海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > 野生のカピバラ親子に遭遇!! レゼンデの中心を流れ...

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月18日

野生のカピバラ親子に遭遇!! レゼンデの中心を流れるパライバ川


野生のカピバラ親子に遭遇!! レゼンデの中心を流れるパライバ川

レゼンデのど真ん中には、大きな川が流れています。

パライバ川という名前で、川幅は約100m、

色は深緑がかった泥の色。

サンパウロ州を起点にリオ・デ・ジャネイロ州の海まで続く川で、

この川に沿って小さな町が続きます。

レゼンデもその小さな町のひとつなのです。



002-A.JPG



このパライバ川がレゼンデ市街を二分していて、

川より北側が旧市街、川の南側が新市街。

3本かかる橋のいずれかを通って、人や車が行き来します。



私も週に何度かこの橋を渡ります。

釣りをしている人がいるな、カワサギがいるな

などと、歩きながら眺めています。



この日も橋を渡ろうとしたその時、川べりの歩道に

こげ茶色のモソモソ動くおしりを発見!



002-B.JPG



カピバラです!

急いで土手を降りて、追いかけました。



大人が3頭、子供が7頭ほど。

そうっとまわりこんで、お顔を拝見!

002-C.JPG

大人の体長は1mを超え、その大きさに最初はちょっとびびってしまいました。

ここは動物園ではないし、どこまで近づいていいのか...。



こちらをチラリと見たものの、威嚇するでもなく、逃げるわけでもないので、

川べりに腰を下ろして、しばし観察することに。



のんきに草を食む、おとぼけな様子になんとも癒されます。



002-D.png



「カピバラは一頭のオスと複数のメスと、その子供たちからなる

10頭ほどの群れで生活し、子育てを行う」そうで、

まさにその光景に出合うことができました。

ネズミやビーバーと同じ仲間で、世界最大の齧歯(げっし)類。

非常に穏やかな性格の草食性で、泳ぎが得意。

主な生息地域はアマゾン川流域を中心とした温暖な水辺とのこと。



このパライバ川は、アマゾン川よりずっと南にあります。

(南半球ですから、南に行くほど寒いわけです。そして7月の今は冬です。)

温暖な気候を好むカピバラが、冬の朝晩は冷え込むここレゼンデで、

元気に成長していくことを、見守っていきたいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2013年7月18日
« 前の記事「「レゼンデ」ってどこ?ガイドブックにも地図にも載らないブラジルの町」へ
»次の記事「リオの滞在はセレブが集まるバハ・ダ・チジューカがおすすめ!」 へ
レゼンデ特派員 新着記事
最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
暗中模索。ブラジルでの子育て
リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!

ブラジル ツアー最安値


2021/3/31更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集