海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > まもなく夏到来!ブラジルへの旅行者はデング熱に注意

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月18日

まもなく夏到来!ブラジルへの旅行者はデング熱に注意


まもなく夏到来!ブラジルへの旅行者はデング熱に注意

_MG_9719.JPG



今一番欲しいもの...



それは網戸。



今年の11月は雨が続いて肌寒くなる日もあるレゼンデですが、天気予報によると12月からは本格的な夏到来。蚊も増えてきました。しかし、ブラジルの家には網戸がないのです。まれに窓枠に網戸をはめ込んで工夫している家も見られますが、日本のように可動式の網戸はまだ見たことがありません。マンション住まいの我が家にも網戸はなく、室内の電気を付けている時は窓が開けられません。



ブラジルでは蚊が媒介するデング熱(dengue)という病気があります。症状は風邪に似ているのですが、まれに重症化して命に係わることもあります。私自身が「注意しなければ」と思っていることは、風邪だと自己判断して手持ちの風邪薬や解熱剤を飲んでしまうこと。デング熱を患っている人がアスピリン系の薬を飲むと、症状が悪化する危険があるそうです。



昨シーズンはデング熱が再び流行



一時はブラジルのデング熱は減少傾向にありましたが、昨シーズンは前年比約3倍の患者が出ました。昨年2月の調べでは約20万5000人が感染しています。

aedes_6[1].jpg



デング熱は人から人に直接伝染することはなく、主にネッタイシマカ(写真はブラジル保健省デンギ熱のサイト より)という蚊によって媒介されます。白と黒のストライプ模様の蚊です。住居やホテルの近くで増殖する蚊なので、居住者は家の内外に水がたまりそうなところを無くすよう、政府から呼びかけられています。鉢植えの受け皿や古タイヤに雨水が溜まると、そこでボウフラが繁殖してしまうからです。



デング熱の潜伏期間と症状



デング熱の潜伏期間は蚊に刺されてから3~14日間。平均的には4~7日間です。主な症状は風邪やインフルエンザに似ています。



高熱、頭痛、目の痛み、味覚や食欲の減退、胸や腕などに麻疹に似た発疹、吐き気、嘔吐、めまい、体のだるさや痛み、骨や関節の痛みなど。



特効薬はないので対症療法となりますが、大抵は安静にしていれば5~6日で症状がおさまり、死に至ることはほとんどないそうです。



しかし時折、出血性デング熱という重篤な病気に進行することも。出血性デング熱の症状は一般的なデング熱の症状に加え、鼻や口、歯茎からの出血、呼吸困難や意識の喪失など。急速に症状が悪化することがあり、死の危険もあるそうです。



蚊にさされないことが唯一の予防策



デング熱の予防薬や予防接種はありません。現在ワクチンの開発が進められており、来年から人体実験が始まるというニュースもありますが、実用化には5年以上かかりそうです。



旅行者はとにかく蚊に刺されないように注意することしかできません。肌の露出を避け、虫除けスプレーや香取線香などを利用して予防。そして、旅行中もしくは帰国後まもなく疑わしい症状が出れば、すぐに病院に行くことをおすすめします。



DSC00894.JPG

記事向上のため、教えてください!役に立った、興味深いなどの場合はクリックお願いします!

海外旅行(南米) ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 天気・気候・気温
2013年11月18日
« 前の記事「不思議フルーツ「ジャブチカバ」ブツブツ系に弱い人は写真に注意」へ
»次の記事「ブラジル人気No.1の化粧品ブランドNatura(ナチュラ)」 へ
レゼンデ特派員 新着記事
最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
暗中模索。ブラジルでの子育て
リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!

ブラジル ツアー最安値


2021/3/31更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集