海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > リヒャルト・ワーグナーのオペラ『ラインの黄金』が港...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年7月 3日

リヒャルト・ワーグナーのオペラ『ラインの黄金』が港で上映される


リヒャルト・ワーグナーのオペラ『ラインの黄金』が港で上映される

『ニーベルングの指環』4部作の「序夜」にあたるオペラ、ラインの黄金(Das Rheingold)のプレミエを翌日に控えた、2021年7月2日金曜日の夜、リハーサルが行われました。レーゲンスブルクの劇団が、コロナ禍にあわせ野外劇場を企画したものです。
このオペラの舞台は、本来はライン川ですが、ここはドナウの水が流れる港。

IMG_3877.JPG

500人の観客を予定していましたが、コロナの感染者数が落ち着いたことから、1290人まで収容できるようになり、急遽チケットが追加発売になったようです。上演は、今日7月3日と4日(私が見たのは、あくまでリハーサルなので、オーケストラの生演奏もなく、途中でいったんすべてが止まって、あれあれ?? 何があったの?と思わせる場面もあったりしました)。

IMG_3881.JPG

↑上映開始前はこんな感じです。建物を背景としての演技、川を挟んでこちら側に観客席があります。
写真左側に大きな赤いソファがありますが、木曜日に運び込まれて設置されました。関係者の話によりますと、木曜日の夜に降った雨で、このソファがずぶ濡れになりたいへんだったそうです。


このオペラを港でどのように演じるのか、どのような効果や仕掛けがあるのか、その辺が気になるところでしたが、うまく光を駆使していました。

IMG_3897.JPG


ときどき字幕も出てきました。

IMG_3900.JPG

普通劇場内でのオペラの上映の場合、字幕が出ますが、今回はそのような設備はありません。ただし、事前に無料のアプリを携帯にダウンロードしておけばすべてのセリフが読めるようになっていました。私も試しに行ってみたところ、うまく機能しましたが、隣に座る友人はそんな字が読めるの?と疑問視していました。活字がとっても小さくて、老眼ではまず無理な状態です。私は幸いにまだ大丈夫ですが。
いずれにせよ、携帯は基本的には使わずに演目に注視していました。内容はストーリーを事前にチェックしていたものの、まったくわかりませんでしたが、雰囲気を楽しみました(ちなみに字幕がないため、ドイツ人でも理解できないそうです)。


また、劇団員の動きは正直あまりよく見えませんが、黒い服をまとったカメラマンが始終追いかけて撮影しており、後ろの建物にドアップで映し出されたりしています。それでも、オペラを見るにはやはり、オペラグラスがあるに越したことはないと思います。

IMG_3918.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2021年7月 3日
« 前の記事「カフェ・ショリーのワットマルクト店で、久しぶりカフェ体験」へ
»次の記事「自転車屋台で、バーベキュー!」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
わが家の子供のプロジェクト、「鶏が欲しい!」〜その5〜
ドイツではよく見かけるハリネズミ。ちょっと調べてみました。
猟師のためのカメラを使ってみた
自宅で過ごす時間が多い今、作り置き料理もいいですね。トマトソースのおすすめ
吹奏楽器ファン必見、良心的な修理とアドバイスを受けられる場所プライショル
やっぱり美しい。ため息をつくような初夏の夜景。
初夏を家族で楽しむコース、アルトミュールタール
コロナと共に生きる!ちょっとウクレレ弾いてみない?ウクレレ・フィーバー

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集