海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リーガ特派員ブログ > 第3回 地元に未着!リーガ中央市場の楽しみ方

ラトヴィア/リーガ特派員ブログ RIGAKO

ラトヴィア・リーガ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月19日

第3回 地元に未着!リーガ中央市場の楽しみ方


第3回 地元に未着!リーガ中央市場の楽しみ方

 リーガ旧市街の南東に位置する中央市場。食料品だけでなく、衣類や日用品、土産物まで揃う巨大なマーケットはラトヴィア人の生活の様子をダイレクトに感じられる場所です。今回はそんな中央市場の見どころを紹介します。


01 Central market.JPG

 1930年にオープンした中央市場は、ドイツの飛行船・ツェペリン用格納庫をベースにしたドーム型の建物が特徴的です。当時はヨーロッパ最大、ソ連時代はソ連中で最高のマーケットと言われ、今でも1日に8~10万人が訪れているそうです。このドームはそれぞれ「お肉館」や「乳製品館」など品物ごとに売り場が分かれています。

02 Central market souvenirs.JPG

 旧市街から中央市場の方に歩いていくと、左手に「お肉館」、右手手前から順に「乳製品館」、「野菜館」、「お魚館」と並んでいます。その間に野菜・果物やお土産を売る屋台が出ています。

03 -Rev. Central market meat pavilion.jpg

 「お肉館」に入ると、生肉売り場が視界いっぱいに広がります。壁際にはソーセージ・ハムなどの加工品のお店やカフェも併設されていて、買い物をしながら食事もできるようになっています。地元の人に特に人気なのは燻製肉のお店と、ビールを提供している屋台。燻製肉は日本人にとってあまり馴染みのない香りがしますが、サラダに入れたりお酒のおつまみにしたり、ラトヴィアの家庭では定番の料理です。

04 Smoked meat.JPG

 ちなみに、公共の場(屋外)での飲酒は禁止されているので、生ビールを買う場合はその場で飲んだ方が良いでしょう。お酒が飲めなくてもラトヴィアの味を試したいという方には「クヴァス(kvass)」というライ麦由来の清涼飲料水がオススメです。「Alus(アルス)」=ビール、または「Kvass」という看板を目印に探してみてください。

05 milk products pavilion.JPG

 次は「乳製品館」。菓子類やはちみつの売り場も兼ねているので中に入ると甘い香りが広がります。ここでは様々な種類の牛乳・チーズ・ヨーグルトに加え、サワークリーム、カッテージチーズ、ケフィア、生クリームなどの乳製品が量り売りされています。

06 Pastry at milk pavilion.JPG

 小腹がへったら菓子パン・ケーキ売り場を覗いてみてください。新鮮なチーズやクリームを使ったできたてのパンが30セント(約40円)から味わえます。

07 Vegetable pavilion.JPG

 続いて「野菜館」。スーパーよりも安くて新鮮な野菜が手に入るので地元の買い物客で賑わっています。どの野菜もきれいに陳列されていますが、少し心許ない積み方の場所もちらほら。山積みにされたトマトやみかんがバランスを崩して転がっていく光景に出くわすかもしれません。

08 Colourful pickles.JPG

 「野菜館」に入ると鼻にツンとくる酸っぱいにおいがしますが、これはキュウリやキャベツなどの酢漬け(ピクルス)のにおいです。ピンクや黄色など、色鮮やかな酢漬けに最初はビックリするかもしれませんが、これもラトヴィアの家庭でよく食べられているもの。ビーツ(テンサイ)、ザクロ、ターメリックなどの素材を組み合わせて着色しています。

09 Fish pavilion.JPG

 最後に「お魚館」。魚のにおいと威勢の良い掛け声が広がるこの空間は、日本人にとって一番見慣れた場所かもしれません。ここのラトヴィア名物は、魚の燻製。アジやサバなどのお馴染みの魚に加え、「Vimba(ヴィンバ)」というコイ科の魚の燻製がバケツに立てて売られています。

10 Smoked fish at fish pavilion.JPG

 このヴィンバは英語で「フライング・フィッシュ」と呼ばれ親しまれています。というのも、春先のほんの数週間の間、クルディーガというラトヴィア中西部の町にある「ヴェンタの滝」で、ヴィンバが飛び跳ねて遡上する様子が見られるからです。ラトヴィアでは長い冬を乗り越えるため、燻製食品などの保存食が発達したようです。

 中央市場はラトヴィア人の生活がぎっしり詰まった場所。リーガ旧市街の街並みとは違う独特の雰囲気を味わいに、是非訪れてみてください。

+*+*+*+

◆リーガ中央市場(Rīgas Centrāltirgus)
住所 Nēģu iela 7, Rīga
電話番号 +371 67 22 99 85
営業時間 7:00~18:00頃(年中無休)
HP https://www.rct.lv/en/

+*+*+*+

 リーガの最新情報はこちら からも発信しています。Instagramはこちら 、Facebookはこちら からどうぞ。

+*+*+*+

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年6月19日
« 前の記事「第2回 レトロな車両も運行中!リーガの公共交通機関」へ
»次の記事「第4回 記念切手にも注目!日本への郵便物の送り方」 へ
おすすめ記事
    リーガ特派員 新着記事
    第11回 大人気のかご細工を求めて「Pinumu Pasaule」へ
    第10回 土日のリーガはブランチがオススメ!
    第9回 リーガ新市街・おススメのお土産屋さん
    第8回 リーガ・8月の無料イベントまとめ
    第7回 スーパーで買えるラトヴィアのお土産
    第6回 リーガの日本ゆかりの地を訪ねる
    第5回 ついに開幕!ラトヴィアの「歌と踊りの祭典」
    第4回 記念切手にも注目!日本への郵便物の送り方

    ラトビア ツアー最安値


    2018/9/26更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ラトヴィア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラトヴィアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リーガ特派員

      リーガ特派員
      RIGAKO
      リーガ在住5年目のアラサー女子。2018年に自力でラトヴィア就労ビザを取得し、現在は通訳・ガイド・輸入代行・日本語教師までこなす何でも屋。観光客がなかなか訪れないようなディープなラトヴィアを発見すべく、英語・ロシア語・たまにラトヴィア語を駆使して日々開拓している。ラトヴィアの風景や政治・経済・社会事情などを紹介するポータルサイト「LatviaPortal」管理人。
      Instagramはこちら、Facebookはこちらから。 DISQUS ID @disqus_pIhflHg7W1

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集