間あるプフィングステン休暇の途中にあるのですが、カトリックの教会行事では、行進をしながら用意されたいくつもの祭壇を移動し、盛大にお祝いされます。その際は、地元の消防団が大きな旗のようなものをいくつも持って引率します。
参列者は、色とりどりの春らしい服やバイエルンの民族衣装で着飾り、暑すぎるくらいの気候のなか、2~3時間くらい外に立ちっぱなしというのが通常です。
いくつかある教会行事の中でも最も大切なもののひとつであることは間違いないです。


昨年はコロナのため、大きく祝うことはありませんでしたが、今年は行進はないものの野外で盛大にミサが行われました。

IMG_3262.JPG

写真中央に祭壇が用意され、その手前には花びらなどで作った美しい絵が。この花びらはここは地元の教会すぐそばにある公園ですが、野外で行われる教会行事の多くが執り行われる場所でもあります。


普通のミサが1時間程度であるのに対し今日は1時間半ちょっとかかりましたが、行進しないぶん早く終わりました。本来この行事の締めくくりは、教会主催で焼きソーセージが昼食に振る舞われますが、コロナのためこれは割愛されました。
聖体の祝日には、焼きソーセージを食べるのが慣わしです。これはドイツ全土またはドイツのカトリックの町すべてというわけではなく、地域的なもののようです。レーゲンスブルクと同じ、バイエルン州オーバープファルツ県のヴァイデン(Weiden)出身の人と話していてわかったのですが、そこでは焼きソーセージをこの日に食べる週間はないのだそうです。


ちなみに今日は祝日なので焼きソーセージは買えませんから、昨日焼きソーセージを買いにお肉屋さんに行きました。焼きソーセージといっても焼くのは自分であり、生の状態、または軽くゆでてある状態で売られています。これらはドイツ人が大好きなBBQで焼くのが一番おいしいのですが、買ってもそのままとりあえず冷凍しておけば、ちょっとしたときに便利ですし、ゆでたりスープに入れたりして食べる方法もあります。詳しくはこちら をご覧ください。
ここしばらくやっと暖かくなり晴天が続くうえ、13時半を過ぎていたから(時間的に遅かったから)か、お目当ての種類の焼きソーセージは売り切れ。みんな考えることは同じなのですね。


カントル(教会音楽家、Kantor)と呼ばれる人が、今日はたくさん歌を歌いました。
牧師さんも歌を歌いましたが、教会の儀式は役割分担がしっかりしていて、整然としていて気持ちよく式が進行します。牧師さん、またはこのカントルが歌を歌う、というよりは聖書の一節を歌い上げるという感じでそれに続き、群衆も歌います。同席している私たち金管音楽グループの中には、レーゲンスブルクの有名な少年合唱団(大聖堂のスズメたち)の卒業生もいますし、教会のコーラスで歌っている人もいます。そんな人たちも一緒に大きな声で歌うので、音楽的でとても美しいです。


教会音楽は、アカペラでみんなが歌うこともあれば、パイプオルガンの演奏があったり、金管楽器が最低4本程度で演奏することもあります。初めてミサでトランペットを吹かせてもらったときは、私にとっては非常に衝撃的でした。演奏に合わせて歌を歌うために、息継ぎのための変な空間があるのです。つまり、例えば4分の4拍子の曲なのに、いつも1234、1234と拍を数えずに、決められた場所で半拍程度の静止状態があったりするのです。それに慣れていない私には非常に気持ちが悪いものでした。


また音楽演奏の機会を通じて、教会を陰で支える人たちと少なからずも交流があったりします。
外国人でありかつ異教徒である私ですが、こうやって大きな教会行事を一緒に体験させてもらうことにより、ドイツ人の風習などが見えてくることもあり、私は貴重な体験を知らず知らずのうちにさせてもらっています。そんな私の体験から、少し書かせていただきました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2021年6月 4日
« 前の記事「ワクチン、来週以降再び入手。」へ
»次の記事「【コロナ関連】制限の緩和」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
コロナ時代の夜の広場、カフェ・アントン
ホテル・ツム・ブラウエン・クレブス(ホテル・青い蟹へ)
「太った男」という名前のレストラン
ストレートに聞いてみた。あなたのカフェでカプチーノを飲む価値がありますか?
バイエルン州コロナの規制緩和状況〜大幅に緩和!(2020年6月17日発表分)
元ローマ教皇ベネディクト16世がレーゲンスブルクに短期滞在中!
ジャガイモ料理、もう一品!クヌーデルのご紹介
ドイツといえばジャガイモ料理。ドイツ風マッシュポテト。
【新型コロナウイルス情報】その後のバイエルン州の様子
ドイツ→日本、どうしても日本へ行かなければならない方のための情報です

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集