海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レンヌ特派員ブログ > 【レンヌ】2000種類を超えるバラが咲き誇る:タボ...

フランス/レンヌ特派員ブログ 高津 竜之介

フランス・レンヌ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月 5日

【レンヌ】2000種類を超えるバラが咲き誇る:タボール公園(Parc du Thabor)


【レンヌ】2000種類を超えるバラが咲き誇る:タボール公園(Parc du Thabor)

6月になり一日中太陽の差し込む暖かな時期になりました。過去の記事で紹介しているタボール公園内のローズ・ガーデンが見頃を迎えたので、改めて紹介させて頂きたいと思います!


◇穏やかな時間を過ごすには最適なタボール公園

Arukikata14-Roseraie1-Thabor.jpg

サン・ムレーヌ教会のすぐ隣に位置する10ヘクタールにも及ぶ広大な公園の敷地には、フランス式庭園や英国式の庭など様々なコンセプトの空間を楽しむことができます。また夏になるとコンサートなど様々な音楽・芸術イベントが催され、多くの人々で賑わいを見せます。


▼一緒に読みたい

【レンヌ】タボール公園はレンヌ市民の憩いの場!


◇様々な色・形のバラが楽しめるローズ・ガーデン

Arukikata14-Roseraie2-Jardin.jpg

そんなタボール公園の一角に整備されているのが、「植物学者の庭」および「ローズ・ガーデン」。2000を超える品種のバラが植えられており、色・形の異なるバラのバリエーションに驚かされます。珍しい種類のバラも多く、中には日本由来のものもあるので、ちょっとした日仏交流の場にもなっています。5月中旬から6月中旬が見ごろとなっているので、その時期にレンヌを訪れた際には必見のスポットです。


◇フランスとバラの歴史

Arukikata14-Roseraie3-Histoire.jpg

フランスとバラは切っても切れない縁にあるのをご存知でしょうか?というのも、フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの妻ジョセフィーヌが熱心なバラの愛好家として知られ、世界中のバラのコレクションを自身の庭に集めました。収集したバラを用いて造園家に品種改良を試みさせ、彼女の死から約50年後に「ラ・フランス」と名付けられたバラが誕生しました。


「ラ・フランス」は、①大輪の花を咲かせる、②(条件さえ揃えば一年中花を咲かせることの出来る)四季咲きの性質を持つという点で当時としては革新的な品種であり、このバラ以前の系統を「オールド・ローズ」、以後の系統を「モダンローズ」と区別するほどの大きな影響を与えました。


◇フランスとバラの文化

Arukikata14-Roseraie4-Culture.jpg

またルイ16世の王妃マリー・アントワネットもバラを愛した人物として有名。自身の衣装や調度品にも気品あるバラをあしらっていたことで知られています。彼女を代表する肖像画にも、一輪のバラを持った姿が描かれています。現在でも"マリー・アントワネット風"というと必ずピンクのバラがモチーフになっていますよね。


もう一つフランスを代表するシャンソンとして、1946年に発表されたエディット・ピアフの代表曲「愛の賛歌(La Vie en rose)」があります。日本語では「バラ色の人生」とも訳され、光り輝く人生または順風満帆な人生を連想させますが、フランス語でローズ(rose)はピンク色の事を指しており愛のためなら何でも投げ捨てる女性の覚悟が歌われています。


最後になりますが、バラに興味にある方はジェルブロワという「フランスの最も美しい村」のバラ祭りもお勧めです。村中の民家がバラに彩られていた可愛らしい街並みは一見の価値ありです!


▼一緒に読みたい

【ジェルブロワ】可愛さと気品に満ちたバラの村

【ジェルブロワ】アンリ・ル・シダネル発案の「バラ祭り」とは?


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ちください。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


■今回紹介した場所

・スポット名:タボール公園内植物園(Parc du Thabor : Le jardin botanique et la roseraie)

・住所:Place Saint-Mélaine, 35000 RENNES

・アクセス:メトロ「サン・タンヌ駅」から徒歩20分

・参考URL:https://www.tourisme-rennes.com/fr


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年6月 5日
« 前の記事「【レンヌ】ミシュラン星付き!カジュアル創作フレンチ:ラシーヌ」へ
»次の記事「【レンヌ】若い女性に人気の今どきカフェ・ショップ!シェリシェリ(Chérie Chéri)」 へ
おすすめ記事
レンヌ特派員 新着記事
【ヴァンヌ】ローマ教皇にも認められたサン・ピエ―ル大聖堂! Cathédrale Saint-Pierre de Vannes
【ヴァンヌ】港沿いに広がるブルターニュの古都!Vannes
【レンヌ】ミシュラン星付き!和のエッセンスを加えた本格フレンチ:イマ(Ima)
【レンヌ】サン・テリエ地区のフリーマーケット!Le vide-grenier Saint-Hélier
【ディナン】ブルターニュ公爵の威厳溢れるディナン城!Château de Dinan
【ディナン】中世の雰囲気に浸れるブルターニュの街!Dinan
【レンヌ】ブルターニュ唯一のネオ・クラシック様式の教会!サン・ピエール大聖堂(Cathédrale Saint-Pierre)
【レンヌ】有機食材にこだわるクレープリー!グー・エ・グルモンディーズ(Goût & Gourmandise)

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レンヌ特派員

    レンヌ特派員
    高津 竜之介
    レンヌ第2大学言語学部非常勤講師(日本語)。現在は同大学人文社会学研究科において「世界の最も美しい村の比較研究」をテーマに博士課程在籍中。レンヌ第1大学経済学部修士課程一年目修了(2013)。サヴォワ・モンブラン大学(アヌシー)経営学研究科修士課程二年目修了(2014)。NPO法人「日本で最も美しい村」連合勤務(2016-2018)。原稿執筆、翻訳・通訳、現地コーディネート、ガイド講師などのご依頼も承っております。過去の仕事例等についてはこちらからご確認いただけます。お気軽にご相談ください。
    ▼運営サイト
    https://lesplusbeauxvillages.com/
    ▼お問い合わせ先
    info【at】lesplusbeauxvillages.com
    DISQUS ID @disqus_8SWIa4EjTz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集