海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 宗教的な問題を含む、歴史的な装飾

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年1月13日

宗教的な問題を含む、歴史的な装飾


宗教的な問題を含む、歴史的な装飾

レーゲンスブルクの観光が再び可能になるのは、一体いつになるのでしょうか。
コロナの影響を受け、町のなかでは色々な変化があります。
観光ガイドを本職とする? 私にとって、とても興味深いテーマが2021年11月8日(土)のに新聞に取り上げられていましたので、今回は少し掘り下げてみようと思います。


今回取り上げるのは、中世のドイツ人(キリスト教徒)がユダヤ人を嫌い、ユダヤ人を不浄の動物とされる豚と一緒に表現し、教会などに彫刻を施していたことに対して"現代社会の考え方にそぐわないことから、彫刻などを破壊するかどうか"という問題を解決したという話です。この彫刻は、一般にJudensau(ユーデンサウ)として知られています。ドイツ語で、Judenはユダヤ人を表し、Sauとは雌豚のことをいいます。ユダヤ人が豚の乳を飲む姿をモチーフにしたものです。


IMG_8019.jpeg

この彫刻がどこにあるかというと、建物の南側の外壁。下の写真で、赤く印をつけた部分。

IMG_8026.jpg

この彫刻の下には解説のプレートが掲げられており、
その解説の文章を、「人種、民族、宗教を超えて、「嫌悪感」というのは人を殺し合うことにつながった歴史があることを伝え、今後それを教訓とすることを望む」というような内容に変更されるようです。
つまり、この彫刻は撤去されることなく解決に向かったとのこと。


実はユダヤ人をモチーフとした彫刻に関する問題はレーゲンスブルクに限ったことではありません。


例えば、私がサッと調べただけでもケルンの大聖堂にも、ユダヤ人をモデルとした中世のモチーフが2ヵ所あります。
ひとつは、祭壇のところにある椅子(Chorgestühl)。1308~1311年頃のもの。
もうひとつは、雨どいの水が流れ出す部分(Wasserspeier)。1280年頃のものです。


Wasserspeierとは? イメージがわかない方のために、レーゲンスブルクの大聖堂のものを参考までに紹介します。(これは、今回のテーマのJudensauには関係ありません)


IMG_8024.jpeg

写真で、柱に取り付けられた動物の像があります。背中から頭にかけて、雨水が流れるようになっており、口からその水が下へこぼれるように作られています。

ほかにも、例えばヴィッテンベルガー(*)の教会にもレリーフがあります。当時は、頻繁に教会にこの類の彫刻が施されていたようです。


* Wittenberger、ザクセン=アンハルト州(州都マクデブルク)、ライプツィヒから北へ約60km


レーゲンスブルクには、現在もユダヤ教の方がたくさんいます。また980年頃からユダヤ人街があったといわれています。レーゲンスブルクにあるシナゴーグについては、こちら で紹介していますので、是非併せてご覧ください。

今回のテーマですが、本当は非常に奥が深いもので、簡単には言い表せない部分です。
ただ私たち日本人には馴染みが薄く、こんな問題があるんだということを知っておくのも悪くないのではないかと思いました。


私自身は、キリスト教でもユダヤ教でもありません。単なる公認観光ガイドの立場で、気になる内容であったので、ご紹介させていただきました。
言葉足らずの部分、曖昧な部分がありましたら、お許しください。


今回は、レーゲンスブルクの大聖堂の彫刻について書きましたが、大聖堂について過去に書いたブログ記事をご参考までにリンクしておきます。


2017年9月1日 大聖堂・聖ペトロ
2019年5月23日 知らなければ良かった、大聖堂の秘密
2019年11月13日 レーゲンスブルク大聖堂のパイプオルガン・ガイドツアー
2020年1月27日 レーゲンスブルク観光の目玉の大聖堂の一部が、数年間に渡って覆われる!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2022年1月13日
« 前の記事「花火のない大晦日なんて嘘!」へ
»次の記事「【コロナ関連情報】感染者数激増、ドイツの数値」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
【コロナ関連情報】生活していて感じるコロナの状況
【コロナ関連情報】感染者数激増、ドイツの数値
宗教的な問題を含む、歴史的な装飾
花火のない大晦日なんて嘘!
コロナ禍のバイエルン州で外食、ギリシア料理「タヴェルネ・リーガ」
【コロナ関連状況】オミクロン株の状況とバイエルン州での新しい規制
ドイツに住む私のクリスマス
ドイツから日本へ帰国後 : 指定ホテルでの待機と自宅等待機(12月2日入国の場合)
1年前の同じ月に投稿された記事
【コロナウイルス関連情報】ホームオフィス義務化!
【コロナウイルス関連情報】予防接種(バイエルン州の場合)
ドイツの冬の美しさ、ささやかな喜びのお裾分け
【コロナウイルス関連情報】ひげ禁止?
【コロナウイルス関連情報】2月14日までロックダウン延長
凍結防止にきゅうりのピクルスの液【バイエルン州発・おもしろニュース】
【コロナウイルス関連情報】優等生はレーゲンスブルク!
【コロナウイルス関連情報】マスク関連、追加情報。
【コロナウイルス関連情報】唐突に表に出たバイエルンの新しい規制に市民は困惑
【コロナウイルス関連情報】バイエルン州の1月の規制
部屋に観葉植物がトレンド? ロックダウンで人々の生活が変わった
【コロナウイルス関連情報】ロックダウン延長の見通し
2021年 バイエルン州ではどのようにスタートする?

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集