海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/レンヌ特派員ブログ

フランス/レンヌ特派員ブログ 高津 竜之介

フランス・レンヌ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


フランス・ブルターニュ地方は、古くから海を挟んで北側にあるイギリスとの交流が盛んな地域としても知られています。イギリス本島はフランス語でグランド・ブルターニュ(Grande-Bretagne:大きなブルターニュの意)と呼ばれたり、イギリスから渡ってきた宣教師たちの影響でケルト宗教が未だに根付いている土地としても知られています。そんな影響もあるのかないのか(?)、今回はレンヌにある素敵な英国風ティーサロンの「イッツ・ファイブ・オクロック・サムウェア(It's Five O'Clock Somewhere)」というお店を紹介します。


時間を忘れてまったりと過ごせるお店

Arukikata11-Five_OClock1-Facade.jpg

メトロのサン・タンヌ駅からオッシュ広場を目指して歩くと目に留まる可愛らしいブリティッシュなサロン・ド・テがファイブ・オクロックです。


英語の「It's Five O'Clock Somewhere.」という表現は直訳すると「世界のどこかは5時です。」という意味ですが、「少しお酒を飲むには早い時間だけどビールなどを飲んでくつろぎませんか?」という誘い文句に使えるのだそう。このお店は紅茶がメインのお店ですので、より広義に、「時間を忘れてまったりとした時間を過ごしませんか?」といった意味で用いています。


今回は日曜日限定でオーダー出来るアフタヌーンティーを楽しんだので、私たちの食べたメニューを写真と共に紹介します。


予約必須の限定アフタヌーンティー:軽食

Arukikata11-Five_OClock2-Verrine.jpg

サンドイッチ・アソートメント:しっとり触感のパンに、フランス風アレンジの効いた具がマッチしています。様々な味わいが楽しい盛り合わせです。

- きゅうり、クリームチーズ、ミントのサンドイッチ

- スモークサーモンとレモン風味のバター、新玉ねぎのサンドイッチ

- たまごサンド

- ブルーチーズ、クルミ、ベビーホウレンソウのサンドイッチ


ヴェリ―ヌ:ガラスの器に入れられた料理全般を指しますが、アフタヌーンティーにしては珍しく温かいスープが出てきました。

- グリーンピースのクリームポタージュ、ミント風味


予約必須の限定アフタヌーンティー:スコーン

Arukikata11-Five_OClock3-Scone.jpg

スコーン:スコーンは計3種類の中から選ぶことが出来ます。今回はオーソドックスな、プレーンとドライフルーツのスコーンを試してみました。イギリスのものと比べて、優しく軽いフランスらしい食感に仕上がっていました。イギリス伝統のクロテットクリームではなく、マスカルポーネとジャムの組み合わせも珍しく、新しい楽しみ方を提案しています。

- プレーンまたはクランベリーとレーズンのスコーン、マスカルポーネクリームとイチゴまたはオレンジのコンフィチュールを添えて

- チーズのスコーン、玉ねぎのチャツネと有塩バターを添えて


予約必須の限定アフタヌーンティー:ケーキ&紅茶

Arukikata11-Five_OClock4-Cake.jpg

ケーキ:アフタヌーンティーというと一口サイズの小菓子がお皿に並べられてくるのが一般的ですが、ここでは店内に並ぶ種類豊富なケーキの中から一品選んで食べることが出来ます。フランスではあまり見かけない英国風ケーキがずらりと並んでおり、イギリスへ小旅行をした気分になれます!

例)クイーン・ヴィクトリア・スポンジケーキ、レア・チーズケーキ、キャロットケーキ、スティッキー・トフィー・プディング、メレンゲ・レモンタルト、アップルパイ、ミリオネア・ショートブレッド、ブラックアウト・ケーキなど


紅茶:たくさんの種類があって迷ってしまいますが、今回は王道のダージリンとイングリッシュ・ブレックファーストを選択。本格的な香りと味に、ひとりひとり違うイギリスらしい絵柄のティーポットで楽しませてくれました。


冷たい飲み物:イギリスらしいローズ・レモネードとイングリッシュ・エルダーフラワーのジュースを頼みました。


これだけのボリュームで18ユーロと、アフタヌーンティーにしては良心的な価格設定なのも嬉しい所です。人気店なので日曜日以外も予約なしでの入店は難しいこともありますが、ケーキだけの利用や平日、土曜日のブランチもお勧めです。予約をしてぜひイギリス気分を楽しんでみてくださいね。


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


2019年5月 9日

レンヌから電車で50分ほどで着くドル・ド・ブルターニュ(通称ドル)は、人口6,000人程の小さな街です。サン・マロやディナンといったブルターニュを代表する観光地へと向かう電車が乗り入れる重要な街で、フランスの新幹線TGVも止まるので休日にはモン・サン・ミシェルへとバスで向かう人々で溢れています。日本ではあまり知られていませんが、「風格ある小さな街(Petites Cités de caractère)」に加盟するなど実はとても情緒豊かな場所なんです。今回はそんなドルの魅力を紹介したいと思います!


ブルターニュ公国の宗教の中心地

Arukikata10-Dol_de_Bretagne1-Ville.jpg

9世紀にブルターニュ公国を治めていたノミノエ王(Roi Nominoë)はドルを宗教の中心地と位置づけ、19世紀まで司祭が置かれました。街も教権によって大きく繁栄し、丸石を積み上げた民家が大聖堂の周囲を囲んでおり、古いもので12世紀に起源を持つものもあるそうです。また、木組みの家が立ち並ぶメイン・ストリートも活気を見せています。


存在感溢れるサン・サムソン大聖堂

Arukikata10-Dol_de_Bretagne2-Cathedrale.jpg

12世紀から13世紀に建てられたサン・サムソン大聖堂は、ブルトン・ゴシック様式が特徴的でブルターニュ地方で最も美しい大聖堂と謳われています。内部に入った時にまず目に飛び込んでくる巨大なステンド・グラスが印象的で、その起源は13世紀にまで遡ることが出来ます。上部の6つの花びらから構成される、ロザース(丸い花形の装飾)は思わずうっとりする美しさです。


大聖堂に残された謎の井戸

Arukikata10-Dol_de_Bretagne3-Puits.jpg

大聖堂の外部と内部にある2つの井戸。実は地下で繋がっていて行き来することも出来る非常に珍しい造りをしています。9,6メートル降りた先には、人が立ったまま移動できる高さの廊下があるそうです。2つの井戸の伝説は伝えられていたものの、公に明らかにされたのはごく最近のことで、2010年に一般公開されました。どうしてそのような構造になっているのかは未だ謎ということで、人々の好奇心を掻き立てています。


緑に囲まれた散歩道:プロムナード・ジュール・ルベール

Arukikata10-Dol_de_Bretagne4-Promenade.jpg

大聖堂の先に整備された散歩道プロムナード・ジュール・ルベールも歩いてみましょう。木々に囲まれた自然空間を抜けると、城壁へと架けられた橋で街の中心部へ渡ることが出来ます。15世紀の塔の一部や、街を囲むように高くそびえる中世の壁を眺めると、ここが強固な城塞都市であったことを伺い知ることが出来ます。


私たちはこの後友人の車で、サン・シュリアックという「フランスの最も美しい村」へ行ってみました。もし良ければ併せて訪れてみてくださいね!


▼一緒に読みたい

【サン・シュリアック】漁師の願いが込められた村


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


2019年5月 2日

レンヌ駅前で4店舗を構えるレ・ブティック・ド・ジョセフは、カフェ・レストランのレ・サヴール・ド・ジョセフ、パン屋さんのラ・ブランジュリー・ド・ジョセフ、ワインショップのレ・カーブ・ド・ジョセフなど様々なコンセプトを持ったおしゃれで親しみやすい空間を展開しています。今日はその中でも、お土産物屋さんのレピスリー・ド・ジョセフを紹介したいと思います。


レンヌ駅目の前の便利なお土産屋さん

Arukikata9-Epicerie_de_Joseph1-Facade.jpg

レンヌ駅北口を出て、道路を挟んだ向かい側にレピスリー・ド・ジョセフはあります。乗り換えの隙間時間などでも十分に立ち寄れる便利な立地で、店の中からは特徴的な建築のレンヌ駅を眺めることが出来ます。明るく清潔感のある店内で、初めてのフランス旅行という方でも入りやすいと思いますので、ぜひ活用してみてくださいね。


ブルターニュのお土産が豊富に揃っています

Arukikata9-Epicerie_de_Joseph2-Cadeaux.jpg

店内はブルターニュ地方の可愛いお土産が豊富に揃っているので、旅行の締めくくりにまとめてお土産を買うのに最適です。キャラメル・ブール・サレ(塩キャラメル)から、バターを贅沢に使ったガレット・ブルトンヌといった焼き菓子。この地域に定番のお土産の中から、おしゃれなパッケージングのものばかり揃えて販売しています。また、ブルターニュ産地ビールやリンゴのお酒シードルなど甘いものが苦手な方にもおススメのお土産も取り扱っています。


サンドイッチなどの軽食も!

Arukikata9-Epicerie_de_Joseph3-Sandwich.jpg

またこのお店ではサンドイッチ(3.8ユーロから)やキッシュ(4.3ユーロ)、サラダ(6.9ユーロ)、各種ケーキ(2.1ユーロから)など電車内で食べるのにも便利な軽食が数多く取り揃えられています。パン屋さんやカフェ・レストランも近くで経営しているので、味には自信をもって提供しています。朝早くの旅行には、コーヒーとクロワッサンのセット(2.4ユーロ)もおススメです。イートインも可能なので、自分自身の旅のスタイルに合わせて上手に活用してみてくださいね。


日曜日も営業している旅行者の味方

Arukikata9-Epicerie_de_Joseph4-Epicerie.jpg

店名につけられたエピスリー(épicerie)とは、フランスの食料品店の事を指します。日本のコンビニのような品揃えで、スナック類やビスケットの他、旅行中に急に必要になった日用品なども買うことが出来ます。曜日によって営業時間は異なりますが、通常閉まることの多い日曜日は朝8時30分から夜10時まで営業しているので、旅行者にとって心強い味方になると思います。


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


2019年4月29日
2019年4月28日
2019年4月24日
2019年4月23日
2019年3月25日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レンヌ特派員

    レンヌ特派員
    高津 竜之介
    レンヌ第2大学言語学部非常勤講師(日本語)。現在は同大学人文社会学研究科において「世界の最も美しい村の比較研究」をテーマに博士課程在籍中。レンヌ第1大学経済学部修士課程一年目修了(2013)。サヴォワ・モンブラン大学(アヌシー)経営学研究科修士課程二年目修了(2014)。NPO法人「日本で最も美しい村」連合勤務(2016-2018)。原稿執筆、翻訳・通訳、現地コーディネート、ガイド講師などのご依頼も承っております。過去の仕事例等についてはこちらからご確認いただけます。お気軽にご相談ください。
    ▼運営サイト
    https://lesplusbeauxvillages.com/
    ▼お問い合わせ先
    info【at】lesplusbeauxvillages.com
    DISQUS ID @disqus_8SWIa4EjTz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集