海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > ビキニの国の水着工場!娘とおそろいの生地でセミオー...

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月22日

ビキニの国の水着工場!娘とおそろいの生地でセミオーダー


ビキニの国の水着工場!娘とおそろいの生地でセミオーダー

日本は少しずつ暑くなってきたようですね。今夏の水着はお決まりでしょうか。



ブラジルでは水着といえばビキニ!しかもパンツがめちゃくちゃ小さくて、おしりはほぼ全開です。



DSC07877.JPG



ブラジル人の男性から見て、女性の一番のセクシーポイントはおしりなんだそうです。豊尻手術をする人もいます。



豊胸手術はもっとポピュラーで、小学生の息子つながりのママ飲み会などでは、「今度サンパウロで豊胸手術してくるわ」「私は200cc入れたわよ」とか、当たり前の会話です。



DSC07156.JPG



スタイル抜群の人ばかりがビキニを着ているのかというとそうでもなく、どっぷりボリュームのある人やかなりのおばちゃんたちだって、みんなビキニです。



そんな国にいるからといって、自分がこの小さい布だけで海やプールで遊べるかというと...、やっぱり無理です。



しかし困ったことに、ラッシュガードやサーフパンツを着ていると、ブラジルの海ではとても目立ってしまいます。さらにプールでは「洋服を着たまま入るな」と監視員に注意されてしまいます。競泳用のプールではないですよ、レジャー用のプールです。男性もサーフパンツでプールに入るのは禁止で、ビキニなんです。だからプロレスラーがたくさんいるような光景になります。



そんな折に、セミオーダーで水着が作れる店があるという情報。「露出は少なく、でもブラジルのプールにも入れる水着を作れるかも!」と早速訪れてみました。

DSC07825.JPG



一見、ふつうの水着屋さんです。完成品の水着が売られていますので、この中から好きな形を選びます。ほとんどがビキニですが、ワンピースも少しあります。



DSC07827.JPG



奥の棚に水着生地が並んでいるので、好きな生地を選びます。生地は徐々に新しい柄を入荷しているので、一度行って気に入った柄がなくても時々のぞいてみるのがおすすめです。



DSC07869.JPG



さらに店の奥に行くと、そこは水着工場



DSC07858.JPG



型紙に合わせて裁断し、



DSC07839.JPG



縫います。年季の入ったプロ用足踏みミシンが素敵。



DSC07841.JPG  DSC07864.JPG



伸縮性と強度がある水着用の糸たち。



工場内には型紙がたくさんぶら下がっています。



DSC07867.JPG



完全なオーダーメイドというわけではなく、水着の型と布を決めて、お店の人が「あなたはMねー」と見た目で判断するだけの簡単なもの。



「採寸ってちょっと恥ずかしいな」と思っていたので、採寸しない簡単な決め方にホッとしました。



しかし、2週間後、出来上がった水着を取りに行き、試着してみてびっくり。ぶっかぶか



オーダーする時にお店の人が言った「M」というサイズ、まあそうなんだろうなと思ってしまいましたが、ブラジル人サイズのM、しかも水着のMはとても大きいようです。(私も貧相なんですけど)



やっぱりいい加減だなあ...。それでもプロなのかなあ...。



幅も丈もつめてもらうよう頼み直しましたが、その際も何センチつめるかなどと計ることもなく...。大丈夫かな。



というわけで、手元にはまだないのですが、私がオーダーしたのは下の写真の水着(ビキニじゃない方)。



DSC07816.JPG



ブラジルの動植物が絵描かれた生地で、洋服のミニワンピースにも見えるようなもの。ひらひらっとした薄い生地の下にしっかりしたワンピース型水着が縫い付けられています。この水着でプールの監視員に怒られないかどうかは、まだ試してないのでわかりませんが、水着屋さん曰くこれなら大丈夫だと。



なんといってもポイントは同じ生地で娘のビキニを作ったことです。これこそオーダーメイドの醍醐味!



絵柄が派手すぎたかなと未だに思ってしまいますが、娘とお揃いですから! ブラジルですし!



■Fábirica de Biquinis

Rua Coronel Rocha Santos, 195-Jd.Brasília, Resende / RJ

Tel. (24)3354-1317 / (24)99966-5962 / (24)7812-8570

営業時間:月~金曜日の9:00~18:00、土曜日の9:00~13:00



※Maximoの前の道を上っていきNikkeiにつきあたったら左へ。一つ目の角を右へ曲がり、3分ほど歩くと左手にある店です。



※価格はデザインによって異なります。大人のビキニならR$85(4000円)程度。私が作ったワンピースはR$199(約9150円)で、娘のビキニ(サイズ8)はR$79(約3600円)でした。



今回もお読みいただきありがとうございます。「役に立った」「興味深い」などの場合はクリックしていただけるとうれしいです↓

海外旅行(南米) ブログランキングへ




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2014年5月22日
« 前の記事「雑貨を見ながら町一番のケーキが食べられる幸せ♡ショップ&カフェ「Blue Moon」」へ
»次の記事「ブラジルに渡った日本人移民が題材のNHKドラマ「ハルとナツ」の撮影地へ」 へ
レゼンデ特派員 新着記事
最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
暗中模索。ブラジルでの子育て
リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!

ブラジル ツアー最安値


2021/3/31更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集