海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レンヌ特派員ブログ > 【ドル・ド・ブルターニュ】謎残る大聖堂が街のシンボ...

フランス/レンヌ特派員ブログ 高津 竜之介

フランス・レンヌ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月 2日

【ドル・ド・ブルターニュ】謎残る大聖堂が街のシンボル!


【ドル・ド・ブルターニュ】謎残る大聖堂が街のシンボル!

レンヌから電車で50分ほどで着くドル・ド・ブルターニュ(通称ドル)は、人口6,000人程の小さな街です。サン・マロやディナンといったブルターニュを代表する観光地へと向かう電車が乗り入れる重要な街で、フランスの新幹線TGVも止まるので休日にはモン・サン・ミシェルへとバスで向かう人々で溢れています。日本ではあまり知られていませんが、「風格ある小さな街(Petites Cités de caractère)」に加盟するなど実はとても情緒豊かな場所なんです。今回はそんなドルの魅力を紹介したいと思います!


ブルターニュ公国の宗教の中心地

Arukikata10-Dol_de_Bretagne1-Ville.jpg

9世紀にブルターニュ公国を治めていたノミノエ王(Roi Nominoë)はドルを宗教の中心地と位置づけ、19世紀まで司祭が置かれました。街も教権によって大きく繁栄し、丸石を積み上げた民家が大聖堂の周囲を囲んでおり、古いもので12世紀に起源を持つものもあるそうです。また、木組みの家が立ち並ぶメイン・ストリートも活気を見せています。


存在感溢れるサン・サムソン大聖堂

Arukikata10-Dol_de_Bretagne2-Cathedrale.jpg

12世紀から13世紀に建てられたサン・サムソン大聖堂は、ブルトン・ゴシック様式が特徴的でブルターニュ地方で最も美しい大聖堂と謳われています。内部に入った時にまず目に飛び込んでくる巨大なステンド・グラスが印象的で、その起源は13世紀にまで遡ることが出来ます。上部の6つの花びらから構成される、ロザース(丸い花形の装飾)は思わずうっとりする美しさです。


大聖堂に残された謎の井戸

Arukikata10-Dol_de_Bretagne3-Puits.jpg

大聖堂の外部と内部にある2つの井戸。実は地下で繋がっていて行き来することも出来る非常に珍しい造りをしています。9,6メートル降りた先には、人が立ったまま移動できる高さの廊下があるそうです。2つの井戸の伝説は伝えられていたものの、公に明らかにされたのはごく最近のことで、2010年に一般公開されました。どうしてそのような構造になっているのかは未だ謎ということで、人々の好奇心を掻き立てています。


緑に囲まれた散歩道:プロムナード・ジュール・ルベール

Arukikata10-Dol_de_Bretagne4-Promenade.jpg

大聖堂の先に整備された散歩道プロムナード・ジュール・ルベールも歩いてみましょう。木々に囲まれた自然空間を抜けると、城壁へと架けられた橋で街の中心部へ渡ることが出来ます。15世紀の塔の一部や、街を囲むように高くそびえる中世の壁を眺めると、ここが強固な城塞都市であったことを伺い知ることが出来ます。


私たちはこの後友人の車で、サン・シュリアックという「フランスの最も美しい村」へ行ってみました。もし良ければ併せて訪れてみてくださいね!


▼一緒に読みたい

【サン・シュリアック】漁師の願いが込められた村


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年5月 2日
« 前の記事「【レンヌ】レンヌ駅前のおしゃれなお土産屋さん!レピスリー・ド・ジョセフ」へ
»次の記事「【レンヌ】フランスで楽しめる本格アフタヌーンティー!It's Five O'Cloc...」 へ
おすすめ記事
レンヌ特派員 新着記事
【レンヌ】フランスで楽しめる本格アフタヌーンティー!It's Five O'Clock Somewhere
【ドル・ド・ブルターニュ】謎残る大聖堂が街のシンボル!
【レンヌ】レンヌ駅前のおしゃれなお土産屋さん!レピスリー・ド・ジョセフ
【レンヌ】聖母マリアが見護るサン・ムレーヌ教会
【レンヌ】肩肘張らないスタイリッシュなスペイン・バル!ラ・クララ
【レンヌ】タボール公園はレンヌ市民の憩いの場!
【レンヌ】お椀で飲むこだわりホット・チョコレート!ル・アリコ・ルージュ
【レンヌ】他にはない絶品マカロン!フィリップ・ヴーヴィエ
[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/5/22更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レンヌ特派員

    レンヌ特派員
    高津 竜之介
    レンヌ第2大学言語学部非常勤講師(日本語)。現在は同大学人文社会学研究科において「世界の最も美しい村の比較研究」をテーマに博士課程在籍中。レンヌ第1大学経済学部修士課程一年目修了(2013)。サヴォワ・モンブラン大学(アヌシー)経営学研究科修士課程二年目修了(2014)。NPO法人「日本で最も美しい村」連合勤務(2016-2018)。原稿執筆、翻訳・通訳、現地コーディネート、ガイド講師などのご依頼も承っております。過去の仕事例等についてはこちらからご確認いただけます。お気軽にご相談ください。
    ▼運営サイト
    https://lesplusbeauxvillages.com/
    ▼お問い合わせ先
    info【at】lesplusbeauxvillages.com
    DISQUS ID @disqus_8SWIa4EjTz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集