海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > 古都サルバドールへ。アフロブラジリアンの街はエネル...

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月28日

古都サルバドールへ。アフロブラジリアンの街はエネルギッシュでした


古都サルバドールへ。アフロブラジリアンの街はエネルギッシュでした

ブラジルで暮らし始めてまもなく、レゼンデの中心街でカポエイラ教室の路上パフォーマンスを見ました。



カポエイラは奴隷として生きるアフリカ人が踊りに見せかけて練習した格闘技。独特の音とリズムを奏でるビリンバウなどの民族楽器の演奏と唄に合わせて戦います。ゆるい感じさえする音楽ですが、実はその歌詞には彼らの自己認識と自由への闘争の心が込められているのだそう。



虐げられた毎日の中でも「自分を失うな」と励まし合い、確認し合い、若年者へと歌い継いできたものなのでしょうね。



Capoeira.JPG



そんなことを考えて以来、カポエイラが生まれたサルバドールは、私の中では常に行ってみたい街上位にありました。3連休でも旅行できる場所ですが、長めに滞在したかったもので、休暇を利用し4泊5日で行ってきました。



P7220081.JPG



サルバドールは16世紀から200年間以上ブラジルの首都であった街。



やはり古都っていいですね!歴史や文化を濃厚に感じられます。南北米大陸の中で最も多くのバロック様式の建築物が集合している街であり、世界遺産にも登録。



そして、奴隷たちが逆境をバネに培った文化はすごくエネルギッシュ。数世紀の時を経て、ポルトガルとアフリカとブラジルが絶妙にミックスされ、その文化は今も進化を続けています。



P7220066.JPG



郷土芸能を一度に鑑賞できる劇場



旧市街の中心、ペロウリーニョ広場のすぐ近くにあるミゲル・サンタナ劇場(Teatro Miguel Santana)で、アフロブラジリアンの文化がすべて詰まったショーを鑑賞しました。ショーは撮影禁止のため写真は看板だけですが、ここ、おすすめです!

P7220096.JPG



ブラジルの奴隷の間で独自に発展したアフリカ起源の密教「カンドンブレー」に基づいた舞踏では、神が降臨する様子を踊り狂い、本物の宗教儀式さながら。異様な雰囲気にうちの子供達は固まってしまうほどでした。その後も火花飛び散るナイフのダンスあり、カポエイラあり、なにしろ力強い!



その上、ダンサーのレベルがすごく高い! 100席程度の小さな劇場なので、黒い筋肉ににじむ汗のつぶが見えるほどの接近感がまた迫力を増します。ダンサーの後ろで始終続く民族楽器の生演奏と唄も心地よく、すっかり舞台に心酔しました。



鑑賞料は一人45レアル(約2070円)で火曜日と日曜日を除く毎晩20時から。私は開演10分前に行って無事に入れましたが、満席ギリギリ、危なかったです。でも早く会場に入った人が後ろから席を詰めていくシステムのようで、一番前に座れました。予約は必要ありませんが、心配な場合は当日の夕方にでも直接劇場に行って前売り券を購入するといいと思います。



■Teatro Miguel Santana

Rua Gregório de Matos, 49 - Pelourinho, Salvador

Tel&Fax: 55 (71) 3322-1962

http://www.balefolcloricodabahia.com.br/



ホテルで治安情報入手



サルバドールでは歴史地区内にある小さなホテルに滞在しました。



設備はそれなりですが、たくさんの絵画やアートが飾られた共有スペースのインテリアは好きな感じだったし、部屋から見える港の景色もなかなかでしたよ。



P7230175.JPG



毎日朝食時に女性オーナーと英語が話せるその娘が宿泊客を一組ずつまわり、「今日はどこに行く?行き方はわかる?」と観光の相談にのってくれるアットホームで気配りのあるホテル。



「この通りには入っちゃダメ」などということも、旧市街の地図を広げて教えてくれました。ほんの一本外れただけで地元の人も危ないと言う場所があるわけで、助かりました。



■Solar do Carmo

R. Direita de Santo Antônio, 108 - Santo Antonio -, Salvador,

Tel: 55(71) 3323-0644

http://www.solardocarmo.com.br/



P7240325.JPG



音楽好きなら火曜泊!



それから、ホテルのオーナー母娘が言ったのは、「火曜日にサルバドールに滞在してラッキーね」ということ。なにやら毎週火曜日の夜は特別な夜だというのです。



もちろん繰り出しましたよ、火曜の夜。黒人教会のミサや、アフロパーカッションのパフォーマンスなど、楽しんできました。まるで街全体が野音フェス状態!



火曜の夜の顛末は以下の記事で紹介していますので、音楽好き、フェス好きの方はチェックしてみてください。

毎週火曜はフェスナイト!! Akimama読者におすすめの旅先、ブラジル・サルバドール

(アウトドアとフェス好き読者のためのニュースサイトAkimama内)



d.JPG



サルバドールが私的ツボだったのには、まだまだ他にもあるからでして...。今日はすでに長くなりましたので、次回 お届けしますね。



今回もお読みいただきありがとうございます。「役に立った」「興味深い」などの場合はクリックしていただけるとうれしいです↓↓

海外旅行(南米) ブログランキングへ




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2014年8月28日
« 前の記事「ブラジル人先生に習う日本の生け花」へ
»次の記事「今すぐ何かを始めたくなる!サルバドールってそんな街」 へ
レゼンデ特派員 新着記事
最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
暗中模索。ブラジルでの子育て
リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!
1年前の同じ月に投稿された記事
小腹がすいた時のうれしい味方!ポン・デ・ケージョとサウガジーニョ
W杯2014ブラジル大会チケット販売開始!&コンフェデ杯観戦の反省点
レゼンデ在住ドレスデザイナー「Maria Maria」のファッションショー
ブラジルの中にある北欧!「ペネド」はレゼンデから車で15分の高原リゾート
リオでブラジルの郷土料理・ムケッカを食べたい!「レストラン・シリ」
ポン・ジ・アスーカルとコルコバードの丘☆やっぱり行きたいリオの見どころ

ブラジル ツアー最安値


2021/3/31更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集